« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

GPz-R009. 美雪 ♪Predire d'amour(愛の言葉)

久々に以前紹介したボーカリストの曲をYouTubeにアップして振り返ります。
って本シリーズの前回に続いて美雪さんになります。
というのも、この土曜日に美雪さんのセカンドアルバム「翔ぶのがこわい」を中古店で見つけて大喜びだからなのです。
加えて、前回アップした「CHRISTMAS」にいただいたコメントで、他の曲も!というリクエストがあり、春が近くなったらこれアップしようかな、と思っていたのを前倒ししました。

今回入手した2ndは以前、1回だけ見かけたものの、その時は全然知らない人だったし、歌詞カードの程度もあまりよくなかったのでスルーして、以来全く見かけませんでした。
1年ちょい前に1st「フォトランダム」を入手し、それでいたく気に入り2ndもずっと探していましたが、美雪さんのCDには全く縁がなく、こりゃオークションしかないかな、と思い若干の出物をチェックしつつも、現物を見れないことや安直な入手方法であることなど今ひとつ踏み切れないまま、他の人に落札されてしまい・・・

土曜は修理から上がった単車・GPzを取りに行き、試運転がてらちょいと足を延ばしました。
道すがら、何軒かあったブックオフには、前回行ってからさほど経っていないので、寄ることもなかったのですが、家まであと10kmくらいのところのブックオフには立ち寄りました。
そこは、スーパーなどと複合になっている郊外型店舗で、スーパーの端に手軽なイートインコーナーがあるので、ここで休憩するのが主目的でした。
ブックオフの方は半年以内に行ってたはずで、全然期待してませんでした。

ところが、安いコーナーから見ていたら(高いコーナーまでくまなく見ていたらすごく時間がかかるので、安い方優先で見る。そもそも高いのはほとんど買わない^^;)、なんとありました!「翔ぶのがこわい」!
基本的には帯ありがいいのですが、歌詞カードの程度もまずまずで、ワンコインだったので即買いでした。

喜びのあまり(?)、高いコーナーにあった吉野千代乃さんの「スローダンス」、も合わせて買ってしまいました。
あと、米村裕美さんの比較的最近のアルバム(未開封!)、ビーイング系(=メジャー?)ということで敬遠していた関ゆみ子さんのアルバムも。
セールでもないのに、こんなにまとめ買いするのは最近では珍しいです。

P2200005

美雪さんの「翔ぶのがこわい」は1987年だし、吉野千代乃さんの「スローダンス」も1986年の作品なのですね。80年代のCDは1年遡るごとに半減するような感じなので、いずれもかなりレアものですね。
ちなみに私は1985年以前のCDは持っていないと思います。

土曜からヘビロテですが、いずれ劣らぬ名曲揃いです。ただ、ほぼ全曲失恋系の内容ですね。タイトルだけ見ても「さよなら」が付く曲が3曲も。

アップした「Predire d'amour」は1stの中では「CHRISTMAS」などと並ぶ数少ない明るめの曲です。
他のスローで寂しげな曲の方が、美雪さんの真骨頂とも言えるので、選曲に悩んだのも事実ですが、スローな曲はアンキャッチーさと表裏一体でもあり、なかなか難しいところです。
それに、この「Predire d'amour」、どこかで聴いたことがあったような気がして(CM?タイアップ?)、アップしたらその謎を誰かが解いてくれるかも、という期待もありまして・・・

美雪さんを探して当ブログへおいで下さる方が結構いらっしゃるようですが、音源も根気よく探せばきっと見つかります!
てか、美雪さん、昨年暮れにもNew Albumを出されてて、音楽スクールを主催されていて現役バリバリですし、再販してくれないでしょうかね~

Myu Blog
http://ameblo.jp/myu-bigbang/

アーティストキャンパス千駄ケ谷
http://www.artistcampus.jp/company-profile.html

美雪『翔ぶのがこわい』隠れ名盤編2(阿呆鳥@さんによる紹介記事)
http://plaza.rakuten.co.jp/Boyankey/diary/201004100001/#comment

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPz055.西邑理香「NO BRAND」

Nishimuraa_2

前回の天野歩美さんに続き、元アイドルの方をもう一人。

↑ダブルクリックすると大きな画面で見られます

【特徴】
 アイドル時代から定評があった歌唱力と、適度に落ち着いた甘い声は、なかなか癒されます。

【出会い】
 
日帰りツーリングの帰りに立ち寄った普段行かないブックオフで発見。
 初めて聴く名前だしアイドルっぽい雰囲気に(アイドル=イマイチとの図式から)迷いましたが、同じ物件に出逢える確率はかなり低いであろうことを考慮し、購入。
 この店には西邑さんのアルバムがもう一枚あり、こちらは入手を控えたが、いずれも同じものをその後見かけたことはない・・・。
 なお、購入時は当然のごとく、姫乃樹リカさんとは知りませんでした(姫乃樹リカさん自体も名前くらいしか知らなかった)。

【このアルバムについて】
 発売:1992年9月21日(廃盤)、入手:2009年11月8日
 CD入手困難度:★★★★★
 (中古店で見たのはおそらく購入時だけ)

01 ナチュラル
 作詞/来生えつこ、作曲/和泉常寛、編曲/萩田光男

02 INSPIRATION
 作詞/西邑理香、作曲/和泉常寛、編曲/新川 博

03 Cleaning My Room
 作詞・作曲/松宮恭子、編曲/新川 博

04 あなたを忘れないで
 作詞/西邑理香・TARAKO、作曲/TARAKO、編曲/新川 博
 本人のコメント付き動画がアップされていました。

05 X'mas Love For Me
 作詞/戸沢暢美、作曲/鈴木キサブロー、編曲/新川 博

06 どこかへ行こうとする気持ち
 作詞/戸沢暢美、作曲/穂口雄右、編曲/新川 博

07 愛するために
 作詞/来生えつこ、作曲/和泉常寛、編曲/萩田光男

08 恋にさらわれて
 作詞/来生えつこ、作曲/来生たかお、編曲/新川 博

09 うちへ帰る
 作詞/松宮恭子、作曲/山口美央子、編曲/新川 博

10 さよならの予感
 作詞/西邑理香・作曲/鈴木キサブロー、編曲/新川 博

 * * * * *

アイドルからの脱却を図ったのか、落ち着いた曲調が多いです。詞的にはことさら大人っぽい感じでもないのですが。
音源をアップした03はシングルB面でしたが、個人的には一番お気に入りです。07と並び最もアップテンポなのですが、アレンジも軽めであっさりした印象です。
来生えつこ・たかおコンビによる08、それに06あたりは歌謡曲の雰囲気、01、09などは穏やかなボサノヴァだったりで、そこそこバリエーションはありますが、他の曲もミディアム~スローで、ビートも控えめ。
生きのいいロックを歌わせても面白かったと思うのですが、演奏は抑えめで歌で勝負に出た、といったところでしょうか。
少々インパクトに欠けるといえなくもないですが、声はアイドルっぽさを残しつつもしっかりしており、暗い感じはありません。
耳障りな感じがなく適度にポップ、歌声もきれいなので、疲れた時とかに聴くと癒されます。

姫乃樹リカから改名した経緯はよくわかりませんが、落ち目になったからとかいうことではないようだし、やや大人の雰囲気にシフトしたものの明確に脱アイドルを目指したわけでもないようです。
本名の「にしむらりか」に戻したわけですが、表記は本名の「西村理香」ではなく「西邑理香」としていました。
検索していて、たまたま見つけたのですが「西村理香」という別人のロリータアイドルが同時期にいたようで、その辺の配慮もあったのかも知れません。

姫乃樹リカさんについては、動画も多数アップされていますし、数年前にベスト盤が出されるなど、根強い人気があるようです。
ただ、ベスト盤には西邑理香時代の音源は入っていないので、この後の「西邑理香 with Coming Soon!」時代も含め西邑理香時代の音源はかなり希少です。

- - - - - - -

情報いろいろ

川瀬泰雄さんのページ
http://www.thebeatlemania.com/rika.html

姫乃樹リカ・西邑理香・THE COMING SOON !  応援ページ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~suttaka/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »