« 秋の一日~下成佐登子さんの弾き語り! | トップページ | 谷保天満宮旧車祭! »

GPz083. 千葉美加 「行くね」- アジアに羽ばたいたミュードル

Chiba


 前々回から続けてアイドル系の方を。




【特徴】

 「ミュージシャン並みに歌がうまいアイドル」で「ミュードル」。それに違わぬ伸びのある歌声は素晴らしいです。

【出会い】
 とある店で見かけてアイドルっぽいので見送りましたが、帰宅してから調べたところ、アイドルながら歌唱力に定評があったということで、その後探すこと約2年、ようやく見つけて購入した次第。

【このアルバムについて】
 発売:1989年10月21日(廃盤)、入手:2012年5月26日
 CD入手困難度:★★★★☆
 (他のアルバムも含め数回しか見たことがありません)

01 SOMEDAY SOMEWHERE SOMEONE
 作詞/真名杏樹、作曲/町支寛二、編曲/梁 邦彦

02 BRAND NEW TOMORROW
 作詞/田口 俊、作曲/VAX POP、編曲/梁 邦彦

03 気持ちが跳ねた日
 作詞/芹沢 類、作曲/Shoji、編曲/梁 邦彦

04 知らないッ
 作詞/真名杏樹、作曲/荒木真樹彦、編曲/梁 邦彦

05 9月の海
 作詞/谷亜ヒロコ、作曲/東郷昌和、編曲/梁 邦彦

06 行くね
 作詞/芹沢 類、作曲/Shoji、編曲/梁 邦彦

07 チェイルド・フェンス
 作詞/只野菜摘、作曲/小池浩道、編曲/梁 邦彦

08 キライになりたい
 作詞/岩里祐穂、作曲/戸田誠司、編曲/梁 邦彦

09 ときめきパフォーマンス
 作詞/岩里祐穂、作曲/町支寛二、編曲/梁 邦彦

10 明日へのプリズム
 作詞/Masagoro、作曲/戸田誠司、編曲/梁 邦彦

11 美加からのメッセージ

 * * * * *

宮里久美さんのような大人びた歌唱とはまた違う、いかにもアイドルといったキャピキャピ声ですが、歌唱力はさすが。楽曲もそれぞれによくデビュー盤としては、かなり高得点と言えるでしょう。

05、10といったスローナンバーも頑張っていますが、声のせいもありどちらかというとアップテンポなアイドル調の曲の方が合っているかな?
といいつつ、すでにその手の02や09がアップされているので(上記曲名にリンク貼ってます)、ややスローな07をアップしました。伸びやかな歌唱が十二分に発揮されていて、「ミュードル」は伊達じゃないことを感じられると思います。
他は01がちょっと大人っぽいアーティスト寄りの曲ですが、過半はアイドルっぽい曲といえます(先入観のせいもありますが)。けど、02、03なんかも非常によくて、並みのアイドルポップスとはレベルが違います。

考えてみると、アイドルに求められる要素の一つって「癒し」なんでしょうね。昭和のアイドルはルックスに重きが置かれ、歌唱は二の次で多少へたっぴでもご愛敬だったわけですが、「歌手」であるからには、歌が上手いに越したことはないでしょう。
千葉さんは、正統派アイドルのルックスと抜群の歌唱力、さらに演技もこなす、と3拍子揃っていたのですが、当時はアイドル冬の時代、ヒットには恵まれませんでした。ホリプロだから致し方ないのかもしれませんが、本格ボーカリストして売ってもよかったくらいなだけに残念。
と思いきや、アジアに進出して人気を博したとのことですから、当時としては画期的なことです。
その後、日本でもドラマでカムバックを果たしましたが、現在は芸能活動は休止しているようです。立花理佐さんのブログによると、釜石市の実家が被災して、現在ボランティアをしているとのことなので、陰ながら応援したいと思います。

<参考>
http://www.rgs680.com/idol/idol09.html

http://www.geocities.jp/girlsinrock_winnie/Mika_Chiba.htm

http://8223.teacup.com/asiastar_chibamika/bbs

|

« 秋の一日~下成佐登子さんの弾き語り! | トップページ | 谷保天満宮旧車祭! »

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。千葉美加さん、アジアでの評価が高い方なのですね。検索していて立花理佐さんのブログを見ました。おふたりは仲が良いのですね。

投稿: ダライモ | 2012年11月29日 (木) 16時37分

ダライモさん、コメントありがとうございます!
そうなんですよ。アジアで人気を得たアイドルの走りみたいですね。
立花理佐さんとはデビュー時期も近いですね。しかしあの方も変わりませんね~^^

投稿: GPz117 | 2012年11月29日 (木) 23時38分

メール有り難う御座いました。
熟女ライブですが、こちらです(12/15)
http://www.geocities.jp/usk_1487/schedule.html

只今参加三名、場所は南浦和、
http://www.geocities.jp/miyatin5963/

で、こんな熟女(元拓郎妻)
http://www.forlife.co.jp/artist/?aid=FL01131

投稿: gop | 2012年12月 5日 (水) 20時23分

gopさん、ご案内ありがとうございます。

私としたことが存じませんでした。しかし浦和とはちょっと遠いですねぇ。すみません、またの機会にお願いします
そういえば、こちらのアップした音源にちょっとだけ拓郎さんの歌入ってます。背景は苦しいダジャレで真面目なファンの方には怒られそうですが
http://youtu.be/Gvom75zH0e4

投稿: GPz117 | 2012年12月 5日 (水) 22時37分

私が持っているCD「Made in ~別離選択了我」のジャケット写真に写っている千葉美加さんとはイメージが全然違うのでビックリしました。アイドル時代の曲、こちらの記事で初めて聴きました。ご本人の努力には誠に申し訳ないのですが、私、個人的には外国語の曲よりも日本語の曲の方がいいですね......

合わせてご紹介されている立花理佐さんのブログも拝見しました。先の震災で千葉さんのご親族にご不幸があったのですね......心よりお悔やみ申し上げます。

ところで立花理佐さんのお名前に久々に触れました。彼女のCDも持っていた筈だよな~と思って探してみましたら「"HA・JI・MA・RI"」を持っていたのでこの機会に、久しぶりに聴きなおしてみようと思います。

投稿: HK | 2013年5月25日 (土) 10時47分

HKさん、コメントありがとうございます!

千葉さんのアルバムは初期の?3枚は入手しましたが、外国語のは未聴なのですが、やはり難しいチャレンジだったのでしょうね。
でも、外人が歌う日本語の曲が、舌っ足らずながら愛嬌があって独特の魅力があるのと同じで、現地では受けていたのではないでしょうか。
立花理佐さん、まだまだ現役なんですよね。当時聴いた歌はこれぞアイドル!って感じだったように思います^^

投稿: GPz117 | 2013年5月25日 (土) 14時44分

94年に台湾に行った時に彼女が
現地でブレークしていたのを知ったのですが、
正直言いまして、知りませんでした(笑)
帰国してこのアルバムを買い聞いてみると、
歌唱力の高さはなかなかで、特に01が
良かったです(^^)
今でも車の中とかで聴きます。

投稿: J@STAR | 2017年9月17日 (日) 05時07分

J@STARさん、コメントありがとうございます!

私も当時は存じませんでした。先日「気まぐれコンセプト」を読み返していたら、あまり売れなかったアイドルの一人として名前が出ていました^^;
アルバム聴き返してみましたが、01は穏やかな出だしからの盛り上がりがなかなかドラマティックですね。
いい曲が揃ってるし、歌唱も申し分なく、今どきのアイドルグループとはやはりレベルが違いますね。

投稿: GPz117 | 2017年9月20日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/56191041

この記事へのトラックバック一覧です: GPz083. 千葉美加 「行くね」- アジアに羽ばたいたミュードル:

« 秋の一日~下成佐登子さんの弾き語り! | トップページ | 谷保天満宮旧車祭! »