« 東北・無料!キャンプツーリング(3) | トップページ | 東北・無料!キャンプツーリング(5) »

東北・無料!キャンプツーリング(4)

四泊目 相の沢キャンプ場(岩手県)
4日目からは折り返して南下します。
朝方の雨で足止めを食ったので、あまり移動せず、道草を食いながらのんびり移動。
4132817
↑某トライアルの聖地の高原付近。あまりの景色のよさに荷物を降ろして写真を撮りまくる
4142120
↑100名滝の一つ、安代町の不動滝
岩手山麓の相の沢キャンプ場に入ったのは16時前、とまずまずの時間。
ところが、ここで思わぬトラブルが!!
テントのポールの一つが破損して設営できなくなってしまったのです。
一瞬絶望しかけましたが、この問題をどうにかクリア!(後述)
とはいえ、修理して設営した頃には17時を回っていました。
近くの温泉で食事、のつもりが遅くなったため食堂は終わっていました。
けど、売店にあったお惣菜だけで、なかなかいい食事ができました。
4203107
翌朝
岩手山を望めるベストポジションは、ファミリーの先客がいたので、離れた方に張りましたが、朝方近くへ行って撮影。
5054213
岩手山がどーんと構えている、と聞いていたけど、近すぎてよくわからなかった^^;
ちなみにこの時は他に1組いただけなので計3組だけ、ゆったりキャンプできました。
車は荷物の上げ下ろしの時だけは乗り入れが免除されているようですが、基本はキャンプ場前の駐車場に停めます。
管理棟らしきものもありましたが、受付は特にしなかったように記憶しています。
5055252
岩手山の反対側は牧場が隣接。広大な景色が広がり実に清々しいです。
◆テントの修理◆
さて、40cm程度のジュラルミンポールを10本ほどゴム紐で繋げて、収納時は折り曲げ、設営時はカチカチと継いで一本にするメインフレームですが、その一本の端が裂けてしまいドーム形状が保てない状態になってしまったテント。
4tent_1_2
裂けたところを針金で縛って固定することも試みましたがダメで、絶体絶命のピンチに!?
と、しばし考えて、一つの方法を思いつきました。
メインフレーム2本で構成されるドーム型テントですが、申し訳程度にある前室のためのサブフレームがあります。
このサブフレームの一本を破損したメインフレームの一本と取り替えることにしました。
4tent_3
↑左がサブフレームのポール。ちょっと短いけど、この程度の誤差なら応急的にはいけるでしょう。
ただ、ここからがまた問題で・・・
4tent_2
ポールを連結していたゴム紐を解いて分解したはいいが、これを再度繋ぐのが難題でした。
すべてのポールを通して端からゴム紐を伸ばした状態で引っ張り出してから抜けないよう結び目を作る、というのが極めて難しいことに気付きました。
ここで、出発間際にたまたま目について持ってきていた銅のバインド線が役に立ちました。
これを針の代わりにしてゴム紐を引っ張りだすわけです。
4tent_4
紐をつなぐため折り返してねじるとポールを通らない太さになってしまいますが、銅線だったため、少し潰して通すことができました。
ということで、前室は片方のフレームのみで余計にしょぼくなりましたが、この後もキャンプツーリングを続けることができました。
5071600

|

« 東北・無料!キャンプツーリング(3) | トップページ | 東北・無料!キャンプツーリング(5) »

ツーリング・オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北・無料!キャンプツーリング(4):

« 東北・無料!キャンプツーリング(3) | トップページ | 東北・無料!キャンプツーリング(5) »