« 秋の北関東ツーリング | トップページ | 117クーペ復活! »

GPz025. 平井菜水 「夢のシルエット」

Hirai_2 

 数日前に下書きしてたのですが、あまりにコメントが薄っぺらなので聴き直して補足を試みてました。
 けど、あんまり変わり映えしてません(汗)

【特徴】
 文句のつけようがないと言えるほど、素晴らしい声と確かな歌唱力。しかし、目だったヒットはなかったようです。
 楽曲的には、目新しさはないものの、普遍的で上質なサウンドといえますが、ジャケットのお嬢様的な雰囲気そのままに、穏やか過ぎてインパクトに欠ける印象は否めず、かなり損してる感じです。バブルの余韻が残る時代背景も災いしたのでしょうか・・・

【出会い】
 当時やっていた「知ってるつもり」という番組をよく見ていて、エンディングに使われていた曲とともに名前は覚えていました。女性ボーカルを漁り始めた頃ネット検索したら、プッシュしているコメントがいくつかあったので、あらためて探して聴いてみました。

【このアルバムについて】
 発売:1991年10月21日(廃盤)、入手:2006年5月18日
 CD入手困難度:★★★☆☆
 (多くはないが彼女のアルバムの中ではよく見かける)
 
 全曲、来生たかおさんの作曲。穏やかめのガールポップなのですが、あらためて聴き返すと歌謡曲の延長上にあることが感じ取れます。ある意味安心して聴いていられるサウンドといえるのではないでしょうか。どの曲もいいのですが、危険な香りが皆無なこともあり、どこか優等生的にまとまっている印象もあります。
 リンクした01以外にも多数視聴可能のようです。

01  めざめ
 作詩/西田佐知子、作曲/来生たかお、編曲/武部聡志
 ドラマティックな演奏と淀みない高音の歌い出しが印象的。透き通ったボーカルが気持ちいいです。

02 あたたかい雨
 作詩/来生えつこ、作曲/来生たかお、編曲/瀬尾一三
 穏やかな雰囲気が心地よいバラード。間奏のハーモニカの音色いい感じです。

03 まだ夢だけの
 作詩/来生えつこ、作曲/来生たかお、編曲/船山基紀
 ミディアムテンポで、意外に強い調子のドラムスがバランスよく効いています。

04 けんかの後で
 作詩/西田佐知子、作曲/来生たかお、編曲/鷺巣詩郎
 アップテンポであっけらかんとしていて、タイトルにある「けんか」のことはすっかり吹っ切れた感じです。

05 ゆれる午後
 作詩/西田佐知子、作曲/来生たかお、編曲/武部聡志
 ちょっぴりボサノバ調の穏やかな曲。

06 満ちてくる時のむこうに
 作詩/来生えつこ、作曲/来生たかお、編曲/船山基紀
 キャッチーなメロディーで演奏に厚みもあり、ガールポップ的楽曲といえます。他の曲にもいえるのですが、サビが短くあっさりしています。

07 春まだ浅く
 作詩/来生えつこ、作曲/来生たかお、編曲/鷺巣詩郎
 ピアノのみをバックにした始まりはやや陰にこもった感じ。次第に楽器が増えていきますが、わりと控えめで、澄んだ声の美しさを際立たせています。

08 海に語りかけて
 作詩/来生えつこ、作曲/来生たかお、編曲/瀬尾一三
 ドライブの情景が目に浮かぶようなアップテンポな曲。サビの「寄せる波音セレナーデ」の部分は西条秀樹の「走れ正直者」の「♪リンリンランラン ソーセージ」のくだりに似ていると感じるのは私だけ?(脱線ついでに、意味不明だった「ソーセージ」の意味を左記リンクのコメントで初めて知り衝撃を受けました!)

09 はかなさのしくみ
 作詩/来生えつこ、作曲/来生たかお、編曲/杉山卓夫
 サビへの入り方はなかなか意表を突いた感じで、インパクトがあるかも。

10 輝きたいから
 作詩/西田佐知子、作曲/来生たかお、編曲/船山基紀
 ストリングス、ピアノなどの競演がなかなかゴージャスな、このアルバムの集大成的な楽曲。01と同じく「知ってるつもり」のエンディング。

 * * * * *

いずれの曲も上質なコーラスが雰囲気を盛り上げています。
参加アーティストについては、こちらのサイトに詳しいです。

個人的には、歌の上手な児島未散というのがぴったりきます(最後期の児島さんもすごく上手くなってますが)。
ジプシーのクリーンヒットを残してvapを去った児島未散さんと入れ替わるように、同じvapからデビューしたのは、単なる偶然だと思いますが。
余談ですが、来生たかおさんの代表曲といえば「夢の途中」。児島未散さんへ提供した曲が「夢の手前で」。んで、このアルバムは「夢のシルエット」。って作詞してるわけじゃないから関係ないか。

インパクトに欠ける反面、耳障りな感じは全くなく、クリアなボーカルの癒し効果も高いので、リラックスしたい時に聴くにはオススメと思います。
ミニアルバムも含め4枚ほどリリースしているようですが、他のアルバムの入手には難航しています。

Hirair

|

« 秋の北関東ツーリング | トップページ | 117クーペ復活! »

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

イヤー
ハマりました
書かれていることにとても惹かれ
中古のCDを探して、聞いている毎日です。
これからも、続きをよろしくお願いします。
 (^0_0^)

投稿: tokyo146 | 2011年9月14日 (水) 09時21分

tokyo146さん、コメントありがとうございます!

こんな稚拙な文章を読んで、CDを探していただけるなんて・・・やってて本当によかったですT_T
参考までに、平井菜水さんについては、ゴールデンベストが出ているようです(私も最近知ったのですが)。
平井さんがお好みなら、58番目に紹介している田中友紀子さんもお気に召すかと。声質が似てて、曲はもうちょっとポップな感じです。
では、今後ともよろしくお願いいたします^^

投稿: GPz117 | 2011年9月14日 (水) 22時32分

「ニュー・ミュージック系」という印象だったのですが、アルバムを改めて再聴してみると「海に語りかけて」など、ポップなナンバーも唄われていたのですね。
記事の文中に出てくる「走れ正直者」、懐かしいタイトルです。西城秀樹さんが唄われていた曲でしたっけ? 確かにサビのメロディーが部分的に似てますネ。

投稿: HK | 2013年7月20日 (土) 09時59分

HKさん、コメントありがとうございます!

たしかにニューミュージックの雰囲気を感じる、ほっとするサウンドですね。
「走れ正直者」似ってご賛同いただけてうれしいです^^。どちらも楽しげですね

投稿: GPz117 | 2013年7月20日 (土) 23時33分

先月来生たかおさんの2013クリスマスコンサートに行きましたら、「めざめ」を歌ってくれたのですが、アレンジを平井菜水さんバージョンにしてみました、とのお話でした。
来生さんの通常バージョンは穏やかで落ち着いた感じですが平井さんバージョンはドラマティックな印象でした。
私は平井さんの歌声を知らなくて、そんなきっかけで最近初めて聴いてみたのですが、美しい声ですね~。歌唱力も素晴らしいし。
最近このような正統派実力派歌手の方は男性も女性もいない気がします。夏川りみさんとか歌唱力すごいなと思いますが、ちょっと演歌的な雰囲気もあり少し違うかな。

平井さんのアルバム聴いてみたいですが入手困難そうですね。

投稿: | 2014年1月12日 (日) 22時53分

コメントありがとうございます!

来生たかおさんのセルフカバー(?)バージョンもあるのですね。存じませんでした。

来生さんのファンであれば、ベスト盤でなく是非オリジナルアルバムをお聴ききいただきたいですね。手っ取り早いのはやはりオークション、それか中古屋を根気よく探すしかありません。

投稿: GPz117 | 2014年1月13日 (月) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/46884138

この記事へのトラックバック一覧です: GPz025. 平井菜水 「夢のシルエット」:

« 秋の北関東ツーリング | トップページ | 117クーペ復活! »