FMラジオ番組

インテグラル・ステーション 第3弾アップロード!!!

今回の動画は、背景にダジャレを交えてみたので、番組をご存じない方にもお楽しみいただけるのではないかと(?)。といっても、かな~り、苦しいのもあるし、クルマネタなどは、わかる人にしかわからないかも知れません。
ネタ探しに1週間以上費やした上、重くなってしまったけど、よそ様から拝借することなく自分で撮った写真のみで作ったという点では、自己満足しています。実際、今までで一番の大作といえます(笑)。

ということで、前回から2年の歳月を経て、この度新たに発掘したTOKYO FM Integral Stationの音源をアップしました。
午前4時から6時まで録音されていたもので、同番組としては午前3時からのPart1はなく、Part2のみ入っていました。なお、後番組の最後で「来週4月6日 月曜日は・・・」と言っているので、1992年の4月の第一週ということになり、Integral Stationが始まった直後の音源ということになります(Wikipedia情報による)。パーソナリティはおなじみの松川梨香さん。以前Youtubeでコメントをいただいた「私についてきてくれましたか?」という最後の決め台詞が聴けます!

自分自身意外だったのは、「インテグラル~」をかなり初期から聴いていたという事実です(ほぼすべて録音で、ですが)。この時の特集は太田裕美さんでしたが、後番組のユーミン特集を目当てに録音したのかも知れません。多分、カラオケで先輩がよく歌っていたことと関係しているのでしょう。カセットのレーベルにも「ユーミン特集」などと書いてあるだけだったので、「インテグラル~」が入っていることに気付きませんでした。

その4時半からの「Never Ending Message」については、今回きいて思い出したけど、記憶の奥底に眠っておりました。Web検索しても出てこないので詳細は不明で、レギュラープログラムではなかったのかも知れません。パソナリティは、その後「カウントダウンジャパン」や「森口博子のヒッツ・イン・モーション」(いずれも1994年からの起用)などでメジャーになって、CDまで出してしまった松本ともこさんです。
番組は「インテグラル~」同様、CMはないに等しく、曲にほとんどアナウンスが被らない贅沢な構成です。CMを数えてみたところ、4時半前に久保田利伸のコンサートのCMが20秒ほど、5時の時報の前振りのごく短いもの、その後は6時前までナシという、信じられないことになっていました。東京FMったら、太っ腹!

インテグラル・ステーション 第2弾!(2010.07.18)
http://gpz-days.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/2-5ac9.html

Youtube 初アップロード!(インテグラル・ステーション 第1弾)
http://gpz-days.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/youtube-6f30.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インテグラル・ステーション 第2弾!

1か月余りのブランクを経て、一部の方に好評を得ていた TOKYO FM インテグラル・ステーションの音源を再びアップしました。
前回は1992年で、番組1年目の音源でしたが、今度は2年目・1993年の夏のようです。
パーソナリティは松川梨香さんから藤原麻衣子さんに代わっています(Wikipedia情報による)。

 

藤原さんの声で印象に残っているのは、今回冒頭に出てくるリクエストの受付けのところで、毎回聞いていたので内容を覚えてしまったくらいです(笑)。
残念ながらオープニングとパート2は切れていましたが、途中にかかる番組のBGMで前回と違うアップテンポなものが入っているので、当時聴いていた方には楽しんでいただけるかと思います。

この回は、当ブログで以前紹介したボーカリスト・北畠美枝さんの「ロードスター」、それに障子久美さんの「Time!」がかかっていました。
「Time!」もすごーく好きな曲なのですが、すでにYoutubeにありました。
http://www.youtube.com/watch?v=sLA4jlw3gKA&feature=related

で、今回はおそらくYoutube初となる北畠美枝さんの曲を入れています。
と思ったら、この曲が使われたCMがしっかりアップされてました。これには驚きました
http://www.youtube.com/watch?v=9MNIJW8UpnI
この「ロードスター」という曲は以前も書いたのですが、当初はっきり言って印象が薄かったですが、今聴くと爽やかでなかなかイイ感じです。当時は、世に溢れる音楽が刺激的すぎたせいで物足りなく感じたのかも知れませんね。
シングルのみ(当時は8cm盤)で、なぜかアルバムに収録されなかったので、音源としてはかなり貴重です。
北畠美枝さんについては、別の音源もアップしたいと思っているので、合わせてお聴きいただければと思います。

さて、1993年当時、ロードスターといえば、やはり大ヒットしたユーノス・ロードスターを連想しないわけにはいきません。
ということで、知人にお願いしていくつか初代ロドスタの写真を使わせていただきました。歌われているのは夜なんですが、そこは大目に見ていただいて、なんとなく雰囲気があっているといいのですが。

他は、曲などの雰囲気に合わせて、手持ちの写真からピックアップしました。

なお、インテグラル・ステーションの音源としては今回でネタ切れかも知れません。
同番組が入ったカセットテープは5本ほどあり、1994年頃の男性アナウンサーがやっていたのも部分的に残っていたのですが、特筆すべき内容はなかったように思います。
まぁ、個人的にこの頃になるとあまり聴いていなかったせいもあるのですが・・・

今回映像協力いただいた方

117おやじさん 「117おやじHM日記」
http://pa90117.cocolog-nifty.com/117oyaji/

gopさん 「MONOMONO」
http://987.blog.so-net.ne.jp/

mm414さん 「ロードスターとビートルズとカメラ」
http://minkara.carview.co.jp/userid/260926/blog/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Youtube 初アップロード!

意外と検索ワードに登場する「インテグラル・ステーション」のカセットテープの音源をMP3化、Audio Editorというフリーソフトで編集しました。





この番組で合間に流れるBGMがとてもよくて、デジタル化と動画サイトへの投稿は頭の片隅にずーっとあったのですが、なかなか取り掛かれずにいました。
が、先日件の記事にコメントをいただいたことがきっかけで重い腰を上げた次第。

本来、音がメインで画像はどうでもよかったので、手持ちのCDを素材に適当に当てていたのですが、作っていくうちについつい凝ってしまいました(笑)
週末に作業を始めて、ようやくできたので一旦は昨夜アップしたのですが、今日帰りに撮った写真を追加して再度作り直しました(新宿の隣の初台で撮影した夜景です)。

それにしても・・・一日ですでに16回も再生されていたのには驚きました(自分のアクセス除く)。
当時番組を聴いてた人にしかわからないでしょうけど、楽しんでいただけると幸いです。

他にも若干音源が残っており、別のBGMも入ってるので追い追いアップしたいと思います。

さらには、Youtubeでもアップされていない女性ボーカルもアップできればと考えています。

アップした内容について補足すると、放送は1992か93年。
ジャパニーズ・ポップス・リフレイン 70's,80's 時代を築いたアーティスト16
と題して16組のアーティストを紹介する特集の佐野元春の回です。

他に誰がいたのかすごく気になるので、今度新聞の縮刷版で調べてみようかと思ってます。
サザン、ユーミン、タツローあたりは入ってたと思うし、当時快進撃を続けていたB'zやドリカムもあったような。あと、佐野元春の次はアルフィーと予告してました(個人的にはというか私の周りでもアルフィーを支持する人って聞かないけど・・・)。

いずれにしても、「時代を築いた」とまで言われるからスゴイ面々なのでしょう・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

FMラジオ番組のこと(2) 「あ、安部礼司」

現在、欠かさず聴いているFMの番組がこれ。JFN(FM東京)系日曜夕方5時から。

大日本ジェネラルというきわめて平均的な会社に勤める、あくまで平均的なサラリーマン・安部礼司とその仲間の日常を描いた一話完結のドラマです。

前シーズンまで「ナイス・サーティーズのあなたに贈る」と謳っていたとおり、ドラマの展開に合わせて流れされる曲は、30~40代のツボにはまるちょっと懐かしめのJ-Popが多いです。
CM前のジングルの一つにも、八神純子さんのアノ曲の一部が使われていたりします。
やはり超定番曲が多いのですが、ラジオではなかなか聴けないアーティストの曲も、たまに出てきます。西脇唯さんとか(オンエア・リストは番組ブログに出ています)。
私が取り上げているボーカリストはかかっていないようですが・・・(汗)

ドラマ中にも、やはりその年代の人ならニヤリとしてしまう小ネタが出てきます。「口笛吹いて~、空き地へ行った~♪」とか「ママレンジ」とか「ファミスタで勝負する時、全部フォーク」とか、バックにウルトラセブンのテーマが流れてると思ったら、Windows7の話につながったり・・・
ドラマ自体も、笑えて、泣けて、最新トレンドネタもしっかり押さえている、という充実ぶり。
ガンダムやタッチなどピンポイントのパロディになると、付いていけない部分もありましたが。

私はこれのために、メモリーに録音できるコンポを購入したほど(笑)。って、もちろんそのためだけじゃないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FMラジオ番組のこと(1) インテグラル・ステーション

(↑2012年4月、動画を追加で貼り込みました!)

さて、今回はつなぎ・・・、じゃなくて次回に向けての前フリということで、1992年から1994年頃に聴いていたFM東京の番組について。
 

これまでもアルバム紹介の中で、触れていたのですが、先日検索ワードの中にこの「インテグラル・ステーション」があることを見つけ、一度ちゃんと言及しておこうと思ったのでした。

で、この番組、平日の深夜ではありましたが、日本のポップス(洋楽もあったかも)をフルに延々流すという、非常に贅沢な番組だったことが強く印象に残っています。
1時間×2部の構成になっていて、1部では最新の曲、2部では通常ちょっと古い曲を、というのがレギュラープログラムで、特定のアーティストの特集などもよくやっていたように思います。
1、2部とも、CMは最初と最後にやるだけで、途中と最後の方にはお決まりのBGMがけっこう長めに入ります。
民放でこんな構成でいいのかなぁ、BGMの代わりにCM入れた方がいいんじゃ?と本気で心配したものです。

このBGMがまた、更けてゆく夜の雰囲気によく合っていて、今聴いてもその時のことを思い出しタイムスリップした気持ちになります(たいていは当時も録音で聴いていたのですが)。

聴き始めたそもそものキッカケは、カラオケ練習の音源集めだったように思います。
だから、男性アーティストに主眼を置いていました。
チャゲ&飛鳥、Bz、サザンみたいな、超メジャーな人たちを初め、ちょっとマニアックなところでは、松田博幸、東野純直、伊豆田洋之なんて方々が印象に残っています(敬称略、以下同じ)。
かように、この番組のいいところは、メジャー、非メジャーとり混ぜて流していたところです。
結果としてそれほどヒットしなかったけど、いいと思ったものを流していた、ということかも知れません。

女性ボーカリストについても、気に入った曲を集めて編集してました。
この番組で知った人はけっこういて、過去に取り上げた中では、北畠美枝神崎まき近藤名奈峠恵子
他にも、障子久美 佐藤聖子関谷真美 相馬裕子 西脇唯かとういづみ・・・

と、この年代の女性ボーカルはほとんど、この番組通じて知ったといっても過言ではありません。
ただし、上記の女性ボーカルで、当時アルバムを聴いたのは西脇唯くらいですが・・・(それもレンタルで)

若干、録音したカセットも残っています。そのうち一つは、「時代を創ったアーティストたち」という、たしか20組くらいの邦楽アーティストを取り上げた特集のうちの、佐野元春の回でした。

 
そんなインテグラル・ステーションの進行役を務めていた松川梨香さんの声を、10数年の時を経て、平日午後のNHK-FMでたまたま聞いたときは結構びっくりしました。
クラシックの番組ということもあり、かなり落ち着いた印象でしたが、変わらず活躍されていることが、嬉しかったです(残念ながら現在は担当されていません)。

ということで、この番組が、現在のMy ガール・ポップ・ムーブメントの下地になっている!という話でした。

後日、インテグラルの音源をYoutubeにアップした時の関連記事
http://gpz-days.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/youtube-6f30.html

同・その2
http://gpz-days.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/2-5ac9.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)