« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

村瀬由衣さんのLIVEに行きました!

 22日、前から行きたいと思っていた、村瀬由衣さんのライブに行ってきました。

 その日は、仕事も早めに上がれそうだったので、5時過ぎWood Stock Cafeに電話してみると、ちょうどキャンセルが出て空きができたとのことで、聴きに行きました。

 20名限定というだけあり、こぢんまりしたお店で、最前列だったため、まさに目と鼻の先、手を伸ばせば届くんじゃないかってくらいの距離でした。近過ぎて村瀬さんを直視するのがためらわれたほどでした。
 その村瀬さん、とても素敵な女性で、かつてのFUN HOUSE時代のジャケットのイメージから静かな女性を想像していたのですが、トークも軽妙で気さくな感じでした。

 もちろん、歌も素晴らしかったです。曲は1970年代の曲が多かったみたいですが、私が知ってるような超メジャー曲はあまりなかったです。イーグルスのDesperadoなどを取り上げていたように、ウェストコースト系の楽曲が好きだとかで、佐藤克彦さんのアコースティックギターとも相まって全体にそういう雰囲気がありました。お店の雰囲気もぴったりでした。
 邦楽では、吉田美奈子さん、忌野清志郎さん、あと「蘇州夜曲」(邦楽じゃない?)といった曲を歌われました。
 清志郎さんの曲って個人的にはあまり好きな印象はなかったのですが、村瀬さんの歌った「満月の夜」はとてもよかったです(張り込んだ動画の最初の曲です。当日、張り切って動画を撮ってらした方が、アップして下さったようです)。動画の2曲目「道化師のように」は村瀬さん作のオリジナルとおっしゃっていたように思います。

 シークレット・ゲストは"ユイカツ"のお二人とも関係の深いアノ方で、お名前はちょくちょく耳にしていたものの、本人がいきなり出てきたので驚きました。

 お客さんは、ほとんどが顔見知りの方だったようで、終わってから挨拶などに追われていましたが、帰ろうとする私に声をかけて下さり、少しお話できました。拙ブログの記事も見ていただいてたようで、嬉しいやら恥ずかしいやら・・・
 HPの告知でも書いていらしたように、今回は初めて歌う曲が多く、選曲はいつもとだいぶ違ってたみたいです。
 バンドの時はFUN HOUSE時代のもやるようなので、また行きたいと思います。

 話した時舞い上がってて、記事にすることの了解得るの忘れたので、このくらいで。
 最新アルバムのことも聞くの忘れた。販売用のがあったら買おうと思ってたのに・・・

Yui Murase web
http://yui-murase.com/

20120222yuikatsu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

117ピンポイント写真館(2)~本日のBGM♪New Days/AKEMI

まずはBGMにこちらを。

さて、いよいよ117のピンポイントなパーツを見ていきます。乗車する時、最初に触れるこれです。

Doorr


このドアハンドル、117を購入した当初は古臭い感じがしてあまり好きではありませんでした。
しかし、今見ると瀟洒で美しく、古い車に乗り込む!というムードを高める効果も抜群で気に入っています。

現在のクルマでは、指を引っかけて上げるタイプ(以下、「上型」)
Up

あるいは握って引くタイプ(以下、「横型」)が大半を占めるようです。
Side



Sidebutton


なお、↑これは・・・リクエストボタンというロックを解除するためのボタンらしくて、ドアキャッチを解除するのとは違うみたいです。

117のドアハンドルは形状的には横型に近いですが、これほどスリムでスタイリッシュなハンドルは、現代のクルマにはないでしょう。
Doorl


ここまでスリムにできるのは、ドアハンドルが金属パーツであるおかげで、プラスチックに鍍金したものとは違う重厚感も併せ持っています。また、キャッチ機構を司るボタンが別になっていることも、ハンドルをスマートにできる要因でしょう。
操作の面でもこの構造は合理的で、(運転席側であれば右手で)ハンドルを握って親指でボタンを押すのもごく自然にできるし、握ったハンドルは全くグラつかないから、ドアの開閉は至極安定しています。この昔ながらのボタン式のドアハンドルに慣れてしまうと、ハンドルがボタンを兼ねている上記の2種類は操作性では明らかに劣っており、なんでそれらが主流になっているのか理解に苦しみます。

ドアキャッチのボタンとハンドルが一体化したノブは、建物でも多く見られますが、ほとんどはキャッチリリースとドア開閉とが別方向になっています。

Room

回してリリース、引いて開く、という動作ですね。リリースも開くのも同じ方向、というのは自動車特有の構造とも言えます。

ボタンとハンドルが一体タイプの操作のし辛さは、特に上型でドアロックを掛けながら閉める場合を考えると、よくわかると思います。ハンドルを持ち上げながらドアを押して閉める・・・。この「逆ガチョーン」を、背伸び気味にしなければならないので、かなり不自然な体勢を強いられます。親指だけ車体に当てて支点にしていると、下手すると突き指しそうです。もっとも、インテリジェントキーとかが一般化した現在はあまり考慮しなくていいのかも知れませんが。
あと、117のドアが当時としてもかなり重かったという要素もあり、それに比べるとオモチャかっ!?ってくらい軽い現行車のドアでは、操作性の悪さはそれほど問題にならないのかも知れません。
ボタン式がなくなってしまったのは、主に安全上の問題でしょうか。外的要因で不用意にドアが開いてしまう可能性はプッシュ式よりプル式の方が低いでしょうから。

「日本の名車100台」などの旧車の本を紐解いてみると、昭和40年代に入るとこのプッシュボタン式のドアハンドルはほとんど見られず、上型が大勢を占めるようになっています。古臭い感じがしたのは当然といえます。
117と同じ1968(昭和43)年に世に出た箱スカに関しては、セダンがボタン型だったのに対し、遅れて登場した2ドアハードトップは上型という風に分かれています。

そもそも、117についても、プロトタイプではボディに埋め込まれた未来的な形状、一足先に出たフローリアンが上型だったのに対し、生産型ではボタン式になっています(ちなみにべレットもボタン式)。理由はやはりドアの重さゆえという感じもしますが、結果的には117のクラシカルな雰囲気を引きたてるのに貢献していると思います(思いたい^^;)

117クーペの外装パーツは初期型ハンドメイドと量産型では、同じように見えて多くは互換性がないらしいので、ずっと変わらなかった(?)数少ないパーツの一つかも知れません。

117side

さて、今回のBGMのAKEMIさんは、管理人がYouTubeにアップし始めた初期の音源ですが、再生頻度は週イチにも満たないダントツの低さです。
知名度の低さに加え、やはり「AKEMI」では、石井さんやら柿原さんなどに紛れて見つけにくいのでしょう。試しにYoutube内で「AKEMI」で検索したけど、まったく出てきませんでした。彼女こそ、明美でも朱美でもない「AKEMI」なのに・・・

90年代の頭に、某レーベルが力を入れて送り出した3人娘の一人だったのですがね。その3人のうち、AKEMIさんと広田恵さんは歌も上手かったのですが、ほとんど売れず、歌に関しては「?」な千堂あきほさんの方がセールス的には成功したのは皮肉なことです。まぁ、テレビで顔が売れてましたからねぇ。
なお、このレーベル・WPは動画方面では著作権に関しチェックが厳しいということで恐れられていますが、廃盤かつマイナーなアーティスト故か今のところお咎めはありません。

AKEMIさんは、1stの「New Days」ではバリバリのロッカー風ですが、2ndアルバム「Second Wind」ではちょっとソフトに路線変更し多彩な歌を聴かせてくれます。個人的には2ndがオススメです。
しかし、Amazonにも出てないとは・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GPz-R012. KAYOKO ♪Wonderful Heart

以前紹介したボーカリストの曲をYouTubeにアップして振り返るシリーズの12回目。

KAYOKOさんについては、1年ちょっと前にアルバム紹介記事と合わせ「最後のクリスマスカード」をアップしていました。
しかし、前々回の記事で紹介した通り、活動休止していたご本人!が登場する同曲のPVがアップされていたのを発見したため、こちらの動画は取り下げようかと思っています。

とは言っても、件の動画をアップした直後(たしか次の日!)に、貴重なコメントをいただいていたので、次のクリスマスシーズン、すなわち今年いっぱいくらいはそのままにしておこうかと思います。
多分、コメント下さった方も、たまたま検索してヒットしたのが、あまりに直前にアップされたものだったので、コメントせずにはいられなかったのだと思います。

今回新たに、アルバムタイトルのこちら「ワンダフル・ハート」をアップしました。こちらも、たいへん心地よい名曲です。

背景は、はじめ花の写真で固めるつもりが、去年、千畳敷カールから木曽駒が岳に登った時の絶景が目に留まったので入れてみました。また、経験的にこの手のお名前は再生回数が伸びないので、客寄せのために117クーペの画像も^^

また、シングルCDからの写真はHaco changさんにいただいたものです。

以前は、KAYOKOさんがKAYOCO名義だった時のドラマ主題歌にもなったという洋楽カヴァー「TOY BOY」がYoutubeにありましたが、残念ながら削除されてしまったようです。

KAYOKOさん、本格的に復帰してくれるといいですね。

入手などはこちら↓(探しにくいと思うので・・・)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88-KAYOKO/dp/B000UV345W/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1328193308&sr=1-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »