« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

GPz054. 天野歩美「恋を抱きしめたい」

Amano

 前回からかなり開いてしまいましたが、三宅亜依さんに続きアイドル関係です。知る人ぞ知る元アイドルのこの方。

(動画をダブルクリックすると大きな画面で見られます)

【特徴】
 キャピキャピした声は、かなりアイドルしてます。瑞々しい雰囲気はアップテンポな曲によく合います。

【出会い】
 2010年に発掘した方として以前名前を挙げましたが、実際に聴いたのはもっと前です。
 たまたま図書館でこの「恋を抱きしめたい」を発見したのが2年ほど前。初めて聴く名前でしたが、私の探求している時代にぴったりだし、ルックスにも惹かれたので借りてみました。
 なかなかよかったのですが、店頭で見かけることはなく、1stを去年の秋に神保町のその筋では有名な店で、こちらの2ndは年明けにオークションで入手しました。
 
【このアルバムについて】
 発売:1993年2月25日(廃盤)、入手:2011年1月7日
 CD入手困難度:★★★★★
 (中古店では、1stアルバムを入手時に見かけたのみ)

天野歩美(あゆみ)さんご本人が6曲の作曲を手掛けています。

01 遠い空からI Love You
 作詞/青木久美子、作曲/天野歩美、編曲/岩崎元是

02 恋をするかもしれない
 作詞/雄鹿美子、作曲/天野歩美、編曲/岩崎元是

03 ずっと二人
 作詞/雄鹿美子、作曲/海老原真二・編曲/岩崎元是

04 お休み
 作詞/雄鹿美子、作曲・編曲/片山敦夫

05 あいたくて あいたくて
 作詞/雄鹿美子、作曲/前田克樹、編曲/岩崎元是

06 海に励まされた日
 作詞/青木久美子、作曲/天野歩美・編曲/岩崎元是

07 風の行方
 作詞/青木久美子・作曲/海老原真二、編曲/岩崎元是

08 夏が待ってた
 作詞/雄鹿美子、作曲/天野歩美・編曲/岩崎元是

09 女神のひとり言
 作詞/青木久美子、作曲/天野歩美、編曲/片山敦夫
 こちらも動画あり

10 Miss You
 作詞・作曲/天野歩美、編曲/岩崎元是

11 愛しちゃったのよ(Album Version)
 作詞/雄鹿美子、作曲/前田克樹、編曲/岩崎元是

 * * * * *

何といっても動画でお聴きいただいた最初のナンバーが強烈なインパクトがあります。リンクさせていただいている「ザ・スーパーポップ宣言!」でも紹介されていますが、天野さん本人による曲のよさを岩崎元是氏の音壁アレンジが見事に引き出しています。
冒頭のドラムスティックの音のせいで、イントロクイズをしたら、ほとんどの人が、大瀧詠一さんの「君は天然色」!とか答えるのでは(笑)。実際はあちらはピアノが先に入るんですが・・・
(余談ですが、↑リンクした「君は天然色」の動画、きれいなお姉さんがいっぱい出てきます)

01をはじめ、02、05、08といったポップなナンバーが弾けるような声にぴったりでご機嫌。反面、03、09あたりのバラードはちょっとインパクトに欠けます。
念のため、11は田代美代子&和田弘とマヒナスターズのカヴァーではありません(あちらは「愛して愛して愛しちゃったのよ」)。
歌唱としては、アイドルっぽさが抜けていないというか、特に上手いという感じではないのですが、詞が変に大人びていなくてセイシュンしてるところが、声の特徴をうまく生かしているとも言えます(1stの「贈り物があるの」あたりの方がオトナの雰囲気です。てか、このアルバムが出た時はすでに26歳だったのですが)。
アルバムとしても、ポップで明るい雰囲気に仕上がっていると思います。

そうそう、説明が遅くなりましたが、この天野歩美さんは1984年に「キララとウララ」のウララとしてデビューした元アイドルです(通はキラウラというらしいです)。
このユニットの活動期間は2年ほどで、一度聞いたら忘れられないユニット名だけは記憶の隅にありましたが、顔を見た覚えも声を聞いた覚えもありませんでした(J-Pop及びアイドルに興味がなかった時期ということもあり)。
けど、唯一のアルバム「ダブル・ファンタジー」は2007年に復刻されたというから、そこそこ売れたみたいですね。モー娘の派生ユニットもカヴァーを出してるみたいです。
キララとウララについては、いくつか動画があります。デビュー曲のセンチ・メタル・ボーイなんか、いろんな意味で時代を感じますね~。

「天野歩美」としては、元アイドルがシンガー・ソングライターとして再デビュー!ということで話題を集めた・・・、なんてこともなかったようで(キラウラとしての活動歴は前面に出していなかった模様)、リリース日だけを見ると活動期間は1年にとどまっています。
最後のシングルリリース後の1993年8月のライブの記事があるものの、間もなく音楽活動から身を引いてしまったようです。
ご本人作曲の曲もなかなかよかったので、作家としての道もあったのでしょうけど・・・もったいないですね。

(参考)
Yahoo Music「恋を抱きしめたい」
http://music.yahoo.co.jp/record/dtl/LAA008433/

- - - - - - -

キララとウララ関係の情報いろいろ

知泉的雑記
http://tisen.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_abd7.html

昭和歌謡よ永遠なれ!
http://ameblo.jp/ben1/archive1-201001.html

ダブル・ファンタジー(復刻版)
http://www.vividsound.co.jp/item_show.php?lid=4540399037455

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は何の日?その2

はい、今日はあの濱田金吾さんの誕生日です!
おめでとうございますhappy02
(と、一年前に同じタイトルの記事を書いた時は、そこまで思い至らず・・・)

で、せっかく1月17日なので、やっぱり117のことを。

と思ってはみたものの、最近影はというと秋のツーリングですか。
この時は、動画にかまけて静止画はほとんど撮っておりませんで。

201101172

動画は限定公開にしてますが、こちらを訪れてくれた方には見ていただきましょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=pjBSCj60Cuc

あとは、去年の春先に富士山へ行った時のものが少々。
Mtf5g

Mtfcherry
しかし、風邪ひいてたこともあり、3週間くらいほったらかしです。

今週末は動かしてやりたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GPz053. 三宅亜依「Virginity」

 2011年一発目は、多数の未紹介の積み残しを横目に、最近発見したこの方。
 過去に「アイドルっぽい人」を取り上げたことはありましたが、明確にアイドルだった方は初めてです。

【特徴】
 アイドルとは思えない見事な歌唱力。デビュー当時まだ19歳の元気なボーカルが心地いいです。

【出会い】
 名前に聴き覚えは全くありませんでしたが、半年ほど前、昔のFM番組のカセットテープをデジタル音源化した中に入っていました。
 と言っても残っていたのは、ラストの"I Love You~"の1フレーズのみで大部分は切れていました。1フレーズだけの印象としては、とりあえず下手ではないとういう程度しか判断できませんでした。
 曲紹介で"みやけあい「愛がすべてだった」"と言っていたので、動画にクレジットを入れるためネットで漢字の綴りなど軽く調べたところ、アイドル系の人だということとあまり売れなかったらしいことがわかりました。
 アイドル系ということで、あまり気にかけてはいませんでしたが、その後中古店で実物を初めて見かけ、迷ったもののレアそうなので購入、聴いてみたらアイドルらしからぬ歌唱に圧倒されました。

【このアルバムについて】
 発売:1994年6月1日(廃盤)、入手:2010年11月13日
 CD入手困難度:★★★★★
 (中古店で見かけたのは多分購入時のみ)

01 愛がすべてだった
 作詞/秋元 康、作曲・編曲/後藤次利、コーラス・アレンジ/高尾直樹
 ワイルドワンズのボーカル・鳥塚しげき氏がMCを務めるカフェシティヨコハマの貴重な映像あり!

02 傷つく勇気が欲しいよ(Remix)
 作詞・作曲/田村直美、編曲/須貝幸生、神長弘一

03 99%
 作詞/秋元康、作曲・編曲/後藤次利、コーラス・アレンジ/高尾直樹

04 秘密のバラたち
 作詞/秋元康、作曲・編曲/後藤次利

05 まぶしいあなたが好きだった
 作詞/森 浩美、作曲・編曲/PROJECT MOONLIGHT CAFE

06 ためいきの銃弾
 作詞/渡辺なつみ、作曲・編曲/原 一博

07 Do My Best
 作詞・作曲/田村直美、編曲/須貝幸生、神長弘一

08 まなざしの不一致
 作詞/田久保真見、作曲・編曲/PROJECT MOONLIGHT CAFE

09 虜にしてごらん
 作詞/秋元康、作曲・編曲/後藤次利、コーラス・アレンジ/高尾直樹
 こちらも動画あり

10 悲しいくらいI Love You
 作詞/田久保真見、作曲/後藤次利、編曲/門倉有希

 * * * * *

10でバラードを聴かせる以外、ポップなナンバーが揃っています。どれもキャッチーなメロディーで、すぐに耳に馴染む感じです。
ただ、逆に一本調子な感じも否めず、ラストのバラードもなかなかなだけに、アルバム全体としてもうちょっと曲調に幅を持たせてもよかったように思います。
02、07は同時期の「ゆずれない願い」に近い印象のいかにもな田村直美さんの曲です。

動画は、出会いのきっかけとなった01をアップするつもりでしたが、こちらは先を越されたので01と並んでお気に入りの06にしました。
けっこう大人びた歌詞が多いアルバム中では、無邪気な歌詞で、少し落ち着いた心地いいテンポの曲です。

三宅亜依さんは、黒BUTA天国という番組の黒BUTAオールスターズからソロデビューしたようです。
メンバーの中には、後にEvery Little Thingのボーカルでブレイクした持田香織さんや華原朋美さんもいました(横道ですが、こちらに貴重な?水着映像が!)。
このユニット、どことなくおニャン子やオールナイターズを連想させますが、両者に関わりの深い秋元康氏は詞こそ提供しているものの、主体的に関わっていたという情報は見当たりませんでした(本アルバムのプロデュースは土屋純一、エグゼクティブ・プロデューサーは佐藤ゆういち(漢字表記不明)となっています)。
それにしても、秋元氏作の04なんかはかなりきわどい歌詞です。

本格的ボーカリストとしても十分通用するのですが、アイドル的な売られ方をしたのが敗因だったのかなぁと思います。
一方、ジャケットは露光オーバー気味にして、ルックスをはっきりと見せておらず、この辺の中途半端さがよくわかりません。

その後も、オーディション番組「ASAYAN」で認められLike Uncolored Velvetというユニットで売り出したりしましたが(公式HPが現存、動画に歌もありました)、ひと足先に同番組から出たモーニング娘のブレイクに隠れて不発に終わったようです。
かなりの実力がありながら、もったいない限り。
けれど、現在も名前を変えて活動を続けているもようです(三宅亜依さんと同一という公式情報は見当たりませんでしたが)。
ただ、その同一人物といわれる方の歌を聴いたところ、顔は似ているものの歌にはピンときませんでした。
声を無理にかわいくしようとしているせいでしょうか、むしろデビュー時より下手な印象を受けました(あまり、ちゃんとは聴いていませんが)。
とはいえ、現在も歌い続けているとしたら喜ばしいことです。

三宅亜依時代は目立ったヒットもなく終わってしまいましたが、アイドル系ということで、探せば情報はけっこうあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性ボーカリスト50人のおさらい

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

知られざる女性ボーカルを紹介しようと思い、ブログを始めてから2年がたち、紹介してきたボーカリストも50人になったので、振り返ってみたいと思います。

マイナーな90年代前期以前の女性ボーカリストという自分なりに決めた枠の中で、50人(2回紹介している人が2人いるので)もコンスタントに紹介できるとは思っていませんでした。
始めた当初の持ちネタは30人くらいだったので、アルバムを変えながらローテーションしていくイメージだったのですが、この2年の間に70人以上の新発見があったおかげで、ネタには困りませんでした。
90年代になってからはそこそこJ-Popを聴いていた私も、当時から知っていた(名前と楽曲を認識していた)のは取り上げた50人のうちの15人くらいで(名前だけは知っていた、あるいは曲は聞いたことがあった方は何人かいますが)、半分は名前も知りませんでした。

GPz052. 飯田有記美
GPz051. KAYOKO
GPz050. 清水綾子
GPz049. 広田恵
GPz048. 大城光恵
GPz047. 慶田朱美
GPz046. 井上美樹
GPz045. 荒井尚子
GPz044. AKEMI
GPz043. CANDEE
GPz042. 宮部ひかり
GPz041. Mieko
GPz040. 花岡幸代
GPz039. 水沢瑶子
GPz038. 服部祐民子
GPz037. 米屋純
GPz036. 柴田由紀子
GPz035. 村瀬由衣
GPz034. 関谷真美
GPz033. 美雪
GPz032. (2度目)丸山みゆき
GPz031. ELLIS
GPz030. ERI
GPz029. 二名敦子
GPz028. 吉田朋代
GPz027. 相馬裕子
GPz026. 岡部東子
GPz025. 平井菜水
GPz024. 鈴木祥子
GPz023. sarah
GPz022. (2度目)中里あき子
GPz021. 下成佐登子
GPz020. 障子久美
GPz019. 須藤薫
GPz018. さいとうみわこ
GPz017. 成田路実
GPz016. 吉野千代乃
GPz015. sinon
GPz014. 石嶺聡子
GPz013. 木村恵子
GPz012. 川嶋みき
GPz011. 児島未散
GPz010. 上田知華+KARYOBIN
GPz009. 黒沢律子
GPz008. 近藤名奈
GPz007. 神崎まき
GPz006. 峠恵子
GPz005. 宇都美慶子
GPz004. 小川美由希
GPz003. 北畠美枝
GPz002. 中里あき子
GPz001. 丸山みゆき

さて、何人ご存じだったでしょうか。
大半を当時から知っていたという人はかなりなマニアでしょうね。

1年目30件、2年目22件とペースは落ちましたが、昨年の途中からは動画サイトに音源をアップするようにしたので、下手な文章だけより情報量は格段に充実したと思います。
今後は、再登場する方も増えてくると思いますし、少し新しめの方やここで取り上げるのも今さらな比較的メジャーな方についても、書いていきたいと思っています。

あとは、あまりオススメでない人をどう扱うかですが、ネットにもほとんど情報がないけどそこそこな人はできれば取り上げていきたいと思っています。

音源については、GPz042からはYouTubeへのアップをあわせて行っていますし、それ以前に紹介した方についてもYouTubeにない(あるいはごくわずかな)方は後追いでアップしてきたので、おそらく現在はすべてYouTubeで聴くことができると思います。

それにしても、すごい勢いで動画サイトへのアップをしている方がけっこういて、最近のマイナー音源の充実ぶりは目を見張るものがあります。
私も先を越されないように頑張っていきたいと思っています^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »