吉田朋代(東京サンセットガールズ)

吉田朋代 ソロライブ!

Yt01

2013年7月19日 東神奈川 High Pitch

一週間前のジョイントライブに飽き足らず、ソロライブがあると聞いて行ってきました。

マスター曰く普通の居酒屋とおっしゃっていたとおり、こじんまりした所で、こんな狭くて大丈夫かな?と思いましたが、やはり場所柄来にくい方もいるのでしょう、席がほぼ埋まる程度でちょうど良い感じでした。
副都心線と東横線が直通になってなかったら、私も行くのを迷ったでしょうね。
西荻の常連の方もさすがにお見えにはなっていませんでしたが、朋代さんの出身地である岩手から駆けつけた方(以前西荻のワンマンライブにも来ていた方)など、熱心なファンの方々もいらしてました。

早めに着いてラッキーなことに最前列正面の特等席に陣取れました(けど、近すぎて直視がためらわれました^^;)。
最近の自作曲や個人的には未聴だったラストシングルの曲もやってくれました。
バンドの時のツボな懐メロもいいけど、新旧取り混ぜての100%朋代ワールドは、やはり格別でした。
セットリストはご本人のブログにアップされています。
Yt02
左・keyboardの松田譲さんは、なんとこのお店のマスターでした。
Bassは、「むしゃ君」と呼ばれていた若手のAtsunori Mushaさん。

Yt03
Guiterはノブリンこと岩崎宣さん

Yt04
来年の20周年に向けますますのご活躍が期待されます!

Yt05cd

幻の(?)グルニオンのアルバムをついに入手!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京サンセットフィーバー ライブ!

Img_0066

2013年7月13日 高田馬場 音楽室DX


またまた行きたいライブが目白押しなこの連休周辺ですが、他の予定も勘案し2つほど行くことにしました。

まずは土曜の夜、久々に吉田朋代さんのいる東京サンセット・・・のライブに行ってきました。今回は、宴次郎さんをセンターに迎えての、東京サンセットフィーバーの2回目?でした。

上記リンクの動画を拝見して、実に楽しそうだったので、また今回はいつもの西荻窪(中央線沿線から引っ越して足が遠のいていた)でなく、ちょっと行きやすい高田馬場だったので暑い中出かけて行きました。

いやぁ、動画どおりの宴次郎さんのパフォーマンス、歌も上手いし、軽妙なMCにも大笑いさせていただきました。

Img_0067

選曲も絶妙で、ザ・ベストテンのテーマとか、ツボにはまりまくりでしたが、若い人はキョトンとしてたみたいですね(笑)

あえて言うと、女性ボーカルメインの曲ももっと聴きたかったです。あと、セッティングの問題だと思いますが、女性ボーカルの時、声の音量がバックに負けていたのも惜しまれます。

そうそう、西荻窪TERRAの超常連・Aさんも、しっかり駆けつけており、最近のTSGの状況や、先頃亡くなったSさんのこと、復活したNさんのことなど、久々にいろいろお話ができました。

Img_0087

↑お約束?のあの曲で大盛り上がり!

Img_0099

1年遅れでCDを入手!

このカバーアルバムで久しぶり(30ン年ぶり?)に聴いたあの曲も実に新鮮、馴染みのない曲も若干あったのですが、やはりあの時代の曲はどれもスッと入ってきますね。アレンジの上手さも、もちろん大です。当時を知る世代はもちろん、若い人にも楽しめるでしょう。
同様のコンセプトでは、柴田淳さんの70'sカバーアルバムも持っていますが、多彩にキャッチーに聴かせる東京サンセットガールズの方がイイと思いました。

ちゃんとAmazonにも出てるんですね。高い評価も当然!
http://www.amazon.co.jp/Photograph-80%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%90%8D%E6%9B%B2%E3%82%92%E4%B8%AD%E5%BF%83%E3%81%AB%E3%80%81%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%AD%85%E5%8A%9B%E3%82%92%E8%81%B4%E3%81%8B%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA/dp/B007XUZBA4/ref=sr_1_cc_1?s=aps&ie=UTF8&qid=1373811332&sr=1-1-catcorr&keywords=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA

今後も「ガールズ」やソロでいろいろ活動していくそうなので、チェックしていきたいと思います。
http://blog.livedoor.jp/tokyosunsetboyz/

と、朋代さんのブログを久々に見たら(PCクラッシュでブックマークから消えていた)、この19日にソロライブがあるではないですか!
ご本人からも今度ソロでやると伺いましたが、こんなにすぐとは・・・
い、行けるかな・・・
http://blog.livedoor.jp/slowmusic/


(写真の使用については了解を得ていますが、問題等ご指摘があれば対応いたします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tokyo Sunset Girlz LIVE~80年代特集!

20100702tsg00 
7月2日(金)西荻窪TERRA

「ヤンヤン歌合戦~80年代ヒット」と題した今回は、80年代のジャパニーズポップスを中心とした構成。
いつもの、洋楽の名曲カバーもいいですが、今回のもかなりツボでした。

二人の愛ランド、聖母たちのララバイ、Show Me、チェリーブロッサム、私はピアノ、ウェディング・ベル、探偵物語、パープルタウン・・・
誰もが口ずさめる曲のオンパレードでしたnote

20100702tsg04
↑キーボード・大久保冶信さん

20100702tsg05
↑ピアノ・沢村繁さん。なにげにカメラ目線。

20100702tsg06
↑ドラム・廣石恵一さん

20100702tsg07
↑ベース・中村雅雄さん

20100702tsg08
↑リードギター・吉田健太さん。位置的に隠れてたので、いい写真がなく・・・

20100702tsg09
↑ヴォーカル・藤名美穂さん、吉田朋代さん

20100702tsg02
↑Tokyo Sunset Boyzのむらかみけいじゅさん乱入!リクエストに応えミスチルの「ギフト」を熱唱

いつもながらおバカなMCを織り交ぜつつも、当時の曲はシンプルで詞もよかった、といった真面目なお話には深く同感でした。
そして、ニューミュージック黎明期のアノ名曲に元ネタ(?)があったとは・・・。イントロなんかホント激似でした。
けど、吉田健太さんも敬意を込めて紹介してましたし、こうしたいい意味でのパクリの積み重ねによって今のJ-POPがあるってことなんでしょうね。

曲数はかなり多かったですが、あっという間の3時間でした。
同様の企画をまた考えてらっしゃるようなので、是非また聴きに行きたいですshine

東京サンセットボーイズ&ガールズHP
http://www.tokyosunsetboyz.com/

吉田朋代オフィシャルサイト
http://home.t04.itscom.net/tomoyo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田朋代さんのLIVE!

2010020400

2月4日(木)西荻窪TERRA

東京サンセットガールズLIVEなどで、その見事な歌唱力を披露していた吉田朋代さんが、ついに単独ライブを行いました!

最初はさすがにちょっと緊張してたかな、という感じもありましたが、華奢な体に似合わない堂々たる歌いっぷりには、いつもながら圧倒されました。

遅刻したため、3曲ほど聴き逃してしまいましたが、TSSGのブログにあるリストで見ると、VOCALAND2に参加した時の2曲でスタート。
TSSGの路線であるスタンダードなナンバーや日本のAORに、ご自身のオリジナルを織り交ぜた構成です。
幻の3rdアルバムに入るはずだった麗美さんから提供された曲も「初出し」されました。

デビュー時の曲では、「君に逢いたい」、「Don't Kiss Me」、「A-HA-HA」、アンコールで「Tears For You」が歌われました。
これらポニーキャニオン時代の曲が、個人的には一番耳馴染んでいるわけですが、生で聴くとやはり素晴らしいの一言。
本当にいい曲だなぁと改めて感じたし、特にバラード系の曲にはグッときました。

この曲には、あの曲とあの曲が下敷きになった、なんて裏話も聞けました。曲を聴いた後の朋代さんの「わかったでしょ」という振りに、客席からも共感の笑いが起こりました。

「シャドーシティ」は寺尾聡さんの曲ですが、松田聖子さんが歌っているのをYoutubeで見つけ、(ヴォーカリスト魂に火が付き?)取り上げたということでした(→シャドーシティ・聖子バージョン)。
他にも松原みきさんの「真夜中のドア」など、渋い(?)選曲で楽しませていただきました。

2010020402sy
↑シンセ・柳澤一邦さん

2010020403b
↑ベース・栗山宣幸さん

2010020404dr
↑ドラム・GAAAさん

2010020404ch
↑コーラス・平方留美子さん。とてもノリのいいお姉さんです。

2010020406ky
↑ピアノ・沢村繁さん(左)。TSSGでもおなじみです。

2010020407gr
↑リードギター・吉田健太さん。ニューヨーク帰りの話には一同爆笑!

2010020408
↑今回の主役、ボーカル・吉田朋代さん

デビュー時からの熱烈なファンの方も遠方から駆けつけていました。
青森県にほど近い岩手の二戸から来たという方もいらして、感服しました(二戸というと、2年前ツーリングで訪れた際、歴史的瞬間?に直面する強烈な体験をしました。近々紹介したいと思います)
4月のTSSGライブで初めてお会いしたAさんも、その後毎回来ているということでした。すごい!

ソロですることに気後れもあったようですが、健太さんらに背中を押されての今回のライブ、やっぱり歌うことが好きなんだな、と思わせる清々しい表情が印象的でした。
今後もユニットでの活動と合わせ、ソロライブを考えているとのこと。また是非足を運びたいと思っています。

2010020401

吉田朋代オフィシャルサイト
http://home.t04.itscom.net/tomoyo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPz028. 吉田朋代 「DIAMOND EXPRESS」 (勝手に新人GP2009 5位)

Tomoyodia
(ご本人のサインをもらいましたが、掲載にあたり何となく消しておきました。安易に出すのはもったいないので・笑)

名前は知らなくても、このCMの曲には覚えがあるのでは?(探すのちょっと苦労しました。出演は財前直見さんだったのですね!)↓
私も1stアルバム収録のこれを聴いて「あ~、あのCMの曲、そうだったのか!」と思ったものです。

【特徴】
繰り返しになりますが、声もいいし、どんな曲も歌いこなす歌唱力が光ります。
楽曲的には、当時のガールポップのイメージを脱した洗練された雰囲気ですが、現代のJ-Popそのものと言ってしまえばそれまでかも知れません。

【出会い】
1stアルバムはいろんな意味で目を引くので、中古店で何度か見かけ気になっていましたが、アイドルっぽいジャケットから敬遠していました。
が、kaz-shinさんのブログでの評価が高かったので、ちょうど見かけたこちらの2ndを購入してみました。噂どおり素晴らしいアルバムでした。

【このアルバムについて】
発売:1995年5月19日(廃盤)、入手:2009年2月22日
 CD入手困難度:★★☆☆☆
(そこそこ見かけます)

すでにkaz-shinさんがレビューされているので、個別のコメントは省略させていただきます。
編曲については歌詞カードに記載がありません。プロデュースは平賀和人さんとなっています。

01 Turning point
 作詞/吉田朋代・黒部真弓、作曲/高橋圭一

02 BRAND-NEW SELF
 作詞/黒部真弓、作曲/高橋圭一

03 Don't kiss me
 作詞/天野 滋、作曲/荒木真樹彦

04 A-HA-HA
 作詞/黒部真弓、作曲/都志見 隆

05 NO.NO. BE MY BOY
 作詞/黒部真弓、作曲/都志見 隆

06 悲しみのカウントダウン
 作詞/吉田朋代・黒部真弓、作曲/羽田一郎

07 SHOUT
 作詞/黒部真弓、作曲/荒木真樹彦

08 EYES
 作詞/黒部真弓、作曲/山口美央子

09 恋するシーズン
 作詞/天野 滋、作曲/土橋雅樹

10 TEARS FOR YOU
 作詞/松井五郎、作曲/羽田一郎

ノリのいいキャッチーな曲が多く、ほぼ捨て曲なしと言えるでしょう。04、10といったバラードもまた素晴らしいものがあります。
お気に入りをタイプの違うものから3曲挙げるとすると、ポップな曲の代表05、都会的でオシャレな雰囲気の08、ミディアムテンポできれいなサウンドの09といったところでしょうか。
女性ボーカルの視点でいうと、03、04、07のコーラスでシンガーソングライターの大本友子さんが参加しています。
男性ウケを狙いすぎた(?)1stジャケの反省からか、帯の言葉は「同世代の女の子」を意識したものになっていますね。詞的には、おじさんには付いていけない部分もありますが(笑)。

そうそう。1stアルバムですが・・・

Tomoyowhite
通常のプラケースの上に透明のケースが付いていて、これを被せると・・・

Tomoyowhitemagic
おおっ、これが「ホワイト・マジック」か!ご利益ありそう

| | コメント (6) | トラックバック (0)

東京サンセットガールズLIVE・その3

2009062306

6月23日(火)西荻窪TERRA

またまた来ましたライブ!1ヶ月早いですね~

今回は前回ほどではないけれど、テーブル席はほぼ満席でした。

2009062304
今回はメンバーの配置が少し変わっています。

2009062312_2 
↑ちょっとワイルドな感じのキーボード・沢村繁さん(左)。久しぶりにバンドに合流したということで、MCの時さんざんいじられていました。

2009062313_2 
↑同じくちょいワルな感じのベースの小山田健一さん(中央)。はじめ別人かと思ったほどです。

2009062316_2 
↑夏っぽくスイカのイメージ(?)の広石恵一さん。前回は透けたシャツがセクシーと言われていましたが、今回は藤名さん持参の扇風機のおかげで快適そうでした。

2009062317_2 
↑バンマス・吉田健太さん。3本のギターを曲によって使い分けていました。

2009062303
↑いつも素敵なボーカル、藤名美穂さん(左)と吉田朋代さん

曲は、しょっぱなの「白い色は恋人の色」でやられて、「甘く危険な香り」、「そよ風の誘惑」などツボな曲が目白押し。

ごくシンプルなバンド編成ですが、おなじみの曲を全く違うアレンジで聴かせてくれるこのライブ、今回もレゲエ調のカーペンターズ(スーパースター、マスカレード)など、すごく新鮮でした。
その前にやってたボサノバ調のアレンジの曲もよかったです(おなじみの曲なのですが忘れてしまいました)。

2009062314
そしてついに、吉田朋代さんのセルフカバーが実現!
「Don't Say "I LOVE YOU"」でしたか、残念なことにこれってまだ入手しておらず、初めて聞くナンバーでした。
でも朋代さんにぴったりの曲で、すんなり耳に馴染み気持ちよく聴かせていただきました。

最後のアンコールも大盛り上がり。隣のノリのいいお客さんにそそのかされたこともあり、年甲斐もなく(?)スタンディングで手拍子でした(笑)

次回は、7月29日。
仕事的にちょっと厳しい時期ですが、ABBA、それにこの日リクエストされたザ・ピーナッツにも挑戦したいと言っていたので、またまた行かなくては、と思っています。

最後に、吉田朋代さんからのニュース。
杉山清隆さんの新曲の作詞をしているそうです!
http://www.vap-shop.jp/shop/ProductDetail.do?pid=VPCC-82273

タイアップでテレビでも聴けるようです。要チェックですね!
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/4988021822732/j/~wiretv

東京サンセットボーイズ&ガールズHP
http://www.tokyosunsetboyz.com/

吉田朋代オフィシャルサイト
http://home.t04.itscom.net/tomoyo/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

吉田朋代さんのCD購入記

続けて吉田朋代さんのネタを。

前回3月のライブに行った時点では、2ndの「Diamond Express」しか所有していなかった私ですが、当然この間他の作品も探していました。

1stの「White Magic」は、Book Offで何度か見た記憶があったし、比較的容易に入手できました。

次は角松敏生さんプロデュースの曲を入手せねば、ということで、これまであまり見ていなかったオムニバスのコーナーも探すようになりました。
そんな4月始め頃、家から比較的近くのBook OffでVOCALAND1・2を見つけました。どちらも帯付きで状態は申し分ありません。
まとめて買おうかと思ったのですが、「1」が250円なのに対して「2」は500円。
目当ては基本的には「2」に入っている吉田朋代さんの1曲なので、そのために500円かぁ、とか思ってしまいました。
またいつでも来れるし、しばらくしたら値下げするかもという期待もあり、その時はやめたのでした。

そして、2週間ほどしてから再び訪れると・・・
何と、2枚とも姿を消していました。

経験的に、あの時代のちょっと古いCDはなかなかなくならないんですが、同じものを探していた人がいたようです。
たかだか250円をケチったばかりに・・・

仕方なく(?)、ネットオークションでシングルの「Together」が出ていたので購入したのでした。
オークションで入手するのって、最後の手段という感じがしないでもないです。
自分の足で探した方が満足感があるのは、私だけでしょうか。

その後、5月のライブで隣り合わせた男性から、吉沢梨絵さんを勧められたので、たまたま見つけた吉沢さんのfrom VOCALANDのシングルを購入。
やっぱり、あの時アルバムのVOCALANDを購入してればよかった、とつくづく思いました。

VOCALANDについては、初めから購入の意思があったにも関わらずやり過ごして失敗しましたが、その他の知らない女性ボーカルを見つけた場合は、また行ける店ならネットで情報を集めてよさそうなら再び訪れて購入するようにしています。
250円くらいなら失敗してもいいや、とも思いますが、目に付いたのを片っ端から買っていくと、CDが増える一方なので(ついでに言うと、手を広げ過ぎないために、原則90年代前半までに限定しています)。
ただ、本当にマイナーな人だと、ネットでもほとんど情報がありません。

イマイチだったからマイナーで終わってしまった人もいれば、悪くないのにマーケティング面で失敗だった人もいるわけで・・・
後者のような人の情報源になれたらいいな、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京サンセットガールズLIVE・その2

2009052002

5月20日(水)西荻窪TERRA

3月から月イチでやっているこのライブに、1stライブに続き再びお邪魔しました。

この日はほぼ満席の大盛況で、写真を撮っているお客さんも多かったので心置きなく撮影できました。

ほろ酔いで(?)顔とシャツの色が同じ、と言われていたベースの小山田健一さん

2009052013

さっき食べたカレーと、エアコンの死角にいたおかげで汗びっしょりだったドラムの広石恵一さん

2009052018

今日も絶好調のリードギター・吉田健太さん(中央)

2009052030

サンセットボーイズでキーボードを担当している大久保治信さんが初参加

2009052051

ボーカル美女二人、藤名美穂さん(左)と吉田朋代さん。poppyさんもおっしゃってましたが、吉田朋代さんが白飛びしがちでした

2009052032

おなじみのヘチマパーカッション!

2009052043

そして藤名さんのトロンボーン!!Waveというボサノバの曲で使用していました

2009052046

フラッシュOFFにしていたので、ブレがちになります。てか怖っ(スミマセン、こんな写真出して)

2009052052

「コーヒーコーナー」では、コーヒールンバ、やさしく歌って、マホガニーのテーマ、Open Upといった曲を取り上げていました。
Open Upは今回唯一の邦楽だったと思いますが、かなり洋楽っぽいナンバーですね(これを歌った五島良子さんも聴いてみたいアーティストの一人ですが未チェックです)

2009052034

他に、チャカカーン、ジャニス・イアン、ビル・ウィザースの曲などが演奏されました。
相変わらずいい選曲です。
個人的には、やはり吉田朋代さんのナンバーも聴きたいところですが・・・

前回の1stライブでは緊張気味だったようですが、今回はMCでのボーカル女性陣からのツッコミも軽妙で、お客との掛け合いもあったりして、終始とてもいい雰囲気でした。

メンバーのお知り合いのお客さんが多かったようですが、隣に座っていた男性は私と同じく吉田朋代さん目当てで、女性ボーカル全般にも造詣が深く、いろいろお話させていただきました。
次回、6月23日も是非行きたいと思っています。

2009052004flag
東京サンセットボーイズHP
http://www.tokyosunsetboyz.com/

吉田朋代オフィシャルサイト
http://home.t04.itscom.net/tomoyo/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続・吉田朋代さん@東京サンセットガールズLIVE!

20090317st

さて、先日17日に行ったライブについて、もう少し詳しく書きます。なお、写真掲載については快諾をいただいています。

吉田朋代さんのCDを入手し初めて聞いてから、一月もしないうちにライブに足を運ぶことになりました
(そういえば、以前紹介した峠恵子さんの時も、同様だったような)。

職場の人も誘ってみたものの、乗ってくる人はおらず一人で行きました。
元々ライブというものには全くと言っていいほど行かないし、ましてや一人で行くなど考えられないことでしたが、少なからぬ衝撃を受けた吉田さんの歌を生で聴いてみたかったし、近かったこともあり、迷わず出向いたのでした。

予備知識ほとんどなかったのですが、期せずして、東京サンセットガールズの初ライブだったのでした。
普段、東京サンセットボーイズの時はバックコーラスをしているという二人が、「ガールズ」では前面に出ています。

2009031713tomoyos_2 

吉田さんは、2ndアルバムの写真そのままの印象でした。
全身立ち姿では、1stアルバムの印象が強かったのですが、あのジャケ写とはだいぶ違い(?)大変ほっそりした感じでした。
もちろん、歌も素晴らしかったです。

バンドメンバー。
2009031707alls

左から、沢村 繁さん(Key)、吉田健太さん(G)、廣石恵一さん(Dr)、藤名美穂さん(Vo)、吉田朋代さん(Vo)、小山田健一さん(B)

3曲目くらいで使われた楽器(?)

2009031705s
名前失念しましたが、ヘチマのような植物を乾燥させたもので、天地逆にするとタネがシャラシャラきれいな音を立てます。
う~ん、以前何かの曲で聞いたことがあるような・・・

藤名さんもまた、素晴らしい声をしており、澄んだ高音に魅了されました。
ボサノヴァを得意としており、トロンボーンも吹いてしまいます。

2009031712mihos
ボッサは選んで聴くことはないのですが、癒し系ガールポップにはボッサ調の曲が結構あるので、すんなりなじめます。

ちょっと懐かしめのポップスに、藤名さんがメインボーカルのボサノヴァを織り交ぜる構成でした。
ボサノヴァは疎いので、知っている曲はなかったのですが、他は私の年代にはツボな選曲で、おなじみの曲も多く楽しめました。

1stステージでは、山下達郎の「甘く危険な香り」、ネスカフェCMでおなじみのダイアナ・ロスの「Do You Know~」、ミニー・リパートンの曲(Lovin' Youとは違う曲)、ビル・ウィザースの「Just Two of Us」など

2ndステージでは、ABBAのフリーダの曲、EPOの「Down Town」(MCでもEPOさんに影響を受けた、と語っていました)、これまたネスカフェがらみ、ロバータ・フラックの「やさしく歌って」、など。

圧巻は、アンコール。

たしか、キャロル・キングの「You've Got a Friend」でしたが、今思うと、アレ、あんなに盛り上がる曲じゃないよな、とちょっと記憶に自信が(汗)

東京サンセットボーイズでキーボードを演奏している方(大久保さん?)が飛び入り参加して、沢村さんと二人で息の合ったキーボードプレイを披露されました。

2009031711keys

これが、すんごかったです!一台のキーボードを二人で弾きまくり・・・
江口寿史の「Go Ahead!」という単発マンガを思い出してしまいました
(片手を負傷した男と反対の手を負傷した女が一本のギターを演奏する話。ってちょっと違うか)。

やっぱり生演奏は迫力があっていいですね。
素晴らしいライブをありがとうございました!

来週引っ越してしまうため、30分もかからずに帰って来れた今回とは少々事情が変わるのですが、同じ西荻で4月にも予定されているというので、また行きたいと思います(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

吉田朋代さん@東京サンセットガールズLIVE!

一月ほど前に、kaz-shinさんがブログで紹介していて絶賛されていたため、CDを入手して聴いてみた吉田朋代さん、
大変気に入りまして、ライブがあると聞いて、行って来ました。
とてもよかったです!

詳しくは後ほどご報告しようと思いますが、いつになるかわからないので、とりあえず一報。

200903172s
バンドメンバー。
左から、沢村 繁さん(Key)、吉田健太さん(G)、廣石恵一さん(Dr)、藤名美穂さん(Vo)、吉田朋代さん(Vo)、小山田健一さん(B)
(ちゃんと写ってませんけど)

終わってから、厚かましくもサインをいただいてしまいました♪

20090317signs_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)