2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 角田山口バンド with 丸山みゆき ジャズライブ! | トップページ | GPz-R006. 井上美樹 ♪君の夏 »

2010年9月26日 (日)

2010 北陸ツーリング 3日目 ~ 日本自動車博物館

8月30日(月)鯖江市尾花キャンプ場

記憶にある限り北陸三県は未踏の地だったが、考えてみると昨日いつの間にか福井県に入っていた。

7時過ぎに準備もほぼ整ったがちょいとのんびり、キャンプ場最上部の禅定神社の参道となっている階段を降りてみる。

201008300728c
↑階段沿いにテントサイト。一番下に鳥居が

キャンプ場へ上がってきた道は、林道尾花3号線だそうで、朝早くから林業関係らしきトラックやバンが3台ほどキャンプ場横を上がっていった。ちなみにキャンプ場までは細いけど全舗装だった。

さて、今日のメインは今回のツーリングの目的地の一つである日本自動車博物館
昔から非常に気になっていたが、これのために北陸まで行くという発想はなく、今回が初の訪問となった。
能登半島に行くだけならもっと楽なルートもあったけど、このために塩尻から無理やりほぼ真西へ向かうルートをとってきた。

キャンプ場からは、県道18号から国道364へ入りひたすら北上するルート。寄り道はキャンプ場からほど近い、一乗滝くらい。

201008300849
↑佐々木小次郎がツバメ返しを開眼した滝だそうだ。

30kmほど北上すると、温泉に隣接したよさげなキャンプ場としてチェックしていたのに昨日は記憶からすっ飛んでいた「たけくらべ広場」の近くを通った。
ここまで来たら東尋坊なども行ってみたいが、少々寄り道になるので今回は断念。
風情のある温泉地をいくつかスルーし、国道8号線に近くなるとかなり市街地っぽくなってきた。信号で停まると太陽に照らされた側の足が焼けるように熱い。

近くに行けば案内板とかあるかと思ってたらほとんどなくて少々迷った末、自動車博物館に無事到着。

201008301043
↑メッサーシュミット(独)とラムネ色がかわいいフジキャビン(日本車)。その向こうはハインケルキャビン(独)、後のイセッタかな。

201008301049reo
REOスピードワゴンってほんとにあったのね

20100830_26
↑見たこともない車。エンジンむき出しでザリガニみたい

201008301050
↑こんな車も

201008301053
↑このシトロエンは先日行った長野の街中にもあってハンバーガーか何かの店になってた

201008301112
↑一階を見下ろす。ちび車たちがモデルカーのよう

201008301116
↑ローマの休日に出てきたのと同じフィアット

201008301117
↑なんでもない車を展示してるのがここならでは

201008301119gpz
↑おやっ、後ろに控える単車の一つに空冷GPzを発見!まったく同型ですがな

201008301147
↑これかっちょいい!てかファイヤーバードなんだ、見たことない

2010083011512
↑もちろんあります117。名車の誉れ高い初期型をあえて入れないのがここ流か。いすゞのコーナーは歴代車種ほとんど揃ってる感じ。

201008301159r360
↑これも激カワ、マツダR360クーペ

201008301202s600
↑見慣れない車。ホンダSベースのカスタムだそう

201008301207
↑日本初の角目4灯ギャランΛ。以後続々と登場した角目4灯のどれもこの端正なマスクを越えられなかったと思う。ちなみに輸出名は「サッポロ」(ってなんじゃそりゃ)

201008301208svx
↑80年代以降のネオレトロな車も多く展示。ジオット・キャスピタなんてショーカーも

201008301213
↑フライングフェザー。かつてはこんなユニークな日本車があった

201008301214
↑コニーの街。三輪トラックもしゃれてるけど、ピックアップトラックのグッピーは今見てもキュート!(日本車!)

201008301218
↑ホンダT360の雪上仕様がなにげにカッコイイ!

201008301219
↑ダイハツのコーナー。今に通じるリッターカーの先駆け・シャレードの右は現役時代からレアだった珍車中の珍車シャルマン

「いつかはクラウン」、「スカイライン50周年」、「夏木洋介が愛した車」などの特集コーナーもあった。モータリゼーション以降の日本車以外よくわからないけど、もっとうんと古い車や外車も多数。
駆け足で見たけど2時間ほどかかった。フ~。見応えがありすぎ!1日いてもいいくらい。写真も対象を選びつつも100枚以上撮ったけど、ここに載せたのは削りに削ったごく一部。
さすがに疲れたので館内のカフェで休憩。昼過ぎで腹も空いたので特製カレーをいただく。

201008301317
博物館を出たところにミゼットの草ヒロが!ここのぶどう園所有のものらしいが、狙ってるとしか思えん!

県道や農道を行くのが好きなのだが、目標とするキャンプ場へ早めにアクセスしたいので、高速道路のように飛ば・・・いや流せる国道8号のバイパスを行く。
こんなんで金払って北陸道使う人がいるのかと思う。

金沢市街をパスした先でバイパスを下り、県道299で海へ。
車が乗り入れられるという内灘砂丘

201008301507
さらさらの砂浜だけど単車が沈まない。けど照り返しでめっちゃ暑いので早々に引き上げ

海に近い県道(8号?)を走る。西は日本海、東側は広大な干潟で解放感は抜群!
海沿いにも若干キャンプ場があるが、マップルのコメントや事前の情報を参考に石川県森林公園三国山キャンプ場を目指す。

県道223から県道221号にかけてのどかな風景が広がる。この先も絶対いい!と確信し、動画用にカメラをセット。
それが先日アップした動画の後半で、県道221号と219号(右方向)が分岐するところからキャンプ場までを撮っている(段差で揺れが激しいとこや、野良仕事のおばちゃんなどは編集でカット)。

ここのキャンプ場はただでさえサイトのゆったりさがハンパでないけど、今日も貸し切りみたい。
しかし、テントサイト周辺では、小さいアブがわんわん寄ってきて鬱陶しいったらない。
刺さないのが救いだが、二泊することにしたので先が思いやられる。
ここはシャワーもあるけど、買い出しもしたいので温泉を目指す。
の前に、マップルに載ってたすぐ近くの「禁酒の碑」に寄る。

201008301734
かつて禁酒令が出たのだとか。てっきり、酒で失敗した男が禁酒を誓って建てたのかと思った。

201008301754324
↑たしか県道324で見た棚田。整然としてスケールも大きく、途中で見てきたゆうめいな棚田を凌ぐと思う。個人的に、棚田 of the year

この後、キャンプ場から数キロの温泉・ウェルピア倉見に入り、町の方で買い出ししてから、戻る時えらい道に迷って夜道を1時間近く走ったように思う。
初日から思ってたのだが、こっちの方って行き先表示があんまり親切じゃない(-""-)

 本日の走行距離:230km

 * * * * *

日本自動車博物館
http://mmj-car.com/

他にも関連情報多数(以下はごく一部)
http://www.geocities.jp/bakadekatin/tekkagaauto.htm

http://blog.speed-well.jp/?eid=294

http://ujita.co.jp/blog-ujita/2009/05/06/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%81%AE%E6%AC%A1%E3%81%AF%E3%80%80%E3%80%8E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%80%8F/

http://homepage2.nifty.com/AZ-1/20060813/20060813.html

« 角田山口バンド with 丸山みゆき ジャズライブ! | トップページ | GPz-R006. 井上美樹 ♪君の夏 »

ツーリング・オートバイ」カテゴリの記事

コメント

自動車博物館行かれましたか、先日の丸山みゆきさんの記事も濃かったですが、ツーリングの記事も濃いですよねぇ。
見たことも無い車はこれ。
http://www.geocities.jp/archives_greendragon/car_morgan_trikes_toyota.html

gopさん、コメントとご指南ありがとうございます!
モーガンでしたか。現地ではよく見なかったけど、後輪駆動なんですね。最後はチェーン駆動になってるけど、途中の伝達系はどうなってんだか。なんとも面白い車です。
そういえば、小鹿野のモーターサイクルミュージアムは閉館になっちゃうみたいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 北陸ツーリング 3日目 ~ 日本自動車博物館:

« 角田山口バンド with 丸山みゆき ジャズライブ! | トップページ | GPz-R006. 井上美樹 ♪君の夏 »