« GPz038. 服部祐民子 「自画像」 | トップページ | GPz040. 花岡幸代 「さよならの扉」 »

GPz039. 水沢瑶子 「私だけの翼」

39mizusawa2

 またまた間が空いてしまいましたが、連休ということで少し挽回したいところです。
 今年に入って穏やか系のボーカリストの紹介が続いており、この手の方々はともすると印象が薄くなってしまうわけですが、水沢瑶子さんに関してはその独特の雰囲気で異彩を放っています。
 動画があったのでますはお聴きください。

【特徴】
 本名:波多江美鈴さんなんですが・・・水沢瑶子より遥かに芸名っぽいですよね。非常に珍しいパターンといえますが、この芸名が路線を表していたようです。
 楽曲に関し、あまり先入観を持たれるのはどうかとも思いますが、昭和歌謡というか○歌の雰囲気がそこはかとなくあります。いえ、ちゃんとロックなりポップスなんですが・・・ほんと不思議な雰囲気です。ジャケットや歌詞もかなりその方向性を感じさせます。
 とはいえ抜群の歌唱力とハスキーながら高音まで歌いきる声も素晴らしく、一聴の価値ありだと思います。

39mizusawa2b
裏ジャケはなかなかロッカーっぽい

【出会い】
 以前から参考にさせていただいているLady's J-Popさんで見ていましたが、その微妙なコメントから進んで探すまでは至らず・・・。しかし、Cuby-Boxさんの話からよさげな印象を受け気に留めていたら、昨年長期ツーリングの途中で発見、安価だったこともあり購入したものです。
 
【このアルバムについて】
 発売:1993年6月30日(廃盤)、入手:2009年8月31日
 CD入手困難度:★★★★☆
 (「み」の欄は長らくノーチェックでして・・・でも購入時しか見てないような)

 プロデュースの長戸秀介氏はビーイング系ということもあってか、昭和歌謡を強く意識させつつも、なかなかキャッチーでハズレなしといえる楽曲が揃っています。
 新潟のブックオフ中条店(中条町が合併したため地名としては胎内市)で入手して6日間も単車の旅に同行してくれていた思い入れもあり(?)全曲コメントしてみました。

01 水曜日22時
 作詞/帆苅伸子、作曲/MILK(RITSUKO)、編曲/アキレス・ダミゴス
 不倫を歌っていることも手伝って、○歌の印象が強い曲。重厚なサビは十分ロックなんですけど・・・不思議。中里あき子さんにも楽曲を提供していたMILKのRITSUKOさんの作曲ですが、コーラスには参加していないようです。
 その宮島律子さんのブログを発見!しかもつい最近水沢さんの曲を記事に書いています(←Youtubeの楽曲も聞けます!)

02 時計台のある街で・・・
 作詞/帆苅伸子、作曲/水島康宏、編曲/アキレス・ダミゴス
 冒頭に貼り込んだ曲ですが、穏やかな出だしが、1960年代フォーク調。ドラムが加わるサビもなかなか哀愁を帯びています。
 しかしアキレス・ダミゴスって何者?!と思って検索したら、ハーフの音楽プロデューサーさんでした。

03 あなたしかいらない
 作詞/宇佐美典子、作曲/岡本 朗、編曲/鶴来正基
 「星に願いを」を彷彿とさせる穏やかでファンタジックな曲。伸びのある高音が冴えます。

04 PRIVATE PARTY
 作詞/帆苅伸子、作曲/工藤 崇、編曲/鶴来正基
 ピアノを主体としたあっさりしたアレンジの軽快な曲。ピロロロロ~というシンセや様々な楽器、男性コーラスもいい感じ。

05 螺旋の子守唄
 作詞/帆苅伸子、作曲/工藤 崇、編曲/庄 健治
 タイトルの印象どおり妖しげな雰囲気の曲。「LOVE IS FICTION」って英語のフレーズもあるものの、若干○歌テイストか?でもなかなかいい曲です。

06 ラ・ヴェラータ
 作詞/帆苅伸子、作曲/勝 誠二、編曲/庄 健治
 大滝詠一さん(もしくは太田裕美さん)の「さらばシベリア鉄道」にも通じるある種の疾走感。「あなたが死んで 私が死んで」「地の果て千里 追いかけて行く」なんていう歌詞にどうしても○歌っぽさを感じつつもかなりお気に入りです。
 歌い終わりの歌詞、「愛は夕暮れ」かと思ってたら「愛はリグレット(後悔)」でした(汗)。

07 決心
 作詞/穂 早菜、作曲/浜田金吾、編曲/アキレス・ダミゴス
 あの浜田金吾さんの作曲。ポップス路線ではなく、わりと淡々としたバラードですがサビの盛り上がりはさすが。これもやや昭和歌謡な歌詞ですが、タイトル通りの力強い歌唱と美しいストリングスが印象的。

08 私だけの翼
 作詞/宇佐美典子、作曲/勝 誠二、編曲/鶴来正基
 くっきりした力強いボーカルが冴えるアルバムタイトルに相応しい曲。

09 つのる熱い想い
 作詞/帆苅伸子、作曲/勝 誠二、編曲/庄 健治
 夏の海のイメージに加え、強いピートとカラッとした爽やかな歌唱が初期の川島みきさんにかなり近い雰囲気。

10 もどかしい
 作詞/帆苅伸子、作曲/勝 誠二、編曲/棚部陽一
 なんともいえないこのタイトル!んで、あらためて読んでみたら、すべて日本語の歌詞もかなりすごいことになってて、赤面してしまいます(笑)。曲として聴くとそんなでもないんですが・・・。でも、圧倒的な歌唱力で聴かせるミディアム・バラードです。

 * * * * *

 YoutubeではCDとライブの音源で数曲聴けるようです。
 http://www.uucast.com/%E6%B0%B4%E6%B2%A2%E7%91%B6%E5%AD%90
 現在も本名の波多江美鈴名義で精力的にライブ活動を行っています!
 ほかのアルバムも入手したいし、ライブも行ってみたいのですが、なかなか・・・(汗)。

波多江美鈴オフィシャルHP
http://www.misuzu-home.net/

|

« GPz038. 服部祐民子 「自画像」 | トップページ | GPz040. 花岡幸代 「さよならの扉」 »

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

水沢さんのアルバム「あなたがいるから」と「私だけの翼」を買いました。残念ながら帯なしで1枚280円。ジャケットの見た目、歌謡曲系の人かな?と思ったんですが、「私だけの翼」のケース裏側に松下誠、告井延隆、高水健司の名前を見つけて買うことにしました。

投稿: SaToshi | 2014年12月11日 (木) 22時32分

SaToshiさん、コメントありがとうございます!

不勉強で松下さん以外の参加アーティストさんはよく存じないのですが、なかなか強力なメンバーのようですね。
ジャケットはやっぱ歌謡曲っぽい印象ですよね^^
独特の存在感があります。

投稿: GPz117 | 2014年12月13日 (土) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/48240327

この記事へのトラックバック一覧です: GPz039. 水沢瑶子 「私だけの翼」:

« GPz038. 服部祐民子 「自画像」 | トップページ | GPz040. 花岡幸代 「さよならの扉」 »