« 旅人は見た!ビジョ高原の夜 | トップページ | 信州ツーリング・番外編 ~ 幻の珍景を求めて »

GPz065. 野澤 恵 「人生」- 思わずニヤリの超元気ポップス

Nozawa

 先週末、ロングツーリングに出かけましたが、予報が雨続きなので早めに帰ってきて、ちょっと消化不良気味です。
 さて、9月になりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。野澤恵(のざわあや)さんの元気な歌声で暑さを吹き飛ばしましょう!

(動画をダブルクリックすると大きな画面で見られます)

【特徴】
 元気で突き抜けるようなボーカル、歌もかなり上手です。思わず笑ってしまう歌詞や勢いのある曲調も相まって元気になれること間違いなし!

【出会い】
 ネットオークションで、別のボーカリスト(森丘祥子さん)のCDを落札した際、同時に出品されていました。初めて聞く名前でしたが、YouTubeに若干の音源があり、なかなかよかったので、購入してみました。今思うと激レアかつ大当たりで、安価で入手できてラッキーでした。しかし、まだまだ知らない人がいるものですねぇ・・・

【このアルバムについて】
 発売:1990年11月28日(廃盤)、入手:2011年6月25日
 CD入手困難度:★★★★★
 (お店で見たことなし。オークションにもほとんど出ません)

曲のタイトルだけ見ても、雰囲気がお分かりいただけると思います。
アルバムタイトル「人生」のちょっと重たい感じはなく、あっけらかんとしています。

01 出て来い責任者!!
 作詞/枯堂夏子、作曲/松田 隣、編曲/根岸貴幸

02 麹町のロバ
 作詞/枯堂夏子、作曲/松田 隣、編曲/根岸貴幸

03 さわらぬ恋にたたりなし
 作詞/枯堂夏子、作曲/前田克樹、編曲/根岸貴幸

04 言葉だけぢゃ始まらない
 作詞/野澤 恵、作曲/TAJIO、編曲/根岸貴幸

05 てなもんだ人生
 作詞/枯堂夏子、作曲/松田 隣、編曲/根岸貴幸

06 デキマスできますッ!
 作詞/枯堂夏子、作曲/万里小路影丸、編曲/根岸貴幸

07 手紙を見たよ
 作詞/松宮恭子、作曲/万里小路影丸、編曲/根岸貴幸

08 いまんとこ一番君が好き!
 作詞/枯堂夏子、作曲/松田 隣、編曲/根岸貴幸

09 天国の神様の言うことにゃ
 作詞/枯堂夏子、作曲/万里小路影丸、編曲/根岸貴幸

10 彼氏がほしい
 作詞/野澤 恵、作曲/TAJIO、編曲/根岸貴幸

11 じんせい
 作詞/枯堂夏子、作曲/前田克樹、編曲/根岸貴幸

12 あしたも・・・
 作詞/野澤 恵、作曲/松田 隣、編曲/根岸貴幸

 * * * * * * *

毎度ごちゃごちゃ理屈はいらないとは思うのですが、若干のコメントを。
まず音源をアップした01「出て来い責任者!!」。
ってどんなタイトルですねん!まぁお聴きのとおり、内容はコミカルですが、その抜群の歌唱力がおわかりいただけるでしょう。
多少のテンポの違いはあれど、01の勢いそのままに06まで突っ走ります。随所にシンセを効果的に使った80年代風の曲が多い印象です。05はアニメ「からくり剣豪伝ムサシロード」のエンディングだそうで、動画もありました(タイトルからリンクしてます)。
このまま行くかと思いきや、07でしっとりバラード、09でちょっとレトロでジャジー(?)な曲も織り交ぜつつ、11のストリングスも心地よい壮大なバラード、12の落ち着いた純情少女系青春ソングで締め、となかなか憎い構成になっています。
元気なナンバーは思わず笑ってしまう歌詞が多いですが、スローナンバーはわりと真面目な内容です。
彼女の持ち味であろう元気印のポップスもいいけど、爽やかな声で歌い上げるスローなナンバーも素晴らしいものがあります。
入手が極めて困難ではありますが、もし見かけたら是非ともアルバム通しで聴いていただきたいです!

全曲のアレンジを手掛けている根岸貴幸氏は、永井真理子さん、森口博子さんのプロデュースも手掛けていたそうで、言われてみると、元気なイメージが重なる感じがします。

野澤恵さんは、このアルバムの前に1stミニアルバムを出しており、そちらはレアなことに加え、アニメ「緑山高校」のテーマソングも収録されているせいか、プレミアが付いています(私も未入手です)。
「緑山高校」は漫画雑誌で見て、その超ヘタウマな絵に「なんじゃこりゃ?」と思い、読みもしなかったのですが、周辺情報からすると最高に笑える野球漫画みたいですね。個人的に、野球ギャグ漫画(あんまりないと思うけど)の最高傑作は江口寿史先生の「すすめ!パイレーツ」だと思っているのですが・・・
この2ndアルバムの後は、野澤あや、aya 名義で主にアニメのテーマソングを歌っていたようですが、オリジナルアルバムは確認できていません。

本アルバムタイトルの「人生」が歌詞に出てくる曲が意外なことに(?)半数以上あり、ちゃんと聴くと深い内容なのかも知れません(まだ聴き始めて日が浅いもので・・・)。
歌詞カードでは「人生」の歌詞だけ色違いにしてあったり、裏表紙のクレジットには「裏方人生」と書いてフリ仮名で「すたっふ」と読ませていたり、タイトルに引っかけた遊びが見られます。ついでに、02でなんで「麹町」なのかというと、制作スタッフに日本テレビの関係者がいたためのようです。

野澤恵さんのいたハミングバードというレーベル、個人的にあまり馴染みがないし、現存しないようですが、以前取り上げた人では、米村裕美さんがデビュー時に所属していたところです。他に、中村あゆみさんがいたし、須藤薫さんも一時所属していました。なかなか個性的なアーティストがいたようですね。
個性的といえば、ハミングバードのイメージキャラの鳥の怪人もかなり個性的です(笑)。

Nozawahb

<その他の音源>

泣きながら食べるとおいしくない
http://www.youtube.com/watch?v=Dyz62JAyOW0&feature=related

JUST FRIENDS ~いつまでも~(NHKみんなのうた)
http://www.youtube.com/watch?v=XCMh6BChadQ

宇宙海賊ミトの大冒険
http://www.youtube.com/watch?v=BDuBeuFzI70

宇宙海賊ミトの大冒険 2人の女王様
http://www.youtube.com/watch?v=xXv5eeLngaA&feature=related


<音源以外の若干の情報>

http://www.pandaking.ne.jp/pt/es/e122.html

http://www.din.or.jp/~pchan/burn/aya.html

http://d.hatena.ne.jp/risako009/20110821/1313919229

|

« 旅人は見た!ビジョ高原の夜 | トップページ | 信州ツーリング・番外編 ~ 幻の珍景を求めて »

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

週末こちらのブログを拝見して、我が家の物置に「埋もれている」CD を改めて聴く (iPodにインポートして通勤途上聴く)というのが習慣になってきました。

野澤恵さんのCD、残念ながらご紹介されているアルバムは持っていなくて、我が家には『あやっ?』しかありません。iPod にインポートしたら、はっきり言って全然聴き込んでいなかったこともあって、ジャンルがPopじゃなくてRockだったので、ジャケットから受けるイメージとの違いに少し驚きました。

Rockとは言ってもPopな要素もあって聴きやすいですネ。私個人的には、シャウトするところがちょっと奥居香さんっぽいなぁ、という印象を受けました。

投稿: HK | 2013年6月 2日 (日) 15時11分

HKさん、このようなマイナー志向のブログをご贔屓にしていただきありがとうございます。

『あやっ?』をお持ちとはすごいですね!!きわめて入手困難なアルバムですから。
奥居香さんっぽさには気付きませんでした。あらためて聴いてみますね^^

投稿: GPz117 | 2013年6月 2日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/52637021

この記事へのトラックバック一覧です: GPz065. 野澤 恵 「人生」- 思わずニヤリの超元気ポップス:

« 旅人は見た!ビジョ高原の夜 | トップページ | 信州ツーリング・番外編 ~ 幻の珍景を求めて »