2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2023年5月21日 (日)

花岡幸代さんの野外ライブ!

Hana

↑ブログに載せることは了解をいただきましたが、写真については確認しそびれていたので、開催前の舞台周辺の写真のみです。
ダイジェストの動画がご本人のチャンネルにありますので、是非お聴きのほど!

 花岡幸代さんについては、過去2回アルバムを紹介していますが、去る5月5日、水戸にある常盤神社で開催されたライブに行ってきました。

 司会の方の紹介によると、花岡さんの大ファンという常磐神社の職員の方から今回打診があったのだとか。
 今回は、ギターの花岡さんに加え、キーボード・岩瀬聡志さん、パーカッション・町田孝さんの編成で、ギター一本の弾き語りが多い花岡さんとしては珍しい編成だったようです。
 1曲目は、花岡さんの歌としては一番知られているであろうクッキングパパのエンディングの歌。クッキングパパは漫画雑誌で一時読んではいたものの、アニメはほとんど見た記憶がなく、ずっと後に花岡さんのことを知ってからも、ご本人作の曲でもなくアルバムにも入っていなかったため、ほぼ初耳でした。
 次に、初期の作品曲から2曲「夢のしっぽ」、「空」を歌われました。曲と歌声に感動してこの時点でうるっときてしまいました。
 MCで、この地水戸にかつて住んでいたことなど話されており、一時私と行動範囲が重なっていたことを知り、なんだか嬉しくなりました。
 続いて復帰後のアルバムでカバーしていた「The Water is Wide」、一転してアップテンポな「ママチャリに乗って」で楽しい気分になった後、「人」でまたじーんときました。最後に極めつけの「Side by side」。これも素晴らしくただただ感動でした。

 終了後、最新のアルバム2作を購入。お疲れのところご本人にもご挨拶させていただきました。
 以前(7年も前でしたが・・・)伺ったライブでは熱烈なファンの方々が大勢来られてましたが、今回はいかにも「追っかけ」的な方は目立たなかったものの、席はかなり埋まっていたようです。
 コロナもあって久しくライブに行っていませんでしたが、やっぱりいいですね。また、花岡さんのライブにも足を運びたいと思いました。

2023年3月25日 (土)

117ピンポイント写真館(17)~本日のBGM♪ハーフムーンの勇気/清水綾子

このところのシティポップのリバイバルは驚くべきものがあります。
そのブームで取り上げられる方々も嫌いではありませんが、マイナー好きとしては一般にはまず取り上げられない方を推したいところです。
ということでBGMはこちら

 

以前、本シリーズの6回目でボンネットフードが前ヒンジということについて取り上げましたが、今回違う角度からボンネットフードの特徴について。

202311717f
半年ほど前に、117クーペのボンネットって意外に珍しい特徴があることに気付きまして、以来街中の車を注意して見てきましたが、この特徴を持つ車ってほぼ皆無でした。
わかるでしょうか?

202311717u

それは、プレスラインがないという点です(最近の大事発見かと思ったら、上記の以前の記事を読み返したら自分でしっかりこのことコメントに書いてました- -;)。
ボンネットにプレスラインがないものは、軽やワンボックスのようなボンネット狭めの車に多少ありますが、セダンやクーペなどではまずありません。
ラインを入れるのは、強度を高めるためとデザイン上のアクセント、というのが主な理由でしょう。デザインとして捉えた場合、キャラクターラインとも呼ばれますね。

1990年前後にのっぺりしたデザインが流行りましたが、その時期でもざっと探して、カリーナED、コルサの3代目(リトラがあった代)、レパードJフェリーくらいしか見つけられませんでした。のっぺりした印象の強いR32スカイラインやカローラセレスもプレスラインがありました。
旧車でそれらしいものを探したところ、コスモスポーツ、ホンダS600、初代シルビア、クジラクラウン、コンパーノがありました。これらは、ボンネットフードの幅が狭かったり、フェンダー上面やグリルの造形に特徴があるため、あえてボンネット上にラインを付けなかったのだと思います。

202311717c
軽やワゴンは面倒なのであまり調べていませんが、スバル360やマツダR360クーペがボンネットラインなしといえます。これらは、ボンネット(実際はトランク)が曲面的にプレスされていますが、いわゆるキャラクターラインはありません。全体が丸っこいスタイルなので、余計なラインは付けなかったのでしょう。

クーペのそれは、先端が下がっている以外はほぼ平坦に見えますが、よく見ると前寄りの方は微妙に中央が盛り上がっている形状です。ボンネットとフェンダー上面は面一になっており、その左右に水平な面はリアまで緩やかに波打ちながら続いています。

202311717r
そうした視点で見ていくと、側面も類を見ないくらいに平面で、曲線ばかりかと思いきや実は意外に平面があることに気付きます。前方から見るとボンネットも側面も絞り込んであるので、三次元的な曲面が目立っていて、全体的に丸っこい印象になるのでしょう。
理屈っぽくなってしまいましたが、長年見てきたクーペのデザインにはまだまだ発見があるということですね。

202311717b
裏側はこんな感じ。強度確保のための補強が普通にあります。最近の高級車?では初めから防音材が貼ってあるみたいですね

2022年3月19日 (土)

117ピンポイント写真館(16)~本日のBGM♪ 離れてても変わらずに/丸山みゆき

Tower
ある団地の給水塔をバックにシーン自動認識モードで撮ったら、こちらの意図を察したかのようなレトロ調の写真が撮れました。
最近のカメラはよくできていますね^^

本題の前に、卒業シーズンということで、20年以上ぶりに新作を出したこの方の卒業ソングを



117のパーツに着目したこのシリーズ、ぼちぼちネタ切れかと思っていましたが、特徴的なボディパーツがまだありました。
それも誰も注目しないようなパーツです。

こちらの写真でわかるでしょうか。
Dscf2393 Dscf2396

ボディサイドのドアの下を前後に走るモール。この位置にモールが付いている車は当時は少なくないですが、見た限りではみな数mmの出っ張りなのですが、117のそれは例を見ないほど出ています。測ったところステンレスの幅が18~19mmほどありました。

なぜ、このようなものが付いているのか…。
最初のプロトタイプにはついていませんでした(下記リンク、8枚目の銀色の個体の写真)。
https://www.webcg.net/articles/-/39574

このプロトではボディの継ぎ目が見えないですが、生産に際してはやはり継ぎ目を隠すのが大変で、それを隠すためだったと思われます。
また、室内高の確保のためボディを下へ伸ばした際に、重たい印象になったため、最下部を黒く塗るとともにこのモールを付けてスマートさを演出したのかもしれません(プロトの2型ではここにストライプが貼られています:上記リンク10枚目・白のショーモデル)。
ちなみに、同時期にジウジアーロさんがデザインしたフィアットディーノクーペ(同9枚目:赤のクルマ)やマツダルーチェにもモールが付いていますが、117ほど出っ張ってはいません。

構造的には、フロアパンとサイドのボディパネルの両端をつまんで挟むようにモールが付いている感じです。しかし、斜め下を向いてついているここに水が溜まるので、てきめんにサビの原因になります。それを嫌ってこのヒレを外して、プロトタイプのようにすっきりさせてしまった人もいました。
Dscf2395

さらに、ドアを開けたところにも、ステンレスのモールが付いています。ドアを閉めた状態だと室内側1cm幅くらいしか見えないパーツですが、なかなか手が込んでいます。キズ防止になるし、雨どい的な役割があると思われますが、隙間に水が入るとむしろサビの温床になるので、外してネジ穴をテープで塞いでいます(写真右、かなり剥がれてますが)。
Doorinside Doorinsideout

ところで、私の117ですが、右サイドだけモールの下に黒いカッティングシートを貼っています。もう20年くらい前に貼ったのですが、その後左側にも貼るつもりが、カッティングシートが見当たらなくなってしまい頓挫したという経緯があります。跳ね石による傷対策にもなり、純正でもここに付ける黒いゴムを貼ったものがありました。

下方をブラックアウトしてる方がスリムな印象になっている気がします。

Rside Lside


2021年6月 5日 (土)

丸山みゆきさんの新作!

私が初めて買った女性ボーカルのアーティスト、丸山みゆきさんについてはこれまでも度々紹介してきましたが、先日検索していて偶然、昨年CDをリリースしていたことを知りました。

新しいホームページも開設されており、精力的に活動しているようです。

10年ほど前に開設されていたブログの方が休止状態になっていたのですっかり油断しており、一年以上気が付かなかったのが不覚でした。
もちろん早速入手して毎日のように聴いています。

心地よさはそのままに深みを増した声と大人の雰囲気の楽曲で、ヒーリングミュージック的な印象も受けました。20数年前のガールポップサウンドとはまた違った魅力が楽しめます。
今後のさらなるご活躍に期待です^^

20210605miyuki-2

2021年4月17日 (土)

117ピンポイント写真館(15)~本日のBGM♪ Wonderful Heart/KAYOKO

117の日から3ヶ月遅れ。しかも少々ネタ切れ気味ですが、とりあえず続けます。
(写真がうまく貼れず、サムネが大きかったり小さかったり・・)

まずは春っぽいこちらの曲をどうぞ

20210417-1
今回はこのマーク。〇の中に2つの楕円は後にトヨタにマネされることに・・・(?)

これは1970年前後のいすゞ車に付いていたマークです。私の117クーペのトランク後端に付いています。
量産の117でトランクに付くエンブレムは、比較的なじみが深い台形が向かい合ったマーク(下写真。ここでは「対向台形」と呼びます)が多いのですが、私の1974年式のは上のやつです。友人からは「ブタ鼻」と呼ばれていました。初期のハンドメイドでは、社名ロゴと組み合わさったデザインでごく小さなブタ鼻でした。→https://www.carzy.net/ja/cars/rWfPyBzrA4dj5w3ZPrLp

20210417-4
↑こちらが1970年代後半からのいすゞマーク

それ以前は平仮名の「いすゞ」マークが付いた車もあり、117のプロトタイプでフロントにこれをあしらったものもありました。とあるいすゞの本には、平仮名のいすゞが最初の社章で、1974年から(対向台形のやつに)変わったとあり、「ブタ鼻」についての記述はありませんでした。ブタ鼻は形からして「平仮名いすゞ」を簡略化・図案化したものと思われます。なお、件の書籍によると、対向台形はGMとのパートナーシップを表す意図もあるとか(「い」の字を表しているようにも見えますが)で、ジェミニが世に出たタイミングとも一致しています。
なお、別の社名マークとして、だいぶ前に、消防車に付いていた「Isuzu」ロゴを載せたことがありました。↓
http://gpz-days.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-953a.html


そういえば、対向台形に似た三菱のマークがあったなぁ、と思って調べてみたら三菱MMCのいわば対抗三角のマークは1980年代のごく一時期に使われていました。いすゞのマークと似すぎていたからか、はたまたスリーダイヤに慣れた顧客に不評だったせいなのか、すぐやめてしまったようです。
(「似ている」と感じるのは私だけではないようで↓
https://ameblo.jp/ksmr9tks3/entry-12500009971.html
https://minkara.carview.co.jp/userid/1488523/blog/38328766/)

我が車の「いすゞマーク」を探してみましたが、意外と少ないです。

20210417-2
「ブタ鼻」は最初の写真のトランクリッドとシートベルトの2か所だけ。
「平仮名」は4つありました。
20210417-15
右ドア後端の空気圧のシール
20210417-18 20210417-17
ドア内張りの注意書き
20210417-16
右リアサイドガラスのステッカー
20210417-20 20210417-21
車載の輪留め

平仮名はいずれも他車種と共通と思われます。「平仮名」マークはエンジンにも付いていたような記憶がありましたが、勘違いか?見当たりませんでした。


と、この記事を書きかけで放置していた先日、親の家でこんなものを見つけました。
20210411090142 20210411090228
親やその親族でいすゞ車に乗っていたという話は聞いたことがありませんが、なぜかノベルティの栓抜きが。もしかしたらはるか昔に祖父とかがヒルマンあたりに乗っていたのかも知れませんが、もはやそれを知るすべはなさそうです。

2021年1月17日 (日)

Car of the street corner (8)~打倒コロナ!

117の日にちなんでクーペネタといきたいところですが、準備していないのでつなぎで。

先日、とあるところで見つけた風景

Cstc1_20210130150401

古いクルマが何台も・・・

 

Cstc3elf_20210130150401
初代・いすゞエルフ レア過ぎ

 

Cstc4_20210130150401
ルノーの奥にある2代目トヨエースは昔よく見たのを覚えています。
調べたら1971年までの12年間も売られていたのですね。どおりで


Cstc5_20210130150401
左は初代セドリックのライトが横並びになった後期型。

というと、先のクルマ達にくらべ珍しくない感じもしますが

 

Cstc7_20210130150401
バンタイプなんです。セダン譲りのテールランプがイカしてます!


Cstc6_20210130150401
カプセル怪獣・ミクラスみたいなボンネットバス?アメ車かな?

 

他にもカバーがかかってるけど明らかに古いクルマが何台も・・・
解体屋でも放置でもなく不思議に思いましたが、どうやら撮影用に貸し出すクルマの保管場所みたいです。

 

で、最初の写真に戻って
シルバーのクルマは910ブルーバードです。

Cstc2_20210130150401


宿命のライバル・トヨタコロナに勝っていた数少ないブルの一つです。
当時はのっぺりライトが好きになれませんでしたが、コロナを打ち負かした勢いにはあやかりたいものです。

2020年11月22日 (日)

ラジオからマイナーソング!

すっかり休止モードの当ブログですが、久々に音楽ネタを。BGMはこちら



先日、在宅中にコミュニティFMを聴いていたらマイナーな女性アーティストの歌が聞こえてきてちょっと興奮してしまいました。

その番組は、昼間の一部の時間だけ、1970~80年代中心の邦楽をノンストップで流しているJ-Popリフレインという番組でした。
オンエアリストが出ているのですが、他の日時も見てみると、誰でも知ってるヒット曲に混じって、キー局ではまず流れない超マイナーな方々がけっこういて驚きます。
本ブログで取り上げた方では、美雪、木村恵子、田中友紀子、長谷川真奈、藤本恭子、近藤名奈、村瀬由衣、清水綾子、Mieko、Kayoko、Replica・・・。

このプログラム自体は半年ほど前からたまに聴いていて、他にもややメジャー(あくまで上記の方々に比べて)な方で、須藤薫、石嶺聡子、上田知華、下成佐登子、平井菜水、佐藤聖子、和田加奈子、当山ひとみ、障子久美といった方の曲は、以前からかかっていましたが、先に挙げたようなマイナーな方の曲が出てきたのはごく最近です。
共通しているのは、すべてクリスマスソングだということ。中にはレーベルのアーティストを集めたクリスマス企画のアルバムにしか入っていない知らない曲もありました(速攻オークションで入手しました)。

なんにせよ、このような埋もれたアーティストを取り上げてくれた番組制作のミュージックバードには喝采を送りたいです(数年愛聴している土曜午後の「あの頃青春グラフィティ」もミュージックバードの制作です^^)
今はネットで全国のローカルFMが聴取できますが、関東圏を中心に確認した中では調布FMの平日10~12時と16時台に前述のJ-Popリフレインが聴けます。
他のコミュニティFMでも、時間によって洋・邦の懐メロを流しているので、テレワークなどおうち時間のBGMにお試しになってはいかがでしょうか。

2020年4月28日 (火)

Car of the street corner (7)~こんにゃく車

新型コロナで何かと不便な日々を過ごしております(どうしてもトヨペット~を連想してしまいます…)。

こんな時だから少し楽しいネタを、ということで、街中で見かけた珍しい車を取り上げていたシリーズを久々に。
今回は珍しい車ではありませんが、ちょっとひねった写真です^^


まずはこちら。

K1ts3v0153


信号待ちで何気なく撮ったところ、走行する車がそこそこうまく歪んだものです。
「ローリングシャッター現象」とか「こんにゃく現象」とか言われるものです。携帯などのカメラでは、画像センサーが映像をスキャンするのに両端で時間的な差ができるため、このようになるようです。
7年前のこの時、このような効果を狙って撮ったのかどうかはおぼえていませんが、たまたま面白い写真が撮れたことから、その後信号待ちの時などに狙って「こんにゃく写真」を撮ってきました。
こういった写真を集めたページが意外にないので、一部をあげてみます。

Kfprius

↑プリウス

Kfmkpap_0042
↑マークII。車高の低い車はちょっとわかりにくいです。

Kfpap_0023
↑エルグランドも逆スラントに。

Kfmcpap_0014 Krmc
↑二輪車は車輪の歪み以外はちょっとわかりにくかな

Kbyc
↑けど自転車は意外といい感じ。なんかマンガみたいです。

Krbycpap_0011
カメラを逆さにすると、のけぞった感じになります。
めちゃ漕いでるはずですが、ゆったり流してるように見えます

 

Krpolicepap_0055
↑パトカー

Kfbus
↑バス

Ktrainpap_0033
↑電車

 

前のめりの時は車体後方が伸びた感じに、のけぞりの時は車体前方が伸びた感じになるので・・・

Krpap_0035
↑アクアもスポーツカーのようなドライビングポジションに。

Kflapin
↑アルトラパン。やはりわかりやすいのは背の高いボクシーな車ですね。


特にワンボックスタイプ。


ノーマルがこれ↓
Kn

のけぞり型↓
Krkw

前のめり型↓
Kfrkw Kfkw

もっと前のめり型↓
Kfpost

ここに挙げたのはすべて現在使用している携帯で撮ったものです(8年以上使ってます^^;)。
車のスピードが乗っているほど、また撮影距離が短いほど(車が画面いっぱいに近いほど)、歪みが大きくなるわけですが、その意味ではシャッターが切れるのにタイムラグがある携帯は実際のところタイミングが難しいです。
ここの写真はトリミングしていませんが、最後の郵便車などはフレームへの収まりと歪み具合からすると、個人的には最高傑作の一枚とも言えます。

いいデジカメだとスローシャッターで切ってもブレるだけで、このような歪んだ画像にならないので、ひと昔前のコンデジくらいがちょうどいいように思います。他にもあったはずなので、またそのうちに。

2020年3月 8日 (日)

117ピンポイント写真館(14)~本日のBGM♪ Odyssey/広谷順子

1月17日にアップを目標にしていたのが、去年に続き間に合わず、大幅遅れです。
さらには、なんと1年ぶりのブログ更新になってしまいました。

最初に、比較的最近知った中ではイチ押しだった広谷順子さん(以前紹介した記事はこちら)が、1月に天に召されました。
あらためて調べると楽曲提供など本当にいろいろ活躍されていて、まだお若かったし、本当に残念です。
広谷さんの鳥肌モノの歌唱をぜひお聴きいただきたいと思います。

さて、117クーペですが、いい背景を選んで外装からピックアップする余裕もなかったので、車内から一ネタ。
私の117で、今となってはかなり希少と思われる装備があります。

Dscf1888

コンソールの中央に鎮座しているのは、当時まだ高級装備だったであろうカーステレオです。
今なら、オーディオとしては最低でもCD+FM/AMチューナーが標準なんでしょうが、CDなぞ影も形もない時代ですから、当然カセットテープです。

カセットと言っても、これは何と8トラなのです。
Dscf1891

この車の生産年である1974年と同時期に家にあったラジカセやステレオは、普通のコンパクトカセットでした。
8トラカセットなんて、その後もカラオケ機でしか見たことがなくて、80年代後半にはそれももう絶滅に近かったように思います
(って、てっきり8トラの進化版がコンパクトカセットだと思ってましたが、今回調べて知ったのですが、8トラはもともとコンパクトカセットとは別にカーステ用に開発されたようですね)。
そして、チューナーはAMのみ。当時東京地域でもFMは、NHKと東京FMしかなかったので、あまり需要はなかったのでしょうね。

そんなわけで、間もなく購入から30年経つこのクーペの純正ステレオを使ったことはありません。
けど、純正のが付いている個体は、購入当時でもすでに珍しかったように思うので、前オーナーに敬意を表して、残しているのです。
いじったこともほとんどなかったですが、あらためて作動させてみると、カセットは試せなかったもののチューナーはちゃんと作動するので、動画を上げます。

左のボタンを押すとサーチを開始します。放送を受信すると止まるはずですが、アンテナが外れているので局を探して行ったり来たりを繰り返します。このアナログな動き、なかなか懐かしい感じです。なお、今回ボタンを再度押しても止まらず、止めるにはキーをOFFにするしかありませんでした。


純正ステレオは残しつつ、購入後すぐにクーラー下に別のカーステを付けて、当初は車に合わせてオールディーズ限定!のカセットテープを聴いていたものです。
そのカセットステレオは15年くらいもってくれましたが、カセットデッキがイカれたので、ついにカセットを卒業しCDとメモリーオーディオが使えるタイプに替えて10年余。カセットは完全に過去のものになったかと思いきや、最近また盛り返しているのは不思議です。
117cs2

2019年2月17日 (日)

117ピンポイント写真館(13)~本日のBGM♪Parade/Romi

すっかりサボっており、117の日から一月遅れになってしまいましたが、しぶとくこのシリーズを。その前に景気付けに一曲
今まで主に外装ボディパーツについて、クラシカルな視点からスポットを当てて来ましたが、(ネタ切れのため)車内側に目を転じてみましょう。
20190217side_1
この中でクラシカルなパーツといえば・・・
20190217side_2
ステッキ型のサイドブレーキ。
117の最もスポーティさに欠ける部分の一つです。
最近は、フット式はおろかATのシフトのPポジションに連動して自動でパーキングブレーキがかかるタイプも出てきたので、乗用車としてはほぼ完全に全時代のものになってしまいました。
発表当時こそ、トヨタ2000GTのように、ステッキ型の例は同カテゴリーでも多少あるようですが、先に出ているベレットがサイドブレーキだったことを考えると、すでに時代遅れの感がありました。
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
念のため操作方法を解説
20190217side_3
レバーを気持ち引きつつ左へ回すと
20190217side_4
ロックが外れてバネでレバーが戻りブレーキが解除されます。
所有した当初は、まだ若くまわりにも走りを優先した車が多かったため、このステッキ型が非常に残念だった覚えがありますが、そのうちに「古(フル)装備」の典型として気に入っていったように思います。
やや腕を伸ばし気味のポジションを取ることもあり、坂道発進時などはシートバックから背を離す形になるので、少々やりにくいしやはりスポーティではありません。
今となっては慣れてどうということはありませんが^^;

«2005~2008年入手の音源