« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

GPz099. 当山ひとみ 「WATCH OUT! 気をつけろ」- 時代を先取り!アーバンソウルの女王

Gpz099

 ある時点から、再発モノを取り上げるのは「埋もれたレアもの」に光を当てるというこのブログの趣旨にそぐわないのでは?とハタと気付きつつも続けてきましたが、とりあえずこれで最後。

【特徴】
 安定した抜群の歌唱力、英語詞もソウルフルに歌いこなす超本格派。

【出会い】
 お名前は存じておりけっこうメジャーな方だと思ってました。といっても、「(名前が)丸山みゆきさんに似てるなぁ」という程度だったので(汗)、ちゃんと認識しだしたのは1990年代以降だったかも知れません。

【このアルバムについて】
 発売:1988年12月1日、入手:2010年6月
 CD入手困難度:★★★☆☆
    (当時盤を見たのは3回くらい?ただしオンデマンド盤あり。)

01 IT ALL COMES DOWN TO LOVE~愛しい人~
   作詞/NAT KIPNER、作曲/LENNIE MACALUSO、編曲/京田誠一

02 NORTH SHORE~シェイヴ・アイスの少年達~
 作詞/田口 俊、作曲/富樫明生佐藤 健、編曲/RANDY JACSON

03 SEPTEMBER RAINの下で
 日本語詞/白峰美津子、英語詞/当山ひとみ、作曲/庄野賢一、編曲/RANDY JACSON

04 ONLY ONE
 作詞/当山ひとみ、作曲/都志見隆、編曲/京田誠一・RANDY JACSON

05 YOU ARE MY REASON TO BE~愛は瞳の中に~
 日本語詞/白峰美津子、英語詞・作曲/PATRICK T.HUNT、編曲/STEVE DEUTSCH

06 WATCH OUT (FOR THAT LADY)
 作詞/当山ひとみ、作曲/羽場仁志、編曲/RANDY JACSON

07 HITOKOTO
 作詞/野走英美、作曲/長谷川きよし、編曲/RANDY JACSON

08 YOU ARE ECSTASY
 作詞/田口 俊、作曲/佐藤 健、編曲/RANDY JACSON

09 愛しい人~IT ALL COMES DOWN TO LOVE~
 日本語詞/田口 俊、作曲/LENNIE MACALUSO、編曲/京田誠一

 * * * * *

本ブログで取り上げるまでもない・・・と思われるほど知られた方、とずっと思ってましたが、誰でも知ってるようなヒットはないようですね。
アルバムは10枚以上出してますし、確固たる支持を得ているわけですが、知名度的には須藤薫さん、二名敦子さん、鈴木祥子さんクラスでしょうか。 入手した3枚のアルバムでも知ってる曲はありませんでした。

入手前から、バリバリのR&Bという印象があり、個人的好みから少々敬遠していたきらいもありますが、聴いてみるとやはりすごい。歌唱力は抜群だし、英語も完璧!Pennyというだけのことはあります。
英語詞の04は超Happyなナンバーで、かつてのSupremesなどを彷彿。声までダイアナロスに似せているのでは?と器用さに感心してしまいます。その次の05の80'sラブバラードのデュエットへ繋がる流れはキュンときます。
タイトル曲の06を始めとしたGroovyな曲も彼女の持ち味なのでしょうが、個人的には01(と日本語版の09)などのバラード系に大いにしびれました。

このアルバムは最初に入手したのですが、サウンドが現代的なせいもあり、初期の作品よりとっつきやすいかも知れません。最近タワレコのリマスター盤で購入したNEXT DOORを聴いたところ、シンセのアレンジなど、曲によっては少々時代を感じさせます(けど、Burt Bacharack提供!の曲もあったりでやはりイイです)。
タワレコのリマスターは他に「SEXY ROBOT」が出ていますし(一時品切れだったため未入手)、コロムビアからはオンデマンドですべてのアルバムが出ているようです。
新しめのアルバムは、中古でも根気よく探せば見つかるのでは。と言いながら、入手できたのは本作と「One Scene」のみですが。
Youtubeには、オリジナル音源と最近のライブ音源がいくつかあります。
ということで、また音源アップは省略です^^;

この11日にもライブが!(けど行けず><)
  http://ameblo.jp/shineon-penny/entry-11887790314.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »