« GPz051. KAYOKO 「ワンダフル・ハート」 | トップページ | 今年発掘したボーカリストたち・2010 »

GPz052. 飯田有記美 「あなたに一番近い友だち」

Iida

 ちょっと迷ったのですが、前回のKAYOKOさんやその前の清水綾子さんに、どことなく似た印象のボーカリストということで取り上げます。

【特徴】
 清楚なお嬢様っぽいジャケットどおりの青春ソング集は危険な香りは皆無。「キャンパスライフのあなたに一番近いアーティスト」と帯にあるように身近でフツーっぽいところが特徴といえば特徴か。淡々としていてもう一つピリッとしない物足りなさも。

【出会い】

 下北沢にライブを聴きに行った時に中古店で未開封品を発見。知らない方でしたが新品にしては安価で、ジャケの印象も悪くなかったので購入しました。
 この後ライブ会場で出逢ったCuby-Boxさんにこれを見せた時、ショップの白いポリ袋に入った状態の透けたジャケットだけですぐにピンときてました
 (スゴイ!私なんぞその袋を取り出した瞬間なぜか「あれっ、なんでここにHなDVDが・・・買ったっけ?」とか思って焦ったものですが-"-)

【このアルバムについて】
 発売:1991年11月21日(廃盤)、入手:2009年8月20日
 CD入手困難度:★★★★★
 (店で見たのは購入したこの時のみ)

詞はすべて本人によるもので、2曲は作曲も手掛けています。

01 愛のフォトグラフ
 作曲/大谷芳和、編曲/松浦晃久

02 Fly Away
 作詞・作曲/宝川浩俊、編曲/松浦晃久

03 時のしうち
 作曲/飯田有記美、編曲/松浦晃久

04 青いラブシーン
 作曲/花岡優平・響野けい子、編曲/山本健司

05 Ah,片想い
 作曲/杉村雅祥、編曲/山本健司

06 デジャ・ヴー
 作曲/大谷芳和、編曲/山本健司

07 恋のシュート
 作曲/永井美由起、編曲/山本健司

08 愛愛傘
 作曲/大谷芳和、編曲/山本健司

09 あなたに一番近い友だち
 作曲/宝川浩俊、編曲/松浦晃久

10 サイセン先生
 作曲/飯田有記美、編曲/松浦晃久

最初聴いた時は非常に印象が薄く、可もなく不可もなくという感じでした。
ポップなナンバーもありますが、フォークというか歌謡曲的な曲が多く、サウンド的に目立ったものがあるわけでもないし、声がすごく魅力的だとか歌が特別上手いともいい難いです。
全体的に非常に穏やかな印象で、01、02、04、05、10あたりの相対的にアップテンポな曲も、線の細いボーカルのためもう一つ印象が弱い感じです。
06、09などスローな曲にもなかなかいいのがあるのですが・・・(06はなんとなく沢田聖子さんを彷彿とさせます)。
第二の○○といった路線をねらっていたのかも知れませんが、思いっきり女の子目線の詞は、男にはやはり馴染みにくいというか、ちょっと怖かったりします^^;

と、やや辛めの評価になってしまいましたが、目立ったポイントがないのも事実ですが、曲としてはどれもそこそこいいと思います。
この中では、作曲も本人が手掛けた10が渾身の一作なのでしょう。曲もアレンジもよく、キャッチーさでは随一といえます。
妙なタイトルですが、小学校時代の恩師「斉藤先生」(あだ名がサイセン)のことを歌っています。
ただ、その斉藤先生は曲ができる直前にお亡くなりになってしまったそうです。
この10をアップしなかったのは、途中に入るセリフがどうにもこそばゆいというか照れくさかったからです。
アルバムタイトル曲の09も、そこそこいい曲ですが、いかんせん曲調が暗かったりします。

ということで、個人的に特にオススメとは言い難かったため、紹介するのをためらったのですが、レビューらしいものも見当たらなかったので(唯一見つけた記事では酷評されていた)、取り上げてみました。
一つ言えることは・・・メジャーな支持を集めている人の中には、個人的にはどこがいいのか全く理解できない人もいるし、嗜好は人それぞれってことです。
飯田有記美さんについても、気に入る方はいると思いますよ。

|

« GPz051. KAYOKO 「ワンダフル・ハート」 | トップページ | 今年発掘したボーカリストたち・2010 »

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/50443510

この記事へのトラックバック一覧です: GPz052. 飯田有記美 「あなたに一番近い友だち」:

« GPz051. KAYOKO 「ワンダフル・ハート」 | トップページ | 今年発掘したボーカリストたち・2010 »