« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

GPz068. 太田有美 「greenery」- 女優の知られざる歌唱力

Ohta01


 やや新しめデビューの方を取り上げる3回目は、現在も女優など芸能活動している太田有美さんのボーカリストとしての知られざる?一面を伝えるこの作品。

【特徴
 どこかあどけなさの残る声ながら、歌唱はしっかりしており、Ambient(環境音楽?)な難しい曲をなかなか聴かせます。

【出会い】
 東北をツーリング中にふと立ち寄った店で見つけ、知らない方だし荷物になるため悩みましたが、ジャケット写真に惹かれたのと強烈にレアなオーラが出ていたため購入。

【このアルバムについて】
 発売:1997年頃(廃盤)、入手:2008年8月27日
 CD入手困難度:★★★★★
 (インディーズということもあり激レア!)

01 Trinity
 作曲/Yoshiaki Tada
 ほぼインスト。ハープのようなクリアなストリングスと不思議な効果音と荘厳なコーラスに、太田さんのWoo Woonというようなハミングのみが入る清らかな曲です。

02 Feather of Light
 作詞・作曲/Yoshiaki Tada
 これも清らかな印象。メインボーカルは英語詞。バックの澄んだコーラスとハープ、チェンバロ風キーボードが織りなすハーモニーは、聖歌のようにも聴こえます。

03 greenery
 作詞/谷亜ヒロコ、作曲/KAT珍
 今回アップしたのは、このアルバムタイトル曲。虚ろでありながらクールで都会的な独特の雰囲気。メロディーに合わせてのささやきなど、かなり実験的な要素も感じられます。

04 My Sky
 作詞/谷亜ヒロコ、作曲/KAT珍
 黒人DJみたいな声が入るダンサブルなサウンド。前後の男性の声が入る部分は、くどい感じがイマイチ好きになれませんが、メインのボーカル部分はいい感じです。

05 Trinity(Reprise)
 作詞・作曲/Yoshiaki Tada
 01のハミングなし短いバージョン。04の少々けたたましい雰囲気を和らげつつ、しっとりフェードアウト。

 * * * * * * *

太田有美さんのことは存じなかったのですが、現在もタレントとして活動しており、公式ページブログもあります。
ただし、この音楽活動については、なぜかこれらのページには書かれておらず、インディーズだったこともあり、ほとんど知られていないようです。
インディーズ版で発売時期が不明なのですが、1942円税別ということは、消費税が3%でちょうど2000円になるので、消費税が5%になる1997年4月より前、あるいは直後でしょうか。サウンドがかなり新しい印象だったのでもっと新しい2000年以降の音源かと思ってましたが、意外と前なのですね。
1979年2月生まれとのことですから、録音時は18才以下、まだ高校生だったということになります。
この後出した2ndアルバムについての、とあるインディーズ情報のページ(1999.3.19)によると、「Greenery」でヒットを飛ばした太田有美の第2弾、とあります。インディーズ版としては、そこそこ評価を受けたようですね。

ボーカルも安定していて心地よいし、音楽性は当時としてはかなり進んでいたのではないかと思われます。
メインは02から04の3曲ですが、それぞれに個性的かつ実験的な印象も受け、聴けば聴くほど味わいがあります。
様々なジャンルの音が入っているように思えますが、大くくりにするとアンビエントと呼ばれるジャンルのようですね。ヒーリングともちょっと違うし、多少とんがったところもあるけど、体に馴染んでくる感じです。
残念ながら歌詞カードが(元々?)ないので、英語詞がよくわかりません。普段は歌詞カードなんてほとんど見ないのですが、03の「ちんはれるよ」とか、04の男性の声で「バブリ変えんでくれ」と聞こえるのは、ほんとは何と言ってるのしょうか。

この後、前述の2ndミニアルバム「Sister moon,brother sun」を出しましたが、その後は音楽活動はされていないようです。
2ndは1st以上にレアな印象ですが、こちらも偶然にお店で入手することができました。他にアルバムを出しているとは、知らなかったので見つけた時は驚いたものです。サウンドは1st以上にマニアックかも知れません。

さて、「ジャケ買い」には2種類あると思います。
一つは、ジャケットから想像される音楽性に期待しての購入。まあ、これが普通にいうジャケ買いで、あまた例があります。
これに対し、ストレートにジャケットの写真(の女性的な魅力)に惹かれたパターン、いわば狭義のジャケ買いがあります。
本アルバムは、私としては初の後者「狭義のジャケ買い」ではないかと(もちろん、音楽性も悪くなさそうだったのですが・・・)。
また、前述の通りツーリング中に青森は三沢の街中で見つけたもので、最北で購入した物件になります。

ジャケ買いという意味では、2006年にイメージDVDも出しているというのを知り、納得してしまいました(私の目に狂いはなかった?)。
先日、そのDVDも入手してみました。あ、いえいえ、別にDMMのレビューで評価が高かったからとかではなく、あくまで参考として。それに、イメージ映像のバックで歌ってる可能性を考慮して、です。
少し大人になった太田さんは、このアルバムジャケット同様、なかなか魅力的でした(って、やっぱ映像かぃ!)。今回動画にDVDのジャケットからの写真も若干入れています、参考までに(音楽とあまり合わないですが)。

もちろんCDの一風変わったサウンドも、機会があれば聴いてみる価値ありです。この1stは、紙ジャケットなので多少探しやすい・・・かな?

狭義のジャケ買いシリーズを次も続けるかどうかは未定ですが、そのうち取り上げる候補は若干あるので、ご期待下さい(?)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »