« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

続・吉田朋代さん@東京サンセットガールズLIVE!

20090317st

さて、先日17日に行ったライブについて、もう少し詳しく書きます。なお、写真掲載については快諾をいただいています。

吉田朋代さんのCDを入手し初めて聞いてから、一月もしないうちにライブに足を運ぶことになりました
(そういえば、以前紹介した峠恵子さんの時も、同様だったような)。

職場の人も誘ってみたものの、乗ってくる人はおらず一人で行きました。
元々ライブというものには全くと言っていいほど行かないし、ましてや一人で行くなど考えられないことでしたが、少なからぬ衝撃を受けた吉田さんの歌を生で聴いてみたかったし、近かったこともあり、迷わず出向いたのでした。

予備知識ほとんどなかったのですが、期せずして、東京サンセットガールズの初ライブだったのでした。
普段、東京サンセットボーイズの時はバックコーラスをしているという二人が、「ガールズ」では前面に出ています。

2009031713tomoyos_2 

吉田さんは、2ndアルバムの写真そのままの印象でした。
全身立ち姿では、1stアルバムの印象が強かったのですが、あのジャケ写とはだいぶ違い(?)大変ほっそりした感じでした。
もちろん、歌も素晴らしかったです。

バンドメンバー。
2009031707alls

左から、沢村 繁さん(Key)、吉田健太さん(G)、廣石恵一さん(Dr)、藤名美穂さん(Vo)、吉田朋代さん(Vo)、小山田健一さん(B)

3曲目くらいで使われた楽器(?)

2009031705s
名前失念しましたが、ヘチマのような植物を乾燥させたもので、天地逆にするとタネがシャラシャラきれいな音を立てます。
う~ん、以前何かの曲で聞いたことがあるような・・・

藤名さんもまた、素晴らしい声をしており、澄んだ高音に魅了されました。
ボサノヴァを得意としており、トロンボーンも吹いてしまいます。

2009031712mihos
ボッサは選んで聴くことはないのですが、癒し系ガールポップにはボッサ調の曲が結構あるので、すんなりなじめます。

ちょっと懐かしめのポップスに、藤名さんがメインボーカルのボサノヴァを織り交ぜる構成でした。
ボサノヴァは疎いので、知っている曲はなかったのですが、他は私の年代にはツボな選曲で、おなじみの曲も多く楽しめました。

1stステージでは、山下達郎の「甘く危険な香り」、ネスカフェCMでおなじみのダイアナ・ロスの「Do You Know~」、ミニー・リパートンの曲(Lovin' Youとは違う曲)、ビル・ウィザースの「Just Two of Us」など

2ndステージでは、ABBAのフリーダの曲、EPOの「Down Town」(MCでもEPOさんに影響を受けた、と語っていました)、これまたネスカフェがらみ、ロバータ・フラックの「やさしく歌って」、など。

圧巻は、アンコール。

たしか、キャロル・キングの「You've Got a Friend」でしたが、今思うと、アレ、あんなに盛り上がる曲じゃないよな、とちょっと記憶に自信が(汗)

東京サンセットボーイズでキーボードを演奏している方(大久保さん?)が飛び入り参加して、沢村さんと二人で息の合ったキーボードプレイを披露されました。

2009031711keys

これが、すんごかったです!一台のキーボードを二人で弾きまくり・・・
江口寿史の「Go Ahead!」という単発マンガを思い出してしまいました
(片手を負傷した男と反対の手を負傷した女が一本のギターを演奏する話。ってちょっと違うか)。

やっぱり生演奏は迫力があっていいですね。
素晴らしいライブをありがとうございました!

来週引っ越してしまうため、30分もかからずに帰って来れた今回とは少々事情が変わるのですが、同じ西荻で4月にも予定されているというので、また行きたいと思います(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

吉田朋代さん@東京サンセットガールズLIVE!

一月ほど前に、kaz-shinさんがブログで紹介していて絶賛されていたため、CDを入手して聴いてみた吉田朋代さん、
大変気に入りまして、ライブがあると聞いて、行って来ました。
とてもよかったです!

詳しくは後ほどご報告しようと思いますが、いつになるかわからないので、とりあえず一報。

200903172s
バンドメンバー。
左から、沢村 繁さん(Key)、吉田健太さん(G)、廣石恵一さん(Dr)、藤名美穂さん(Vo)、吉田朋代さん(Vo)、小山田健一さん(B)
(ちゃんと写ってませんけど)

終わってから、厚かましくもサインをいただいてしまいました♪

20090317signs_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

35周年!

1171

更新が滞って久しいのでとりあえずツナギで一本。

愛車・いすゞ117クーペが、2月末で初度登録から35年を迎えました!

乗り心地や性能や快適性は、現代の車と較べるべくもないのでしょうが、ジウジアーロデザインのこのスタイルは何物にも代え難いです。
初期のいわゆる「ハンドメイド」にこだわる人もいますが、私はこの「量産丸目」が好きです。

117r

約20年になりますが、他のに買い換えようとか思ったことはナシ。
まぁ、はっきり言って普段は特に必要ないんですよね。クルマ。

走行距離は8万kmを過ぎたところ。
単車の方がよく走ってるので、追い抜かれそうな勢いです。

トランクスルーもできるので、意外に実用性も高いです。先日も自転車を積みました(今の車ならトランクにあっさり入ってしまうかも知れませんが)。

090222treviglio2

さて先日、足回りから異音がするので点検・修理してもらった直後。

車屋からの帰り、カー用品店で買い物をし、帰ろうとすると・・・
エンジンがかかりません。

苦闘すること10分余り、やっと・・・キーが回り、一発始動!

機関の問題ではなく、キーシリンダーが回せなくなったのでした。
以前からコピーのキーでは回りにくいことはありましたが、ここまで、できなかったのは初めてで、超アセりました。

さて、どうしたものか。

とりあえず、キーは最後まで戻さず、差したままにしておきました。

キーシリンダーの後ろの配線から直接スイッチを繋ぐのもレーシングカーみたいでいいかも、とか考えましたが、ハンドルロックがかかってしまうので、やはりキーレスというわけにはいきません。

シリンダーごと外して鍵屋に持っていってオーバーホール?
とも考えましたが、ネジの頭がつぶしてあって簡単には外せません。

さしあたり、潤滑剤を塗布することに。
あるはずのCRCが見つからなかったので、ホームセンターへ。
悩んだ末、油は臭うので、安売りしていたシリコンスプレーを購入、塗布しましたが、状況は改善しません。

職場の物知りおじさんに聞いたところ、「シリコンスプレーじゃダメだよ。スプリングとか鉄の部品が錆びてるから、CRC吹いて何度もキー出し入れして拭いて、サビを取るの!」と言われ、その通りにすると・・・

赤いサビは出てきませんでしたが黒い汚れはだいぶありました。
5分ほどで効果は現れ、100回に一回くらいだったのが、10回に一回くらい回せるように。
そして、数日後、2回に一回くらいまで改善し、安心して乗れるようになりました。

そうそう、外観も一見きれいですが、サビがけっこう来てます。
下のあそことか、上のあの辺とか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »