« GPz068. 太田有美 「greenery」- 女優の知られざる歌唱力 | トップページ | GPz070. Romi 「TRANSPARENCE」- 有島一郎の孫・再デビュー »

GPz069. RIZCO 「月蝕」- リツコさん、ここに極まる

Rizco

 以前一度紹介した黒沢律子さんが、90年代末にRIZCO名義(正確にはZの上に"・・"が付きます)で出したアルバム。

【特徴】
 以前から安定した歌唱力が持ち味でしたが、一層磨きがかかり、鳥肌ものの歌を聴かせます。

【出会い】
 以前近所にあった中堅中古ショップで発見して即買い。以来、一度も実物を目にしていません。

【このアルバムについて】
 発売:1999年7月14日(廃盤)、入手:2007年10月31日
 CD入手困難度:★★★★☆
 (店頭やオークションではとんと見かけませんが、Amazonには多数あり)

01 Overture~あの夏へ
 作曲/RIZCO

02 真夏に生まれた天使達
 作詞/秋山空美、作曲/嶋 紀之、編曲/長谷川智樹

03 月蝕
 作詞/RIZCO・嶋 紀之、作曲/嶋 紀之、編曲/長谷川智樹

04 heaven on earth
 作詞/富田京子、作曲/杉 真理、編曲/宮田繁男、コーラスアレンジ/杉 真理

05 アイノコトバ
 作詞/大森祥子、作曲/嶋 紀之、編曲/KCP・RIZCO・嶋 紀之

06 Last Game
 作詞/秋山空美、作曲/嶋 紀之、編曲/長谷川智樹・嶋 紀之

07 別れの情景
 作詞/富田京子、作曲/RIZCO、編曲/佐藤 準

08 世界で一番遠い海
 作詞/秋山空美、作曲・編曲/宮田繁男

09 こぼれおちてゆくまま
 作詞/秋山空美、作曲・編曲/宮田繁男

10 月蝕 (Half Moon Mix)
 REMIXED BY KURIHARA & REMOCON TAMURA

11 Damage
 作詞/秋山空美、作曲/RIZCO・嶋 紀之、編曲/宮田繁男

12 永遠
 作詞/富田京子、作曲/RIZCO、編曲/長谷川智樹

 * * * * * * *

トータルプロデュースは嶋紀之さんとなっていますが、RIZCOさんご本人もサウンド作りに積極的に関わっている様子が、歌詞カードに1曲1曲書かれたご本人によるコメント(解説?)から伺われます。何度か聴いた後で、そのコメントを見ていただくと、一層味わいが増すと思われます。
曲の中身については、そのコメントを見ていただくのが一番ではありますが、強くプッシュしたいので少々・・

インスト+コーラスの静かな01から、そのまま突然視界が開けたように02に展開していく冒頭から、いきなりのけぞってしまいます。曲名、歌詞そのままにシーサイドドライブにぴったりな疾走感あふれる曲で、グイグイ引き込まれる感じです。
そして、アルバムタイトル曲の03は、決して激しい曲ではないけれどその歌唱力で圧倒されます。
夏の午後という感じの、ちょっとけだるげで、どこか懐かしさを感じさせる04で一息。
雑踏と公衆電話の音で始まる男女のドラマを描いたちょっと虚ろな05。
かつての「だけど、純情」あたりを彷彿とさせるパワフルな06や11。
あっけらかんとしたサンバ調の08、ミディアムのリズムとホーンが心地よい09。
10は、03のリミックス。ややスローでミステリアスな雰囲気です。
ラストはギターをメインにごく控えめな演奏でしっとり聴かせます。
と曲調も様々に、RIZCOさんのボーカルを生かし切った傑作揃いのアルバムです。

アップする曲選びは、タイプの違う3曲を候補に上げるまではよかったものの、それぞれに素晴らしいのでかなり悩みました。最終的には、ご本人単独の作曲の07をアップしました。それまでの黒沢律子さんには、こういったしっとりした曲のイメージってあまりなかったように思います。他の元気な曲に比べるとインパクトには欠けますが、素晴らしい一面が伺い知れるのではないでしょうか(夏向きの曲が多いアルバムなのに、この時期の紹介になってしまったという要素も少々・汗)。元プリンセス・プリンセスの富田京子さんによる歌詞もじんわりきます。

