« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

GPz075. Mana 「Mana」- 元気が出る前向きソングの決定版!

Mana1


 GPz750ならぬ075までやっときました(笑)。比較的メジャーな方を二人続けましたが、また超マイナー路線に戻ります。ちなみに、前回取り上げられなかった佐藤聖子さんのラストアルバムは、その直後ブクオフで見つけ入手できました(えてしてそういうものです)。
 さて、今回取り上げるのは、スゴいボーカルを聴かせるのに、極めてマイナーかつレアな方です。

【特徴】
 洋楽志向の洗練されたサウンドと、超絶の歌唱力。それ以上言うことはありません。

【出会い】
 久々に訪れた都内のややマニアックな中古店で発見。知らない方だし、帯ナシで購入を決断するにはやや高めでしたが、レア感に負けて購入。結果は・・・大吉!

【このアルバムについて】
 発売:1992年5月21日(廃盤)、入手:2012年2月19日
 CD入手困難度:★★★★★
 (中古CD探しを始めて5年余、「ま」のアーティストは欠かさずチェックしていたけど初めて見たので、激レアといえます。アルバムタイトルも「Mana」なのでネットで探すのも大変そう)以下、歌詞カードの文字が極小のため誤読があるかも知れません。

01 レイオフ
 作詞/高柳 恋、作曲/Tsukasa、編曲/西脇辰弥

02 瞳の中の迷宮~Labyrinth~
 作詞/Kenn、曲/都志見 隆、編曲/新川 博

03 Am I In Love
 作詞/Joey Carbone・京恵里子、作曲/Joey Carbone、編曲/新川 博

04 Beat Heart
 作詞/岩井くりす、作曲/曲/都志見 隆、編曲/西平 彰

05 IFの嵐
 作詞/京恵里子、作曲/山口美央子、編曲/岩崎文紀

06 エ・ゴ・イ・ス・ト(Album version)
 作詞/真間 綾、作曲/関根安里、編曲/西脇辰弥

 
07 Girl Friend~私と彼女の場面~
 作詞/京恵里子、作曲/山口美央子、編曲/岩崎文紀

08 天国の真下
 作詞/石川あゆ子、作曲/都志見 隆、編曲/西平 彰

09 Driving Blue
 作詞/石川あゆ子、作曲/中西圭三・小西貴雄、編曲/新川 博

10 Will
 作詞/Kenn、曲/前田克樹、編曲/西脇辰弥

 * * * * *

地味なジャケットや日本人なのかもわからない雰囲気などから、全く予想ができませんでしたが、最初に聴き始めた際、01に耳が釘付けになってしまいました。前向きな歌詞にキャッチーな曲調、それに素晴らしい歌唱力が混然一体となり、圧倒されました。一聴でこれほど衝撃を覚えたのは、最近では広田恵さん以来でしょうか。楽曲の雰囲気からすると、岡本真夜さんの「Tomorrow」にも近いものがあります。作詞は中里あき子さんのデビューアルバムで、その名前を知った高柳恋さん。とても元気をもらえる曲ですが、レイオフ(lay off=一時解雇)という言葉から、違和感を持つ方もいそうなのが残念です。

01があまりに凄過ぎて、02から07あたりは正直少し見劣り感もしてしまいます。というか、03がごく穏やかな以外、シングルでも出ていた06など、けっこう激しい曲調で個人的にちょっと苦手なせいでしょう。とはいえ、その歌唱力にやはりタジタジになります。
08でまた、ゆったりした爽やかな曲になり、緊張感がほぐれます。09も爽快感あふれるドライブチューン、続く10のミディアムバラードで締めくくるというラスト3曲はかなりいい感じです。

ギターは各曲にクレジットされており、曲により、堀越信泰、土方隆行、今剛、梶原順、鳥山雄司の各氏が担当しています。ちなみにアップした01は堀越信泰氏のギター、バックコーラスに井上利衣さん、前田康美さんのお二人となっています。

Mana名義ではこのアルバム1枚のみのようで、CDジャーナル以外の情報は全く見あたりません。と思ったら、リンクさせていただいているFEEMEさんで、長谷川真奈名義のアルバムを取り上げておりました。また、その後アニメのテーマなどを歌っているようで、動画サイトにいくつかあるのを見つけました。

アニメ自体はそこそこメジャーと思われますが、そのファンの方に特段取り上げられている形跡はないです。これほどの実力があるのに、あまり知られていないのはもったいないことです。

<Youtube>
銀河飛行(長谷川真奈)
http://www.youtube.com/watch?v=9TJ2Fs6own0

機動警察パトレイバー OP「愛を眠らせないで」
http://www.youtube.com/watch?v=Rn-mRgWKD5w

同ED「痛がるほどに抱きしめたい」
http://www.youtube.com/watch?v=HiZX1AuhP64

<ニコ動>
フランダースの犬~ぼくのパトラッシュ~ OP「君に逢えたから」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5789569

同ED「Little Wing」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5795053

アルバムはAmazoneで一点だけあり
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B000UV24I0/ref=sr_1_40_olp?s=music&ie=UTF8&qid=1335097972&sr=1-40&condition=used

シングルは数点
http://www.amazon.co.jp/MANA-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%95/dp/B000UVFD1U/ref=sr_1_26?s=music&ie=UTF8&qid=1335097917&sr=1-26

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あのボーカリストの近影~その2・近藤名奈

前回の続き。
近藤名奈も、神崎まきさん同様、最近ボイストレーニングの本を出したようで、やはりYoutubeにその映像が。
付録のDVDにご本人出演のようですから、そちら目当てに購入するファンもいそうです。

一石三鳥のボイストレーニング ~自宅でレッスンDVD付~

爽やかで突き抜けるようなボーカルが、さっぱりした青春ソングにぴったりでしたが、しっとりした曲もまたよいです。
音源多数アップされていますが、ごく一部をご紹介。

サラダ通りで会いましょう
http://www.youtube.com/watch?v=TcAiJiJOT7Q

水平線のキス
http://www.youtube.com/watch?v=MzogjXX9YtM

花びらが散る前に
http://www.youtube.com/watch?v=OQ9icWslb9s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あのボーカリストの近影~その1・神崎まき

ネットを徘徊していたら、ここ数年の活動情報が見当たらなかった(見つけられなかった)お二人のごく最近の動画を見つけました。
ブログ開設初期にご紹介したお二人。
偶然にも、お二人ともボイストレーニングの本を出したそうです。
共にデビュー時から素晴らしい歌唱力が魅力でしたからね。

ということで、まずは・・・

Micky-Tこと神崎まきさん、一段と国籍超越してます↓

教則本『ボーカリストのためのボディメイクエクササイズ 』紹介動画

また、震災直後のチャリティライヴの音源がありました!
素晴らしい!とにかく聴いてみて欲しいです!

夜明け
http://song4hope.net/mickey_t

デビュー時の名曲たち!(作曲はともに横山剣さん)

もう平気
http://www.youtube.com/watch?v=L0uLORPTeuY

セプテンバー(作詞もまきさんご本人)
http://www.youtube.com/watch?v=4y9XFRFVBYU

比較的最近?のライブ映像
CRAZY KEN'S HEART&SOUL+IKURA+神崎まき+マイケル鶴岡
http://www.youtube.com/watch?v=oDV9ekC6

もうお一人は後日。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のW吹雪

201204071


先の土日ツーリングへ行ってきました。

東京が見ごろだったので、伊豆はもう終わってるかと思ったら、山の方ではちょうど満開で、時折少~し、花びらが散るといった感じのプチ桜吹雪でしたcherryblossom土曜はやや曇り気味、日曜はスカッと晴れ渡りポカポカ陽気でした。

201204072

土曜の陽が傾く頃、西伊豆スカイラインを通ったら、やはりひらひらと舞うものが・・・
桜の花びらにしては小さいし、そもそも桜の木が見当たらない・・・

停車してみると、なんと・・・雪!?snow
ほんの数分のことでした。標高800mくらいあってかなり寒かったけど、まさか雪がちらつくとは。宿の女将さんも驚いていました。
201204082

またも出現!コロナマークII。1975年頃の貴重なドノーマル(?)

201204083

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GPz074. 佐藤聖子 「SEASON」- 特徴的な歌声の王道ガールポップ

Satosei


 比較的メジャーなので紹介しそびれていましたが、前回の石岡美紀さんから「フラメンコに転身」つながりで、この機会に。

【特徴】
 当時のガール・ポップ・ムーブメントに乗って登場した代表格の一人。キャッチーなサウンドからして王道な印象。ちょっと甘えた感じの声と粘っこい歌い方は、クセがあるとも言え、好みが分かれるかも知れません。

【出会い】
 
録音したFMのインテグラル・ステーションで「Jasmine」を聴いたのが最初。当初の印象は、ベタなガールポップという感じの楽曲と、声がツボとは言えなかったことから、強い印象はなかったですが、何度か聴いているうちに高揚感のあるこの曲が大変気に入りました。

【このアルバムについて】
 発売:1993年6月18日(廃盤)、入手:2004年末頃
 CD入手困難度:★★★☆☆
 (中古屋を数件探せば見つかる・・・のでは)

01 PEACH TIME
 作詞/西脇 唯、作曲/間瀬憲冶・編曲/水島康貴

02 二人のEXTRA-SHOT
 作詞/谷亜ヒロコ、作曲/間瀬憲冶・編曲/水島康貴

03 Jasmine(Re-Mix)
 作詞/西脇 唯、作曲/間瀬憲冶・編曲/水島康貴

04 天気雨
 作詞/西脇 唯、作曲/間瀬憲冶・編曲/水島康貴

05 もう一度 恋をしよう
 作詞/西脇 唯、作曲/佐藤聖子、編曲/水島康貴

06 夕映えを追いぬいて
 作詞/西脇 唯、作曲/佐藤聖子、編曲/水島康貴

07 水の上のプラネタリウム
 作詞/谷亜ヒロコ、作曲/間瀬憲冶・編曲/水島康貴

08 悲しいだけの二人じゃなくて
 作詞/西脇 唯、作曲/佐藤聖子、編曲/水島康貴

09 SEASON
 作詞・作曲/佐藤聖子、編曲/水島康貴

10 Lucky Gray
 作詞/西脇 唯、作曲/間瀬憲冶・編曲/水島康貴

 * * * * * * *

前述のJasmineはカセットでたまに聴いていましたが、アルバムを聴いたのはそのずっと後です。しかし、今回記録を調べたところ、現在に至る女性ボーカルの旧盤漁りの一番最初に購入したのが、このアルバムでした(丸山みゆきさんの中古盤より先だったとは)。
たまたま目にして衝動買いしたのですよね。帯もなかったし、今考えると衝動買いする値段ではなかったのですが・・・。その後、安価で帯付きを見つけ「帯」のためにもう一枚購入。さらに「Jasmine」の8cmシングルも入手(!)。

当時のガールポップ系シンガーとしては中堅どころで、そこそこ成功を収めた印象ですが、誰もが知ってるヒット曲というのはなかったようです。というか、歌詞カードなどを見ても、かなりアイドルっぽい印象で、本格派のイメージが薄かったことが敗因の一つだったように思います。私もだいぶ後になって気付いたのですが、ご本人は作曲もする本格シンガーソングライターなのですよね。このアルバムでも、何曲か作曲していますが、なかなかいい曲を書いています。

歌の方は、舌足らずとも取れる粘った感じの歌い方が特徴的です。時折入る高音のファルセットも、どこか唐突な感じで、これらのことが聴く側を身構えさせる要素になっているかも知れません。
楽曲は全体として、ポップかつキャッチーで、この手の王道なのですが、03の印象が強すぎたせいか、他の曲の印象は相対的に今ひとつの面も否めません。

と、少々辛口なコメントになってしまいましたが、それもこれも比較的メジャーな方だから許してもらえるでしょう。
あらためて聴いていると、当時の雰囲気が伝わってくるサウンドや、「青春」真っただ中の詞の世界が、甘く切ない気持ちにさせてくれます。01、05、10とか。王道なポップスにとどまらず、クロスオーバーな06とか、ジャジーな08とか、楽曲もバラエティに富んでいます。何といっても彼女の代表曲の一つの03が素晴らしく、最初聴いた時、あまり引っ掛からなかったのが不思議なくらいです。

さて、佐藤聖子さんの音源は、すでにいくつもアップされていることもあり、今回動画はアップしませんでした。
本当言うと、当時録画したビデオに、たまたま佐藤聖子さんの曲のCMが入っていたので、それでもアップしとこうかと思っていたのですが、探したけど見当たらなかったので断念。

また、紹介するのも、最後のアルバムとなった「CRYSTAL」を考えていたのですが、図書館で借りたためCDそのものがなく、音源もHD内に見当たらなくて、いつの間にか失われてしまった恐れも。新たに入手するのも意外に困難で今回は断念しました。

他は1stのみ未聴ですが、2nd~5thの4枚のアルバムは、中古で入手済みです。けど、実のところ、この3rdの「SEASON」以外それほど聴き込んでいないのです。SEASONも通しで聴いたことは、そんなにないかも・・・(やっぱり声がツボでないことが原因)
けれど、「CRYSTAL」は名曲揃いの印象で、通しでもかなり聴いた気がします。音源がなくなっていたとなると、もう3年くらい聴いていないかもだけど。

Amazonのレビューなどを見ると、この後の「Marvelous Act」や「SATELLITE☆S」も評価が高いようなので、もうちょっと聴き直したいと思います。

<参考サイト>
この他にも多数あると思われます

佐藤聖子アンコール!
http://satoseiko.web.fc2.com/

J-POPが生まれる前のJ-POP
http://www.rgs680.com/jpop/vol17.html

失われし歌を求めて
http://blog.livedoor.jp/soraumi_meet/archives/51788031.html

2009年 日本フラメンコ協会 準奨励賞
http://www.jspanish.com/jfla/sinjin2009/seko-sato.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »