« 走り初め | トップページ | 単車復活! »

GPz005 宇都美慶子 「L'Alc-en-Ciel」

Utsumil

【特徴】
 落ち着いた大人の雰囲気のポップス。大人といってもドロドロした感じはなし。際立った個性がないとも言えますが、爽やかな歌声と安定した歌唱で、どの曲も高いレベルに仕上がっています。
 クセのないボーカルによる女性目線の恋愛ソングは、女性にも支持されると思います。現在も活動中です。

【出会い】
 当時、宇都美さんのラジオを何度か聴いた覚えがあります。
 が、楽曲に関しては特に強く記憶に残ってはいませんでした。。
 3年ほど前にこのアルバム(ともう一枚)を購入した際も、数回聴いてそれほど強い印象を感じないまま棚に収まってしまいました。
 大容量のMP3プレーヤーを購入したことから、再び聴く機会が訪れ、今度は非常に気に入り毎日のように聴いています。

【このアルバムについて】
 発売:1991年1月25日(絶版)、購入:2006年5月21日
 CD入手困難度:★★★☆☆
 (彼女のアルバムとしては最もよく見かける)

 詞は全曲、宇都美さん自身が書いています。メロディーの方もなかなか強力なメンバーです。
 以前聞いたときはかなり穏やかな印象でしたが、あらためて聴いてみると、なかなかポップな曲もあります。
 私の場合、女性ボーカルのよしあしに関しては、声とメロディーを重視しており、詞は二の次なのですが、宇都美さんに関しては詞の世界もなかなか深くて味わいがあります。

01 空に虹が浮かんでも
 作詞/宇都美慶子、作曲/内藤慎也、編曲/新川 博 
 彼女の3rdシングルで、弾んだ感じの曲です。
 調べたところ、ドラマ「刑事貴族」の主題歌だったそうです。ただ、こう言っちゃ何ですが、あまり刑事ドラマっぽくないです(笑)

02 ランチ・タイム物語
 作詞/宇都美慶子、作曲/岸 正之、編曲/新川 博 
 物語と書いて「ストーリー」と読ませています。失恋した友達の相談に乗っているのですが、曲調は軽快です。高音の伸びがきれいです。

03 抱きしめて~シュールな恋~
 作詞/宇都美慶子、作曲/折原 彩、編曲/鈴木 茂 
 4thシングル。ちょっと虚ろな導入部に対し、サビの比較的キャッチーな印象に脱皮する感じが何とも言えずイイです。
 片想いが続いているという詞で、悲しい恋の歌といえます。

04 春の花束
 作詞/宇都美慶子、作曲/山川恵津子、編曲/鈴木 茂 
 春っぽい爽やかな曲。例外的に恋の歌ではなく、働くOLの日常を描いた応援歌といえますが、明るい未来を感じさせます。タイトルでは花束と書いて「ブーケ」ですが、曲中では「はなたば」と歌っています。

05 オーロラの見える時~One Side Love~
 作詞/宇都美慶子、作曲/岸 正之、編曲/鈴木 茂 
 ミディアムスローですが、男性コーラスなどが加わるサビのスケール感はなかなかで、お気に入りの一つです。

06 去年の恋人
 作詞/宇都美慶子、作曲/割田康彦、編曲/新川 博 
 夏の風と日差しを感じさせるアップテンポな曲調にハッピーエンドとはならなかったであろう元彼との夏の思い出が歌われています。
 全体的に、北畠美枝さんの「8月の青い空の下」に似ています(といってもわかりませんね)。

07 寒い夜
 作詞/宇都美慶子、作曲/岸 正之、編曲/新川 博 
 穏やかな曲調からは幸せな雰囲気すら感じますが、内容的には別れの歌のようです。
 山下達郎のクリスマスイブの雰囲気にも通じる名曲です。

08 Illusionの都会
 作詞/宇都美慶子、作曲/羽場仁志、編曲/新川 博 
 都会とかいて「まち」と読みます。タイトルからして、いかにもアーバンポップスって感じのメロウバラード(あくまで私の理解で)。サックスがいい雰囲気を出しています。

09 Preference
 作詞/宇都美慶子、作曲/芳野藤丸、編曲/鈴木 茂 
 これもアーバンポップな雰囲気。サビの部分が他とは違うツンツンしたボーカルスタイルで、三角関係に破れたという詞の内容に合っています。

10 風が通り過ぎた午後
 作詞/宇都美慶子、作曲/鈴木キサブロー、編曲/鈴木 茂
 「小鳥たちの微笑み」「広がる青空」「輝く草原の風」といった詞の一つ一つが、幸せの予感に満たされながら深呼吸しているような情景を感じさせます。
 メロディーも、穏やかでありながらスケール感があり、とてもいい曲です。

【補足】

わりと薄味なためか、個人的には、聴きこまないとよさがわからないタイプでしたが、聴き込んだ今はハズレ曲なしとさえ思えます。
他のアルバムも揃えたいですし、生で聴ける機会があれば是非足を運びたいと思っています。
また、現在FMラジオの1コーナーを持っているようですが、私のところではローカル局が混信して聞けず、職場で録音することなどを画策中です。

|

« 走り初め | トップページ | 単車復活! »

音楽・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

リアル・タイムでは恥ずかしながら全く存じ上げなかったのですが、私がチョコチョコお邪魔している、とあるブログで紹介されていて「美人さんだなぁ」と思って早速中古店でアルバムを購入しました。(残念ながら購入したアルバムは、ご紹介のアルバムではなくて『La Sympathie』なのですが......)

透き通るような高音が特に素敵ですよネ!!

投稿: HK | 2013年6月15日 (土) 14時25分

HKさん、コメントありがとうございます!
ここで紹介している中では、ずっと活動を続けている数少ない方です。
ブログはしばらく更新されていないようですが、NACK5のラジオ番組「笑顔でスタート」はずっと続けておられて、私もタイマー録音して聴いています。もうすぐ新しいアルバムが出るみたいです。

投稿: GPz117 | 2013年6月16日 (日) 00時31分

こんにちわ

91年当時つくった「テープ」!!!を聴き返し、
「寒い夜」があまりにいい曲なので、
ふとググってみてここにたどり着きました。

この「寒い夜」シングルにしてたら、
この人の運命変わったんじゃないかって、
今更思いました。

またお邪魔します。

投稿: | 2017年3月23日 (木) 00時38分

ハンドルつけました。

上記のカセット続けて聴いていたら、
B面にfemaleの「ベイ・ブリッジも泣いている」
も入ってました(笑)

投稿: 井上昌己ファン | 2017年3月23日 (木) 01時44分

井上昌己ファンさん、コメントありがとうございます!

宇都美慶子さん、歌上手いし、けっこういい曲多いんですが、ヒットには恵まれませんでしたね。
最近もタイアップでお聞きする機会もたまにあるのですが。

ところで、数年前に府中のデパートで、井上昌己さんのライブをお聴きしたことがありました。もしかしたらすれ違っているかもしれませんね^^
井上昌己さんは個人的にはメジャーすぎて、さしあたり当ブログではご紹介しないかなぁと思います。

投稿: GPz117 | 2017年3月26日 (日) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530995/44087777

この記事へのトラックバック一覧です: GPz005 宇都美慶子 「L'Alc-en-Ciel」:

« 走り初め | トップページ | 単車復活! »