前述の通り、店頭では購入時のみ、購入後オークションで何度かチェックした時も、見たことがなかったので、当初激レア盤として紹介するつもりでしたが、Amazonで安価で多数出ているのを見て、愕然としました。出品数の多さというより、こんな傑作をその値段で売るとはけしからん、と・・・
といっても、これは作品の評価というより認知度の低さからくるものだと思われます。すなわち、RIZCOさんの正体が黒沢律子さんであることや、その歌唱力のスゴさが世間一般にはあまり知られていないということなのでしょう。

あらためて以前取り上げた「DISH」を聴き直しても、決して古い感じはしないのですが(「BLUE SKY」は比較的古典的かも知れませんが)、何でしょう、この「月蝕」を最初に聴いた時のインパクトは。恐ろしく洗練された印象で、DISHですでに完成されていたものを、さらに軽く超越してしまった感じでした。
90年代前半は、黒沢律子さんに限らず、ジャパニーズポップス全体が、その方向性を模索していた時代でもあり、荒削りな部分もあったということでしょうか。一方、この「月蝕」に関しては完全に現代に続くJ-Popへと脱皮したサウンドといえます。どちらがいいということではないのですが。
ちなみに、動画の最後に入れたのはシングル「さくら」のジャケット写真(裏面)で、このカップリングでは八神純子さんの「みずいろの雨」をカヴァーしています。CDのリリースは2001年の「melody」が最後で、翌年までのライブの情報はあるものの、その後の活動情報は残念ながら見られません。

90年代、紆余曲折ありつつも歌い続け、そのボーカルを極めていった黒沢律子さんは、私にとってはまさに90年代を代表するアーティストの一人です。復活してくれないでしょうか・・・

ライブレポート(読み応えあり!)
http://homepage1.nifty.com/QQQ/favorite/rizco.htm

CSでやってたライブ番組の記事らしいです
http://www.fujitv.co.jp/FACTORY/LOT0018/0001.html
http://www.fujitv.co.jp/FACTORY/CS0003/0001pro.html
http://www.fujitv.co.jp/FACTORY/CS0003/0001res.html

こちらでは、最後のアルバムの視聴ができます(廃盤なので購入はできません)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/42570

CD Journal
http://artist.cdjournal.com/d/-/3199051321

amazon
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%88%E8%9D%95-RIZCO/dp/B00005HEZZ

|

« GPz068. 太田有美 「greenery」- 女優の知られざる歌唱力 | トップページ | GPz070. Romi 「TRANSPARENCE」- 有島一郎の孫・再デビュー »

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

黒沢律子」カテゴリの記事

コメント

よもや!?と思ったのですが、やはり黒沢律子さんでしたか!
私は『コンフェス』というアルバムしか持っていないのですが(このアルバムに収録されている「All For Love」という曲が好きで好きで)、なかなか歌唱力のあるシンガーだな、とは思っておりました。こちらでご紹介されている曲も(「別れの情景」という曲ですか)、じっくり「聴かせる」素敵な曲ですね。

投稿: HK | 2013年5月25日 (土) 14時21分

HKさん
私の場合、ブラコンぽい曲はちょっと苦手なので、初期のアルバムは聴き込みが足りないのですが、ALL FOR LOVEはしっとりしていい曲ですね。
最近はYoutubeにライブ映像もありますね。

投稿: GPz117 | 2013年5月25日 (土) 19時26分

毎年夏になるとひっぱり出してきて聴くCDです。

初めて聴いた時には涙したことを覚えています。

私の場合、RIZCOさんからのファンなので、黒沢律子さん時代のことはほとんどわからないのですが(CDは全部持ってますが)、この月触は間違いなく名盤だと思います。

投稿: コナン | 2013年6月24日 (月) 22時27分

コナンさん、コメントありがとうございます!
涙するお気持ちわかります。
私はかなり後追いで聴いたにも関わらず強い印象を受けましたが、リアルタイムで聴いていたら、その数倍の衝撃を受けたでしょうね。
多くの人に通しで聴いていただきたい傑作アルバムです。

投稿: GPz117 | 2013年6月24日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/53397271

この記事へのトラックバック一覧です: GPz069. RIZCO 「月蝕」- リツコさん、ここに極まる:

« GPz068. 太田有美 「greenery」- 女優の知られざる歌唱力 | トップページ | GPz070. Romi 「TRANSPARENCE」- 有島一郎の孫・再デビュー »