« GPz065. 野澤 恵 「人生」- 思わずニヤリの超元気ポップス | トップページ | GPz066. Non 「素直」- キロロと川嶋あいの間に »

信州ツーリング・番外編 ~ 幻の珍景を求めて

先週、昨年に続き中部方面を廻ろうと出かけたロングツーリングは、天気の関係でミドルツーリングになってしまい、中途半端だったので、記事にするかどうかは微妙。

代わりと言ってはなんだけど、7月に信州を周った時の、番外編を。

数年前にやはり信州から東北を周った時、場所が判然としない写真を撮っており、それがどこだったのかずっと気になっていて、今回近くを通ったので確かめてみた。

数年前に撮った写真はこちら。

2rock

看板に「子宝明神 男石大明神」とある。

3つの石が見事に積み重なり、その形を形成している。かなり巨大。向かって右から生えている松もいい反り具合をしているが、あくまで本体は石だと思われる。
この手のご神体は全国各地にあり、専門のサイトもあるくらいだが、この物件に関してはネット検索しても出てこなかった。
自然の造形物ということで、対象にされていないのだろうか。確かに、人間の作ったそれに比べるとリアルさには欠け、看板がなければ、ただの岩に過ぎないかも知れない。けど、これだけ巨大なモノはそうそうないから、誰か取り上げていてもよさそうなものだが・・・

手掛かりとして、その朝、浅間山荘キャンプ場(あの浅間山荘事件の舞台になったところとは別物)を出て、浅間山の南西側裾野でコスモスの写真を撮った。これが8時半頃。
(我ながらなかなかいい写真!電柱のワイヤを除けば、自然のものに囲まれてるのがよい。
 まだ再塗装する前。今は左側は赤なので)

1cosmos

男石の写真は、その1時間ほど後に撮影されている。ルートとしては菅平を抜けて北上しているので、菅平の手前か周辺で撮影されたものだと思われる。
また、何かを見ようとして脇道に入り、そこでたまたま男石を見つけたことを記憶していた。しかし、見ようとした「何か」の写真が残っていない。よほど、期待を裏切られたのだろうか。

浅間山南側から菅平に抜けるルートは2つ。東ルートには、怪しい脇道が見当たらないから、おそらく西のルートを取ったのだろう、とアタリを付けて今回たどってみたところ、記憶に引っ掛かる脇道のある風景が出現!右折方向に「角間温泉」とか書いてある。間違いない!

ということで脇道を数百m行き、無事、発見!

今回はいろいろな角度から撮らせてもらった。

3rock

GPzと対比すると、その巨大さがわかると思う。
間近で見るとかなりの迫力!思わず頭を下げてしまいます。

4rock

真夏ということで毛、じゃない木がかなり茂っていた。
また、看板の文字はかなり薄くなっていた。

5rock

あらためて見ると上の石はあまり大きく(長く)なく、全体のバランスはいまいち

ちなみに、前回脇道にそれた主目的だった角間渓谷(温泉)はその先にあるのだが、今回は時間の関係で割愛させていただいた。脇道を入ってから3キロくらいあるみたいで、数年前に行った時も、意外と遠いのでパスしたか、地図に紅葉のマークがあったけど、紅葉してなくてがっかりしたのかも知れない。
渓谷を見るというより温泉地として訪れる方が多いようで、その意味で決してつまらない場所ではないであろうことを記しておく。

んで、今回あらためて検索したら1年ほど前に写真アップしてる人がいました-_-;
http://kosiabura55.blog130.fc2.com/blog-entry-33.html

前述のブログの方もリストに入れていました。
http://www.geocities.jp/konseisamaweb/seishin.html

|

« GPz065. 野澤 恵 「人生」- 思わずニヤリの超元気ポップス | トップページ | GPz066. Non 「素直」- キロロと川嶋あいの間に »

ツーリング・オートバイ」カテゴリの記事

コメント

言われないとそれとわからないですねぇ。
愛知県にはこんなお祭りがあります(スギメチャさん宅近く)
http://www.youtube.com/watch?v=G-dpZ_ZG_N8

投稿: gop | 2011年9月10日 (土) 11時31分

gopさん、コメントありがとうございます!

写真ではイマイチですよね。実物はなかなかの迫力なんですが。
大根にはああいう使い方もあるのですね。こんどやってみよう^m^

投稿: GPz117 | 2011年9月10日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州ツーリング・番外編 ~ 幻の珍景を求めて:

« GPz065. 野澤 恵 「人生」- 思わずニヤリの超元気ポップス | トップページ | GPz066. Non 「素直」- キロロと川嶋あいの間に »