« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年2月

GPz106. 前田香奈 「Fine! Fine!」- ある意味最強ガールポップ!

Maeda

ついに、これまでで最も・・・

【特徴】
 絶妙に少女っぽさが残るボーカルが清々しい正統派ガールポップです。
 
【出会い】
 「ま」のコーナーは常にチェックしてきたつもりですが、見たのは一回きり。当然知らない方でした。中古としてはフルアルバムでも高めと思える値段でしたが、レア感と帯のコピーを信じて購入。
 
【このアルバムについて】
 発売:1991年8月30日、入手:2014年10月
 CD入手困難度:★★★★★(前述の通り極めてレア)
 
01 恋のち晴れ
 作詞/前田香奈、作曲/鴨井 学、編曲/鶴 由雄

02 ありったけBrand New
 作詞/前田香奈・覚 和歌子、作曲/上田知華、編曲/寺田創一

03 冷たい水
 作詞/岩里祐穂、作曲/上田知華、編曲/寺田創一
 
04 抱きしめたい
 作詞・作曲・編曲/小西康陽
 
 * * * * *
ミニアルバムって6~7曲入ってるものだと思ってましたが、こちらは通常の10mm厚ケースのCDに4曲のみ。現在のマキシシングルみたいな感じです。当時このような例が他にあったのかどうかは謎ですが、珍しい形態ではあります。
そして、この前田香奈さんは、この他にCDを出していないようなのです。こんなぽっと出の人がまだいたんだ!と驚愕しました。

それで、何で今回の記事タイトルが「最強」なのか?というと・・・
当ブログではマイナーさを重要な尺度としているわけで、これまで紹介した中で最も作品数が少ない(≒マイナーな?)という意味で過去最強ということです。
もちろんそれだけではなく、歌の方もいいです。
歌唱力も十分だし。強い個性はないものの、元気で素直なボーカルは、とても気持ちがいいです。帯にある「とびっきりのFresh Voice!!」は伊達じゃありません。
 
ところで、ここで最近の入手音源の聴き方について、ご説明しておきます。
何枚か新ネタがたまった時点で、一度にWALKMANに取り込み、誰の曲か見ないようにしつつ、「最近転送した曲」というメニューから通しで聴きます。先入観を排し、新鮮な気持ちで聴くためです。

そうやって初めて聴いた時、ポップな01、02、アコースティックな03と「なかなかいいな」と思いつつ聴いていると・・・あれ?急に井上○○実さんが出てきた・・・???
WALKMANの表示を確認するとそれは間違いなく前田香奈さんであり、声も確かに何度も聴いている井上さんとは別人です。帰宅後調べると、前田さんの「抱きしめたい」を翌年に井上さんがカバーしていたのでした。カバーってメジャーな曲をするものだと思ってた私はまたまたびっくり!
リンクのブログに書かれているように小西康陽氏がこの曲を再度取り上げたかったということなのでしょうか・・・。ならもっと力入れればいいのに、あろうことか前田さんはこのミニミニアルバム1枚で消えてしまいました。

前田さんについて調べていくと、やはり歌に関しての情報はほぼ皆無な一方、意外な現況が判明しました!
下のリンクを見ていただければと思いますが、シンガーを皮切りに、したいことをいろいろ実現していったようです。現在の活動にはシンガーの経験もしっかり生かされているようです。
石岡美紀さんとはデビュー以来の親交があり、「転職」つながりもありでした。お二人とも才能と行動力があって尊敬しちゃいます。今後もご活躍に期待しましょう!

ところで・・・
井上さんは以前取り上げる候補に挙げたまま、もう一つ特徴不足な感じが否めずいまだ紹介せずじまいで・・・(未紹介という点では高橋さんも)。

前田香奈さん情報いろいろ
http://www.lino.tv/s-skip/link/link.html
http://www.scrum21.or.jp/challenge/h21_smile/
http://www.townnews.co.jp/0202/m/2008/01/18/27490.html
http://talkingscarlet45.blog.so-net.ne.jp/2013-06-11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »