« GPz046. 井上美樹 「alphabets」 ~ CMのあの声! | トップページ | 2010 北陸ツーリング 2日目~飛騨の美女高原からだらだらと西へ »

2010 北陸ツーリング 1日目


先のロングツーリングについて、ぼちぼち書いていこうと思います。

8月28日(土)
渋滞を避けるため早々に出ようと思ってたけど、準備に時間がかかり8時に出発。
中央道は相模湖などで少々渋滞していた程度で大きな影響はなし。ホッ

実は以前取り付けたオイルクーラー、その後オイル漏れが判明、いろいろ調べたところどうやらホースから漏れているらしい。
交換したかったが今回は間に合わず。まぁ、にじみ程度なので大丈夫だろう、と踏んで今回は強行。
とはいえ、やはり心配なのでこまめにSAやPAで停まって漏れ具合やオイル残量や確認した。かなり暑かったので休憩と水分補給にちょうどよかったかも。
オイルは幸い一週間ほとんど減らずに持ってくれた。

さて、諏訪湖SAに11時頃到着。少し早いが食事がてらルート確認。
今回は事前の下調べをそこそこしており、通勤電車の中でツーリングマップルを見てルートも考えていたが、北陸は山脈に阻まれて意外にアプローチしにくく、是非行きたい場所を結びつつ、短距離で北陸に近づくルートは限られてくることがわかり、ルーティングにはかなり悩んだ。
初日は、通過点は近場であらためてじっくり訪れる機会もあるだろうから飛ばして、飛騨高山あたりでキャンプするべく、寄り道は最小限でと考えていた。

塩尻からR19を南西へ。道の駅・奈良井木曽の大橋で一休み。
2010082811
高速を降りてからあまりの快走路ぶりに、途中寄ろうと思っていた御寿山の滝を通過していたことに気付くが、今回は断念。
道の駅には名のとおり、大きな橋がかかっている。総檜造りだそうな。

お客さんがけっこういて少々興醒めだったが渡り、向こう岸の木陰で一休み。たいへんに暑い。これから一般道を100kmくらい走って無事キャンプ場にたどり着けるだろうか。
ちょっと歩くと奈良井宿(昔の宿場町)が当時の街並みを残しているそうだが、しんどいのでパス。

道の駅の先、薮原から県道26号に入り県道39号へと走りつなぐ。この辺りは標高も高く少し涼しい。
途中道の狭いところもあったが交通量は少なく走りやすかった。

2010082812
↑野麦峠の手前の杉林に囲まれた県道39号

2010082813
↑野麦峠のパーキング。ほんとはこの写真だと右奥に山がバーンと見えるらしいがこの日は晴れ間はあるものの全体的に雲が多くダメ。
土曜日だというのにあまりライダーは見かけず、ここもしばらくいたけど誰も通らなかった。
この先に野麦峠の館というのもあったが、あまり興味がわかなかったのでパス。

そのまま県道39を行くとR361にぶち当たり、ここを右折。
道がだだっ広く快走、ほどなくして出てきた道の駅・飛騨たかね工房へ。
広い駐車場に、車は数台。オートバイも他に3台のみ。
キャンプ場の情報などあるかと思ったが、特に目ぼしいネタはなく、トイレに寄ってすぐに出発。
15時過ぎなのでそろそろ宿を決めたいが、この時点で一泊目は美女高原にほぼ確定していた。

10kmも走らないうちに美女高原にほど近い、道の駅・ひだ朝日村に到着。
この間店らしい店が全然なかったので、ここで買い出しか・・・
しかし晩飯にできそうなものはレトルトカレーくらいしかない。
店員さんに美女高原へ行くまでに店はあるか尋ねると、すぐ近くにコープがあるとのこと。
助かった。とはいえ、何も買わないのは悪いので、非常食にもなるからと「よもぎカレー」を購入(ツーリングマップルに「よもぎうどんがおすすめ」と書いてあったので「よもぎ」つながりで)。
正面のGSで給油。対応してくれた店長さん(?)に近くの温泉について尋ねると、トライアンフのオートバイを洗車していた若い店員さんも加わって秘湯(!?)とかいろいろ教えてくれたが、いずれも10分以上走らなければ着かないようだ。

温泉と買い出しは後で考えるとして、A-COOPの場所を確認しつつ、まずはキャンプ場へ向かう。
しかし、「美女高原」の表示が出てこず、R391を少し北上して別名・美女街道(!)のトンネルまで行ってしまった。

2010082814
↑トンネルを戻り少し下った分岐から、道の駅の方を望む。
ここの分岐を写真奥側へ行けばキャンプ場かと思ったら違ってて、またトンネル方面へ上がってから小路に入り山側からアプローチしてようやくキャンプ場に到着。
受付を済ませて外へ出ると、スーパーカーブームの頃におなじみだったBMW CSLがあったので記念撮影(笑)
2010082815c

しかし、こちらの方は関東に近いせいか東北に比べるとキャンプ場も料金高めである。東北では1000円未満のキャンプ場には全く苦労しなかったが、こちらで1000円以下でそれなりのところを探すのは苦労する。個人的には手近で温泉(あるいはシャワーでも)に入れることが第一の条件なのだが。
ここ、美女高原のキャンプ場は1000円だった。マップルに「広い草原のフリーサイト」と書いてあり、確かにフカフカの草のサイトはいい感じである。
けど、思ったほど広くないし、木々が多いせいで解放感も今ひとつ。
キャンプ場のセンターハウス側には、大きなキャンプファイヤー用広場と調理場があり、調理場では地元の若者と思しき数人のグループがバーベキューの準備をしていた。
センターハウスの脇もバーベキューができるスペースがあり、ここは老若男女のグループが集っていた。障害者の方もおられるようで、その関係のイベントのようだ。
センターハウスの向こうは池があり、全体としてちょっとしたレジャースポットを形成している。こうしたやや俗物的な感じがちょっと肌に合わない。

他のキャンパーは、ひと足早く来たレプリカのオートバイ3人組と、大きなロッジ型テントやタープを張っていた親子連れのみで、設営場所の選択肢は広い。
かなり悩んで、駐車場に多数のスリップサインがあること(夜中に走りに来る輩がいるってこと)、キャンプファイヤーの準備をしていることを考慮し、影響が少なそうな奥の方に張ることにした。

2010082816site
↑設営完了!GPzの右側奥にキャンプファイヤーのやぐらが見える

米は炊くことにしたが、風呂については今日は面倒なのでキャンプ場のシャワーで済ますことに(シャワーは無料!)。
A-COOPで惣菜と朝食のパンを買い出し。帰りにR391旧道?を通ると大木があった。ちょっとした名物のようだったが名前失念。
2010082817

キャンプ場のすぐ上の美女峠が標高870mというから、ここもそこそこ標高高いはずだけど夜になっても暑い。
向こうの方ではキャンプファイヤーやってるし、バーベキューの若者たちも騒いでいる。
とはいえ、暑い中走り続けた疲れから、21時過ぎに横になるとほどなく眠りについた。

 本日の走行距離:324km

|

« GPz046. 井上美樹 「alphabets」 ~ CMのあの声! | トップページ | 2010 北陸ツーリング 2日目~飛騨の美女高原からだらだらと西へ »

ツーリング・オートバイ」カテゴリの記事

コメント

大橋まで行って奈良井宿はパスですか。橋渡ればすぐなのに。
私は結構お気に入りですここ、なかなかに良い喫茶店もあり。
http://987.blog.so-net.ne.jp/2009-04-01
今度寄ってみて下さいな。

投稿: gop | 2010年9月14日 (火) 08時50分

gopさん、コメントありがとうございます!

たしかに、gopさんの記事を拝見するといい感じですね。
もともとノーマークで、今回特に初日は時間的にゆとりがなく、暑さにも参っていたので、やめてしまいました。
けど、今回はしょったやや南の方面は、機会を改めて行こうと思っているので、その時こそ是非!

投稿: GPz117 | 2010年9月14日 (火) 23時48分

なんで混ぜてくれんかなぁ・・その頃なら暇こぃてたのに。
 あ!そだ車検切れたままだったウチのVF750。
 今週には車検整備済ませますので次回は混ぜて下さいな。
 GPZとVFのランデブー??おやぢツーリングしましょう。

投稿: うんつく | 2010年9月15日 (水) 22時36分

うんつくさん、コメントありがとうございます!
いやいや大変でしたよ。めっちゃ暑かったですから。って言っても、暑い中クルマや単車いじってる身にはどうってことないですかね^^;
では復活の折にはちょっとマイナーな旧車の競演といきますか(おやぢ・・・うぅ、否定できない)

投稿: GPz117 | 2010年9月16日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 北陸ツーリング 1日目:

« GPz046. 井上美樹 「alphabets」 ~ CMのあの声! | トップページ | 2010 北陸ツーリング 2日目~飛騨の美女高原からだらだらと西へ »