« GPz079. 船見啓子 「シンシア・エナジー」- タイトル通りの純粋さ | トップページ | GPz080. 大塚純子「HURTS」- 都会で生きるすべての方に »

117ピンポイント写真館(6)~本日のBGM♪君の夏/井上美樹

11761


今回のテーマ。この影だけでわかったらなかなかです。
BGMなど聴きつつしばしお考えを・・・。歌詞に"バイク"も歌われています。映像は走った人にしかわからない解放感抜群の千里浜なぎさドライブウェイ。360°の視界をお楽しみください(360°ターンを2回入れてます)。

この曲から始まる井上美樹さんのアルバム「ALPHABETS」は、「風のツーリング」という曲もあるし名曲揃いで、今では個人的にツーリング先で必ず聴きたくなるアルバムとなっています。

も一つヒント。11762

さて、私が子供の頃、スーパーカーブームがあった。
低い車高、強く傾斜したウィンドシールド、車体と一体化したバンパー(あるいはバンパーレス)といった、国産車と大きく異なるシルエットも強烈だったが、それ以上にわかりやすい「スーパーカー的アイコン」がいくつかあった。

リトラクタブルライト、ミドシップエンジン、そしてガルウィングドア。
これらをスーパーカー3種の神器と呼んでいたサイトを以前見た(けど、今は見当たらない)。当時はそんなことは考えもしなかったが、言われてみればなるほど、という感じで、これらをすべて持ち合わせたカウンタックは正にキングオブスーパーカーだったわけだ(童夢・零も3つ揃ってたけど、結局市販されなかった。以後、これら3拍子揃った車は多くない)。
たしかにガキだった当時は、そういうわかりやすいカタチから入ったもので、メカニズム上の優位性としてターボ以外では、最高速度、排気量くらいまでは、判断基準としてあったけど、12気筒とか、DOHCなんてことは二の次だった気がする。

さて、私が個人的にスーパーカー的フォルムの一つ、と認識していたものがもう一つある。

それは・・・

後ろ側から開くボンネット、つまり前ヒンジのボンネットフードである。

そして117クーペはこの前ヒンジのボンネットを採用している!!!

11763


それまで、我が家にあったカローラ、ケンメリスカイラインなどはみんな後ヒンジだったし、他の国産大衆車もみんな当然後ヒンジ、という認識だった。
そのため、この117のボンネットの開き方には感動すらし、さすが117は違う!と思ったものだ。実際は、シビックやファミリアといった、117より新しい大衆モデルで、前ヒンジを採用している車もあったのだが。

11764


しかし、この前ヒンジはカッコはいいのだが、メンテナンス性が悪いという致命的な欠点があり、実用上のメリットはないに等しい。唯一挙げられるのは、万一走行中にボンネットが開いてしまっても全開になりにくい、という点だと思われ、だからこそスーパーカーやレーシングカーのような限界性能の高いクルマに採用されているわけで、前ヒンジ=高性能、というイメージもあながち外れてはいないようだ。

11765


たしか、117が量産になった時期に出たジェミニ(1974~)は後ヒンジだったと思うが、なぜか117の後継のピアッツァ(1981~)でも前ヒンジが採用された。
側面まで周り込んだフードの形状のせいもあるのかも知れないが、ここはやはりグランツーリスモ→高速走行→安全性(?)という図式をしんじたい。

11766

↑このくらいの角度だとよりスーパーカー風になる(?)
本家スーパーカーは垂直まで開かない印象が・・・
なんせ、エンジン前にないわけだし

11767
意味なくドアも全開にしてみる

11768
目のつり上がった感じがちょっとハコスカチックかも

11769

変わった角度から撮ってみる
117610


そうそう、スーパーカーっぽい装備がもう一つあった。
ミウラやストラトスとかに付いていたリアウィンドウの外付けサンシェード!
国産車では、セリカLBやZが代表的でしょうか。
こちらは117に付いている例は聞いたことがない。
武骨なイメージは賛否ありそうだけど、なかなか似合いそう・・・

|

« GPz079. 船見啓子 「シンシア・エナジー」- タイトル通りの純粋さ | トップページ | GPz080. 大塚純子「HURTS」- 都会で生きるすべての方に »

117クーペ・車」カテゴリの記事

コメント

昔は夏期、特に暑い時期はボンネット半開きで走っていたクルマも良く見掛けたもんです(逆に冬期はグリルにシェードを付けたり)万が一開いた場合、仰る通り前ヒンジ(逆アリゲータータイプ)の方が安全ですからね(それも微妙ですけど)リアウインドウのルーバーは俗に「アルマジロ」と言われてました(やはりミウラが筆頭か)

投稿: gop | 2012年8月17日 (金) 08時55分

gopさん、いつもコメントありがとうございます!

>昔は夏期、特に暑い時期はボンネット半開きで走っていたクルマも良く見掛けたもんです
私の以前のクーペはオーバーヒートの緩和のため、夏はヒーターつけてました(爆)
アルマジロは初めて聞きました。言い得て妙ですね!ダンゴ虫とかワラジ虫じゃぁ何ですしね。
かっこいいし利点もあると思うんですが、最近は流行らないようですね

投稿: GPz117 | 2012年8月18日 (土) 01時02分

>万一走行中にボンネットが開いてしまっても全開になりにくい
 経験は無いのですが走行中にラッチが外れるとボンネット全開になるそうな。
 思うにあのボンネット形状で後ろヒンジにすると恐ろしく巨大な金具が要るのでは?と?何れにせよ凝ったディザインです。

>メンテナンス性が悪い
 ですね、よってウチのクーペはエンジン換装が全て終る迄ボンネットは裏庭の壁に立てかけてましたが・・・台風で2メートル位飛ばされてボコボコに(涙)。

さて昨日某所でトヨ2と我が117とツーショットで撮影してきましたが・・・
とよ2ファンには申し訳有りませんがやっぱ117の方がカッコ良い♪(アホ鴨?)

投稿: うんちく | 2012年8月22日 (水) 02時07分

うんちくさん、コメントありがとうございます!
そういえば、その昔縁石に突っ込んだ時は一瞬全開になりましたねぇ。あのシーンは今もスローで再現されます・・・
クーペのボンネットってプレスラインがまったくない点が珍しい感じがします。んで、わりとペナペナなので、そういう諸々の理由で前ヒンジなのかも知れませんね。
某所でトヨ2と、って仮ナンバーでウロウロしてるんですか?!あ、整備工場ですかね。
けど、トヨ2には負けてるとは言わないけど、ちょっと分が悪いかも・・・なんせ向こうは2シーターですから。ちょっと土俵が違うような。
公道復帰目前おめでとうございます。よくぞここまで、頭が下がります。

投稿: GPz117 | 2012年8月23日 (木) 01時49分

117クーペかっこいいですね!自分の隣宅の車が昭和のころ117クーペの朱色っぽいやつで1回そこの奥様の買い物のお供に同乗したことがあります。(当時、小生は小学生)インパネかっこいい!自分チのカローラとちがうっと興奮したことを憶えています。
その後、そのお隣さんはFFジェミニに乗り換えたのでマニアだったのでしょうね。

投稿: ダライモ | 2012年8月24日 (金) 22時03分

ダライモさん、コメントありがとうございます!
子供の頃の印象って余計な情報知らない分、純粋なんですよね。私も近所にあった117が強く記憶に残ってます。
ところでお隣さんはいすゞ党だったのでしょうか。今は乗用車出してないから何乗ってるのでしょうねぇ・・・エルフとか^^;?

投稿: GPz117 | 2012年8月29日 (水) 22時58分

こんにちは。
隣の家はひっこしたのですが、自分の母がそのいすゞ党奥様と同じ職場だったことがあり・・・キャバリエ(たしかアメリカ車?)だそうです。やはりマニアでしょうか、、、

投稿: ダライモ | 2012年9月10日 (月) 16時18分

ダライモさん、続報ありがとうございます!

え?キャバクラのリエちゃんですか?

ではなくて、そういえばありましたねぇ。なんかトヨタから出ていたような・・・と思って調べたら、貿易摩擦緩和のため、GMからOEM供給されてたそうです。
そういう成りたちのクルマはそうないでしょうから、やはりマニアックといえるのではないでしょうか

投稿: GPz117 | 2012年9月11日 (火) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/55439856

この記事へのトラックバック一覧です: 117ピンポイント写真館(6)~本日のBGM♪君の夏/井上美樹:

« GPz079. 船見啓子 「シンシア・エナジー」- タイトル通りの純粋さ | トップページ | GPz080. 大塚純子「HURTS」- 都会で生きるすべての方に »