« miccoさんが金吾さんのライブに! | トップページ | 蓮舫恐るべし! »

GPz041. Mieko 「彼女の一番贅沢な日」

Miekok

 Cuby-Boxさんに誘われて6月4日にライブを聴きに行くMieko(青木美恵子)さんです。
 残念ながら早々にSOLD OUTとなっています。

【特徴】
 全曲の作詞作曲とコーラスアレンジ、バックコーラスまでこなしてしまうシンガーソングライター。
 さらに、声も艶があり歌も上手く、このジャケで見るとゴクミにも似ていたりと、何拍子も揃ってますね。
 女心を捉えそうな詞曲で、ボーカルの雰囲気は西脇唯さんにも近いし竹内まりやさんっぽい感じも。

【出会い】
 ちょうど一年前仕事の合間に立ち寄ったブックオフで、「あなたがいるから暖かい」を見つけました。初めて聞く名前ながら安価だったため思い切って購入。
 この乙女チックなジャケット!レジに持ってくのが恥ずかしかったです(笑)。ちょっと磯野貴理子にも見えますね。
Miekoa

 聴いてみるとけっこうよかったのですが、ジャケットどおり内容もラブラブ度200%という感じで正直少々引いてしまい、他の新規購入ラッシュに加え、紙ジャケのため別に保管してたりで、聴き忘れられていた一枚でした。
 が、Cuby-Boxさんからの誘いをきっかけに再度聴いてみると、やはりかなりハイレベルなのでライブに行くことに決定、新たにこのデビューアルバムも入手した次第。

【このアルバムについて】
発売:1990年6月25日(廃盤)、入手:2010年5月6日
 CD入手困難度:★★★☆☆
(当時のMiekoさんのアルバムは元の状態ならいずれも紙パッケージで目につきやすいです)

 前述の「あなたがいるから暖かい」の方が回数的には聴いているのですが冬の曲ばかりなので、こちらの1stを。
 詞曲はすべてご本人(青木美恵子名義)の作。

01 彼女の一番贅沢な日
 編曲/船山基紀
 「あなたがいるから暖かい」の世界に共通する、幸せ感いっぱいの雰囲気。何が「一番贅沢」かって、彼と一緒に海でのんびり過ごしてることなんだそうで・・・詞はやはり男には恥ずかしいかも(笑)

02 近遠くてい彼女
 編曲/船山基紀
 遠く(外国?)に行ってしまった女友達と自分を応援するような希望に満ちた曲。夏や海をイメージさせる爽やかなサウンド。

03 私の涙をあなたは知らない
 編曲/小原信哉
 テンポ良くたたみ掛けるようなサウンドはユーミンの「リフレインが叫んでる」を思わせます。てか別れを悔やむ内容だし「どうして・・・だろう」という歌詞にいたっては!確信犯のオマージュ?

04 もっと素敵な愛し方
 編曲/小原信哉
 恋人以前ながらかなりいい雰囲気で心地よいテンポといい、01にも通じる幸せソング。

05 Close your eyes
 編曲/船山基紀
 スローすぎない心地よさのバラード。これもラブラブです。

06 DISTANCE ~ 心の距離を越えて
 編曲/船山基紀
 どこかで聞いたような車のエンジン音でスタート。当時風ロックに乗せて、遠距離恋愛(100kmくらい?)の恋人に会いに夜の高速を急ぐ女性が描かれています。男がうらやましい(笑)

07 しばらく恋もお休みにする
 編曲/船山基紀
 女友達との旅を歌ったウキウキした感じの曲。サビのご本人によるコーラスもグー。

08 出逢ってそして・・・
 コーラスアレンジ/Mieko
 ごく短い曲ながら多重コーラスによるアカペラの透き通った余韻が深く印象に残ります。09の前奏のような感じも。

09 時の迷路
 編曲/小原信哉
 曲調は珍しくやや虚ろで思いつめた雰囲気。マリッジブルーみたいな感じでしょうか、意味深そうで・・・女心はわかりません(汗)

10 瞳がおしえている
 編曲/小原信哉
 アルバム中では最も落ち着いたラブバラード。とはいえ詞とボーカルには力強さが感じられます。愛の力・・・ですね。

 * * * * * * *

いずれもハイレベルな仕上がりなのですが、あえて言うとまとまりすぎてて、もう一つインパクトに欠ける感じも。
ものの本によると、CDデビュー前からアイドルなどへの楽曲提供をしていたそうです。
当時は業界関係者も含めかなり支持を集めており、ライブハウスを満杯にしていたとのこと。
今回のライブに関しても早々にSOLD OUTとなったことから、その片鱗が伺われます。
てか私のようなにわかファンが行くのはコアなファンの方に申し訳ない感じも・・・。
ライブレポートをお届けしたいところではありますが、当時からのファンのCuby-Boxさんからが相応しいでしょうね(?)
なお、今回のライブは、上記一部の編曲を手掛けている小原さん、それに吉岡誠司さんからなるユニット"No・re・So・re"の一周年イベントだそうです。

MiekoさんのオフィシャルHP
(お悩み相談のコーナーもあります)
http://www.omgnet.co.jp/mieko.htm

最新版の視聴はこちら!
http://www.amazon.co.jp/Love-Life-Time-Tide-MIEKO/dp/B0000BHHP8

こちらのリストも参考になるかも
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E8%83%B8%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%B3/lm/R3IXB1HDY5J05S/ref=cm_lmt_dtpa_f_1_rdssss0

|

« miccoさんが金吾さんのライブに! | トップページ | 蓮舫恐るべし! »

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

GPz117さん、Miekoさんの紹介ありがとう。
『彼女の一番贅沢な日』をゲットされたのですねcd。なかなか良いでしょう?
ちなみに僕はそのアルバム、ミュージックテープで持ってるけど残念ながら写真集は付いてないんだなぁcoldsweats01

今週金曜日、ライブ会場でお会いしましょーhappy01

投稿: Cuby-Box | 2010年5月31日 (月) 21時49分

Cuby-Boxさん、コメントありがとうございます!
そうそう、普通のCDケースとブックレットが紙のハードカバーに収まっている豪華な作りで、ブックレットにはイメージ写真も多いし、エッセイ風の短編ストーリーもあって・・・ファンなら必携でしょう。
では、ライブ楽しみにしてます!

投稿: GPz117 | 2010年5月31日 (月) 23時31分

はじめまして
いつも行く中古屋で100円で売ってましたが
SALEで50円に成ってました。
豪華なブックレットのやつで目だってます。
見た目は声優さんかなと感じでした。
曲目の感じではジャズでもないし
90年のCDですがまだ活躍してるのですね
今度行ったら買おうと思います。


投稿: たかしくうん | 2012年11月21日 (水) 13時44分

たかしくうんさん、コメントありがとうございます!

女性目線の歌詞については好みが分かれるかも知れませんが、女性ボーカルが好きならメロディーと歌に関して十分楽しめると思います。
それほど格安なら間違いなく買いです!

投稿: GPz117 | 2012年11月21日 (水) 23時34分

こちらの記事をお読みして初めて知ったシンガーのお一人です。BOOK・OFFに(廉価で)在庫があったので早速購入、聴いてみました。
私個人的には、ミディアム・テンポのナンバーには何となく、杏里さんの曲を聴いた時に受ける印象に近いものを感じました。とても心地よいです。

投稿: HK | 2013年7月 6日 (土) 17時26分

HKさん、コメントありがとうございます!
杏里さんの曲って有名どころしか知らず、夏っぽいイメージなので、あんまり考えたことがなかったのですが、ミディアムナンバーだと近い印象かも知れませんね。女性による女性のためのラブソングの王道といった感じですね。

投稿: GPz117 | 2013年7月 7日 (日) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/48485886

この記事へのトラックバック一覧です: GPz041. Mieko 「彼女の一番贅沢な日」:

« miccoさんが金吾さんのライブに! | トップページ | 蓮舫恐るべし! »